MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】ティーサロンジークレフ(喫茶店/吉祥寺)

【閉店】ティーサロンジークレフ(喫茶店/吉祥寺)

作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】ティーサロンジークレフ(喫茶店/吉祥寺)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】ティーサロンジークレフ(最寄駅:吉祥寺駅)

キャラメルと紅茶が生み出す最高のハーモニー

特に根強い人気を誇るのが、「キャラメルと洋梨の紅茶パフェ」だ。紅茶風味のアイスと洋梨の甘酸っぱいアイスに、キャラメルのほろ苦さが相まって一気に心を掴まれる。ワッフルにはミルクと相性のいいアールグレイが使われ、アイスクリームが染み込んだまろやかな味わいも秀逸。一見地味だが、食感、苦み、甘みの計算が抜群で、完成度の高さは想像以上だ。
 よりひんやり感重視なら、「白桃とジャスミンのパフェ」を。手間暇かけた一つひとつの層に驚きがあって、食べ応えも十分。期間限定の季節のパフェの中でも特に人気だとか。8月30日までの期間限定なのでお見逃しなく。

キャラメルと洋梨の紅茶パフェ
1200円

紅茶ワッフルのしっとり感の中でクリーミーなキャラメルファッジ、サクサクのナッツメレンゲがアクセントに

白桃とジャスミンのパフェ(紅茶付き)
1850円

ジャスミンのシャーベットでクールダウンした後、桃のコンポート、ゼリー、ジュレのほか、ベイクドチーズケーキ、ヨーグルトムースなどが次々と現れる

ルフナのミルクティ・シェイク
1080円

ルフナ(スリランカの紅茶)のシャーベットとアイスクリームを合わせてシェイクに

紅茶(パフェとセット価格)
1850円

一部を除いた好きな紅茶をセットにできる

お店からの一言

店長 長瀬理恵さん

「紅茶ワッフルは一枚分ぎっしり入ってます」

【閉店】ティーサロンジークレフの店舗情報

[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-4 [TEL]0422-26-9239 [営業時間]11時~22時、土・日・祝9時~22時(フード21時LO、ドリンク21時15分LO)※ランチタイム有 [休日]無休(8/13~17は夏季休業) [席]カウンターあり、計21席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし、お通しなし [交通アクセス]JR・京王井の頭線吉祥寺駅北口から徒歩7分


電話番号 0422-26-9239

2018年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
使い込まれたカウンター。40~50回は出かけたという海外旅行で購入したお土産などが所狭しと飾られ、JBLのスピーカーから心地いい音圧でジャズが流れる。
誕生したのは日本。食べられるのはイタリア料理店ではなく、喫茶店。しかし頬張ればたちまちイタリアンな気分になれる魔法の美味“ナポリタン”の傑作集だ!
今、エモいと言われている純喫茶。そんな昭和を感じられる場所で食べられるこれまたエモいスイーツをご紹介します。(※各店舗の情報は掲載時のものです。新型コロナウィルス感染拡大の影響で営業時間などが異なる場合があります)
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
大人がワクワク、ドキドキする冒険基地としてリニューアルした「阪急メンズ東京」。それを象徴するひとつが7階のヴィンテージ&リバイバルフロア。
最新記事
酒田ラーメンの名店が、創業60年を機に姉妹都市の東京·三鷹市へ。スープは、煮干しとアゴの焼き干し、昆布でとった魚介ダシと、丸鶏とチャーシュー肉、野菜でとった動物スープを半量ずつ合わせたもので、澄んだ黄金色をしている。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル