MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺グルメ情報_まだまだ残暑! 吉祥寺で冷たい“うどん&そば”を食べるなら、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(110)

吉祥寺グルメ情報_まだまだ残暑! 吉祥寺で冷たい“うどん&そば”を食べるなら、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(110)

白飯至上主義なので、うどん屋、そば屋と縁が薄いおっさん女子である……。 しかし、夏は米がしんどい季節でもあるので、麺類も食べるおっさん女子だよ。 ということで、吉祥寺で冷たい“うどん”と“そば”を食べるなら、ココだよ、というお店をご紹介だ!

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺グルメ情報_まだまだ残暑! 吉祥寺で冷たい“うどん&そば”を食べるなら、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(110) の画像をチェック! navigate_next

まだまだ残暑! 吉祥寺で冷たい“うどん&そば”を食べるなら、の件


白飯至上主義なので、うどん屋、そば屋と縁が薄いおっさん女子である……。

しかもそば屋に入ったにもかかわらず、米の魔力に負けてカツ丼を頼んだりもするし……(連載81回参照)。

しかし夏は米がしんどい季節でもあるので、麺類も食べるおっさん女子だよ。


ということで、吉祥寺で冷たい“うどん”と“そば”を食べるなら、ココだよ、というお店をご紹介だ!

イラスト/小豆だるま


吉祥寺駅からだと徒歩15分以上かかるけど、うどんなら『S石』!


まずうどん屋。

吉祥寺って意外にうどん屋が少ない気がするんだけど……。

そこでおすすめなのが、成蹊大学正門前の『S石』です。

吉祥寺駅からだと15分以上かかるかなぁ。

小さな店だけど、自家製手打ちで、コシがあって美味しいです。

ちなみに接客もすごくいい! 

うどん屋さんだから、みんなサッと食べてサッと帰る系なんだけど、うどんを出してくれるときに、「ごゆっくりどうぞ」って言ってくれるのであった。

いや、ごゆっくりしないけど、でも気持ちはウレシイです、みたいな感じになるんですけどね(笑)。

あと混みあってきて、おひとり様がカウンター席を詰めるケースがあるけど、そのときも、ちゃんと「お食事中すみません」とかね、声かけにお人柄が出てるよ。

ちなみに、そういうのがスタッフさんにも浸透しているので、とても気持ちいのいい店です。

私はうどん屋では、鶏天系がデフォルト(72回参照)。

ここでも鶏天ぶっかけ(880円)をチョイス。

ぶっかけは、温冷どちらもあるんだけど、夏は冷たいのがいいよね。

周囲を見回すと、わりとみんな思い思いの好きなメニューを食べている感じだけど、天ぷらをオプションで頼んでいる人が多い。

ちなみに鶏天ぶっかけは、鶏天が3つも乗っていて、揚げ方もジューシー&サクサクで超美味しいです。

この鶏天で、白いご飯を食べたい……(苦笑)。

ほかの天ぷらも押して知るべし! 

美味しいことは、間違いない! 

『S石』では天ぷらを視野に入れることがおすすめです。

ちなみに麺が売り切れると、閉店だ! 

気を付けろ! 

味、接客には何の文句もないほど、好きな店だが、文句があるとしたら、いつも混んでます……(涙)。

そば屋は、駅近で隠れ家的存在が地元民に人気の『H』


そして、そば屋。

そば屋は駅近で、隠れ家存在と地元民にファンが多い『H』。

吉祥寺駅北口を出てすぐの地下でーす。

ここは5色そばが人気ですが、私はそばを5枚も食べられないので、3色そばが定番です。

3色の内訳は、1枚目せいろそば、2枚目変わりそば、3枚目田舎そばです。

変わりそばは日によっていろいろあって、チョイス可能。

私は定番っぽい「白雪」が好きです。

シャキシャキ&あっさり系の白いそばです。

変わりそばは、茶そば、胡麻、とか、いろいろあります。

季節によって、桜そばとか、ゆず切りとか、もあるよ。

ちなみに5色そばを頼むと、せいろ+田舎そば+変わりそばが3種類っていう感じの構成だね。

あとねー、6月くらいから甘酒出してるのよ! 

ノンアルコールの甘酒なんだけど、甘酒は夏バテにいいよ。

飲む点滴って言われているので、夏バテ気味の人は、オーダーして!










天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連するキーワード
関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
香ばしくローストした国産鶏のガラやモミジでとった塩スープのラーメン&つけ麺が看板。餃子類は2人前をテイクアウトすると1人前がサービスになる。
焼きとんを楽しむうえで、安く手軽なチェーン店もまた選択肢のひとつ。ここでは関東で人気の焼きとんチェーン3つを徹底比較。調査の結果、それぞれの色が見えてきました。
サラリーマンで賑わう新橋の駅ビル地下街にあって、店の風貌もいかにもザ・居酒屋。なのに、日本ワインの専門店というギャップがイイ!
焼きとんの店は数あれど、ホントに美味しい店はどこにあるのか。都内各地のやきとんが食べられるお店を調査。安くて美味しい、コスパ抜群の間違いない名店を集めました!
「マッコリがすすむ韓国のおつまみ」をテーマに、「チェユッ(茹で豚)」や「チャルラ(牛ホルモンやスジ)」など現地の居酒屋の定番が揃う。韓国の食文化を受け継ぐ「ジャン 焼肉の生だれ」でおなじみの『モランボン』が展開する。
get_app
ダウンロードする
キャンセル