MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
龍王(中華料理/板橋)|庶民派プライスの逸品が勢揃い!お酒も安くて言うことなし!

龍王(中華料理/板橋)|庶民派プライスの逸品が勢揃い!お酒も安くて言うことなし!

個性的な名店が集まる食の迷宮・板橋。中国北部出身の楊さん家族が営む『龍王』も、豪快なチャーハンをはじめ、庶民派プライスの逸品が目白押しである。

龍王(最寄駅:板橋駅)

板橋中華の決定版今日は本気で食べて飲むゾ

溶岩のように真っ赤なキムチを大胆に盛り付けた「キムチチャーハン」は、量も美味しさもインパクト絶大。新作の「ナスバター炒飯」も、意外な相性にハマる人続出中だ。相方の「鉄板焼餃子」は皮の両端を空けて包む、本場伝統のスタイル。カリッと焼かれた薄皮からあふれる、まろやかな餡が舌に優しい。好吃!
 ラーメン一杯380円もうれしすぎ。ビールやサワーもメッチャ安くて言うことなしです。

鉄板焼餃子、キムチ炒飯
(10個) 480円、650円

餃子の餡のトロみは、おせち料理の定番「クワイ」とよく練った豚挽き肉によるもの。まずは何もつけずにどうぞ

スタミナ炒め
650円

酒に合う一品も充実。豚バラ、長ネギ、ニラをこってりピり辛味に炒め、生卵でマイルドに。17時~23時はレモンサワーとウーロンハイが税込み180円。安い!

ナスバター炒飯
700円

「うちはナスの揚げ物(350円)がよく売れるなあ。よし、チャーハンにも入れてみよう」と考案。香ばしいバターが味の決め手。チャーシューやハムもたっぷり

お店からの一言

店主 楊 利波さん

「ラーメン+炒飯などのセットもたくさんあるよ!」

龍王の店舗情報

[住所]東京都板橋区板橋1-49-3 [TEL]03-6780-0329  [営業時間]11時~15時、17時~24時半LO ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全26席/喫煙可/夜のみ予約可/カード不可/サ、お通し代なし [交通アクセス]JR埼京線板橋駅西口から徒歩2分


電話番号 03-6780-0329

撮影/瀧澤晃一 取材/林 匠子

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
山東省出身の現店主の祖父が店を開いたのが、1949年のこと。夜のメニューは、フカヒレやアワビなどの高級食材を使った一品から点心類まで幅広い。
東急世田谷線・三軒茶屋駅の程近く、ここだけ昭和にタイムスリップしたかのように佇む。1973年の創業ながら、入口の食品サンプルまで手入れが行き届き、店主夫妻の実直な人柄が伺える。
やって来ました横浜中華街。数多の選択肢がひしめく中で、悩んだらいつも入ってしまうのがこの店。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
1925年に創業した老舗レストラン。当代の祖父にあたる2代目が考案して以来の看板メニューがこの「ヤキメシ」だ。
次から次へと運ばれる小さなつまみに、酒飲みならば誰しもぐっとくるはず。気取りのない下町の居酒屋だけれど、洗練された料理の味わいと盛り付けの美しさは割烹かそれ以上。
予約必須の食パンが有名な超超人気店。けれど魅力はそれだけではない! 
文政6年(1823)年から続く酒蔵『木内酒造』が経営。クリアで味わい深い「常陸野ネストビール」と清酒「菊盛」、石臼自家製粉の常陸秋そば。
大正3年に日本橋浜町で創業。スーラーメンなど名物料理は多いが、今回はザ・王道と呼びたくなるラーメンに注目したい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt