MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
串わ(串揚げ・串焼き/八戸)

串わ(串揚げ・串焼き/八戸)

 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。

perm_media 《画像ギャラリー》串わ(串揚げ・串焼き/八戸)の画像をチェック! navigate_next

串わ(最寄駅:八戸駅)

カラリと揚がったカツ&コロッケは酒が進む八戸の新名物

そして八戸の新郷土料理にと考案されたのがサバコロ。具材に焼きサバのほぐし身や大葉、チーズを入れ、和風醤油で味付けしたご飯を揚げたコロッケで、サバの風味、チーズのコク、醤油の香りが絶妙で何個でも食べられる旨さなのだ。ふたつの名物を武器に、個性店揃いの“長横町れんさ街”でも人気店となっている。

おすすめ串揚8本
1100円

極細のパン粉を使い、カラリと揚げられる

八戸サバコロ(1個)
120円

サバコロは毎週日曜に行われる館鼻岸壁朝市でも販売。年間5万個近く売れる大人気商品

お店からの一言

店主 長根弘和さん

「サバコロは料理長・白川が考案した傑作。ぜひ一度、食べに来てください」

串わの店舗情報

[住所]青森県八戸市長横町18れんさ街15号(れんさ街内) [TEL]090-4507-2166 [営業時間]17時~24時頃 [休日]不定休 [交通アクセス]JR八戸線本八戸駅南口から徒歩12分


電話番号 090-4507-2166

撮影/小澤晶子 取材/編集部

2018年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
L字形の重厚な一枚板カウンターに、棚に並ぶグラスが暗闇の中で浮かび上がるような照明。2019年8月14日に開店したこの店では、そんなドラマチックな空間の中で焼鳥コースを楽しめる。
「カレー味のもつ煮」が看板メニューのひとつ。ごく最近発案された変化球系煮込みなのかと思いきや、歴史は3代前まで遡る。
ストップをかけるまでお任せで供される串揚げは、全種類180円とリーズナブル。定番の肉や魚介、野菜類のほか、「ハマグリ」や「生湯葉」といった独創的なメニュー、月ごとの旬のものなど約40の食材が並び、あれこれ食べたくなるはず。
開店14年を迎える焼きとん屋。昔は立ち飲みだったが10周年を機に席が設けられ、座って食事できるようになった。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル