MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪穴場グルメ_今里にある創業26年の韓国炉端「万宝家」で絶品の海鮮チゲコースを食す!/大阪ローカル穴場メシ情報[60]

大阪穴場グルメ_今里にある創業26年の韓国炉端「万宝家」で絶品の海鮮チゲコースを食す!/大阪ローカル穴場メシ情報[60]

そろそろ鍋が恋しくなる時期だろう。 悩んだ末、訪れたのは今里にある韓国炉端「万宝家」(マンボーチップ)。生野で家庭的な韓国料理が食せる名店だ……。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪穴場グルメ_今里にある創業26年の韓国炉端「万宝家」で絶品の海鮮チゲコースを食す!/大阪ローカル穴場メシ情報[60] の画像をチェック! navigate_next

今里にある創業26年の韓国炉端「万宝家」で絶品の海鮮チゲコースを食す!



10月も後半になれば、鍋が恋しくなる時期だろう。

悩んだ末、訪れたのは今里にある韓国炉端「万宝家」(マンボーチップ)。

生野で家庭的な韓国料理が食せる名店だ。


同店ではコースを4種用意。その中から「海鮮チゲ鍋コース」(4500円・写真は2人前)を選択。

このコースにはハルサメ、チヂミ、蒸し豚(キムチ付)、フェ、キムチ盛合せ、ナムル盛合せがセットになっている。


最後のシメではうどん、ラーメン、雑炊の中から一つを選べるという。


韓国料理の特徴としてサイドメニューが凄い。

これほどの品数に、今回はタコフェも付いていた。


さらにさらに、「ケジャン」(1800円)と「白子ポン酢」(950円)も追加オーダー。



同店では韓国料理だけでなく和食も提供。

白子ポン酢はぷにぷにとした柔らかな食感にまろやかな味わいが際立つ。

新鮮だからこそ、癖もなく透き通った味わいだ。

続けて提供された「ケジャン」とは、生のワタリガニを塩とタレに漬けて熟成させた料理で、韓国料理の中でも人気の一品。


この甲羅にあるミソが抜群にうまい。

真っ赤で辛そうに見えるが、辛味はほとんどないぐらい。


ワタリガニの柔らかな身と殻を噛んで、吸うように食べていく。

辛いというよりも甘い。

身の甘みが口内に拡がり、その後からタレの味と重なって醤油などが入った特製ダレと混ざり合う。

手が真っ赤に汚れるが、それを差し引いても手が止まらなくなる旨さだ。


そして本日のメインデッシュ、海鮮チゲ鍋の登場。


とにかく海鮮が盛り沢山の鍋で、タラにワタリガニ、白子、ハマグリ、貝柱のほかに野菜もテンコ盛り。


この画像を見てわかるように、鍋の中も具でいっぱいなのだ。


グツグツ煮込んでいくと、ヤバイ、ヤバすぎる……。

出汁が効いて、むちゃくちゃ旨いやないかーい!!

具沢山だから食べても食べても、全然量が減らない。

なんとも豪勢な鍋なのだ。


韓国通でなくとも足を伸ばす価値は多いにアリ!


韓国炉端「万宝家」(マンボーチップ)
[住所]大阪市生野区新今里3丁目11-20
[TEL]06-6752-6718
[営業時間]17:00~23:00
[定休日]日曜








加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連するキーワード
関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル