MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
いさわ鮨(寿司/大森)|職人歴50年以上の店主が握る新鮮なネタにこだわった寿司は絶品!

いさわ鮨(寿司/大森)|職人歴50年以上の店主が握る新鮮なネタにこだわった寿司は絶品!

 寿司を握り続けて半世紀以上という店主の須田さん。鍛え抜かれた逞しい指先から生まれる、少し大きな握りには職人の気迫がみなぎっている。

いさわ鮨(最寄駅:大森駅)

職人歴50年以上!経験に裏打ちされた伝統の江戸前仕事

同じ大森で40年以上に渡って営業してきた店を閉め、今年3月にカウンター席中心のこぢんまりとしたこの店に移った。店主や女将さんとの距離がさらに近くなったと常連客に好評だとか。江戸前の歴史と伝統を受け継ぐ握りを、まずは堪能すべし!

特上にぎり 1.5人前(トロ3貫、マコガレイ、甘海老、ウニ、サヨリ、赤貝、玉子焼き、カツオ、鉄火&カッパ巻き)
3050円

築地から仕入れる厳選ネタを人肌の温度で握られた白酢のシャリが受け止める。ボリュームも大満足

新イクラつまみ
1400円

生筋子を醤油と酒だけで漬け込んだ、この時期イチオシのつまみ。皮が柔らかくトロリとした極上の口当たり

穴子
320円

長年継ぎ足す煮汁でふっくらと炊いている。上品で繊細な香りも堪能したい

お店からの一言

店主 須田正吾さん

「ランチは手頃なにぎりと丼も用意してます」

いさわ鮨の店舗情報

[住所]東京都大田区大森北1-15-10 [TEL]03-3766-6650 [営業時間]11時45分~13時45分LO、17時~22時LO ※ランチタイム有 [休日]日・月 [席]カウンター7席、テーブル4席、全11席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし・お通し代320円別 [交通アクセス]JR京浜東北線大森駅東口から徒歩5分


電話番号 03-3766-6650

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
江戸前寿司を追求する『築地青空三代目』が昨年秋に新店舗をオープン。ここ丸の内店の特徴はなんといってもシャリの二刀流だ。
本店は札幌のすすきのにあり、北海道から毎日直行便で鮮度抜群の素材が届く。こちらの「ばらちらし御膳」、見た目の華やかさもさることながら、ほかではちょっと味わえない贅沢なネタがうれしい。
「対面商売なんだからさ、なるべく楽しく食べてもらいたいよね」。にこやかにそう語るご主人の心意気が溢れんばかりの「うに丼」だ。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt