MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
肉割烹 牛弁慶(焼肉/新橋)|駅徒歩2分☆絶品『牛鍋』が自慢のお店。極上牛肉を手頃な価格で食べられる☆

肉割烹 牛弁慶(焼肉/新橋)|駅徒歩2分☆絶品『牛鍋』が自慢のお店。極上牛肉を手頃な価格で食べられる☆

希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!

perm_media 《画像ギャラリー》肉割烹 牛弁慶(焼肉/新橋)|駅徒歩2分☆絶品『牛鍋』が自慢のお店。極上牛肉を手頃な価格で食べられる☆の画像をチェック! navigate_next

肉割烹 牛弁慶(最寄駅:新橋駅)

牛鍋のニューウェーブとろ~っと絡む割り下に箸が止まらない!

看板の牛鍋は2種類を用意。割り下に練り味噌を合わせた、コクの深い元祖の味。そしてもう1種類が料理長の阿久津さんが生み出した、言わば平成版の牛鍋だ。醤油の風味をキリッと立たせた割り下に、長芋、リンゴ、玉ネギのすり下ろしをたっぷりのせる。火を通せば、みるみるうちにとろみが増し、具材にまったりと絡み付く。これがあっさり後引く旨さで、霜降り肉の追加必至なのだ。

牛鍋(写真は2人前)
3456円

牛肉はA4・A5ランクのサーロイン。豊かな風味と上質な脂の甘みが口いっぱいに広がる。クドさのない割り下で、最後までさっぱりといただける

特選厚切り霜降り牛タン
2376円

特に柔らかなタンの根元部分だけを分厚くスライス。七輪の網の上に乗せれば、濃厚な肉汁があふれ出す

板前おまかせ三種盛り
1512円

表面を軽く炙った希少部位の握り寿司も人気の一品

ご飯
270円

ほどよく煮詰まり、とろみのついた割り下を、豪快に丼に注いだ超贅沢なぶっかけ飯! 上質な黒毛和牛のサーロインからあふれ出した、濃厚な旨みと風味を、あますところなく米粒が受け止め、至福の旨さだ

お店からの一言

料理長 阿久津弘幸さん

「極上牛肉を手頃な価格で!がモットーです」

肉割烹 牛弁慶の店舗情報

[住所]東京都港区新橋3-18-7 桃山ビル1階 [TEL]03-6848-0260 [営業時間]17時~23時 [休日]元日 [席]カウンターあり、全31席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、コース以外はお通し代540円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩2分


電話番号 03-6848-0260

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2018年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
好きな肉を好きな焼き加減で気軽に楽しむひとり焼肉。コロナ禍でますます需要が高まると共に人気も集めているという。入りづらい、いろいろ食べられない……実際に足を運ぶと、そんな 不安を吹き飛ばすかのようなパラダイスだった! ※取材は2020年2月に行っています。
和牛にこだわり続けて45年以上という老舗焼肉店が、江東区に初進出。もちろん、使用するのは市場にほぼ出回らない希少銘柄・増田牛をはじめ、全国から選りすぐった雌の黒毛和牛だ。
肉は自社の生肉卸から仕入れるため、質と鮮度はもちろん価格も魅力的。肉のプロフェッショナルである店主が、状態を見極め、その日最高の逸品を提供する“おまかせコース”でその実力を体感しよう。
歯を押し返す弾力ある肉をグッと噛み切れば赤身肉独特の芳醇な香り、肉汁が口に広がっていく。「むぅ、旨い」思わず声が漏れてしまう。
部位ごとの特性を生かし甘みや旨みを最大限に引き出した奥深さを堪能できるタン!
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル