MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
銀座伴助 銀座本店(和食/東銀座)|創業65年の高級干物店!一度食べればクセになる旨さ♪

銀座伴助 銀座本店(和食/東銀座)|創業65年の高級干物店!一度食べればクセになる旨さ♪

創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

銀座伴助 銀座本店(最寄駅:東銀座駅)

高級干物をなんと鍋に!?旨みあふれるスープが絶品

魚醤や帆立エキス入りの秘伝のタレに漬け込んで高温熟成させた身は旨みが凝縮。ちゃんこ風にたっぷりの具材と煮込めば、それがスープに溶け出し、まろやかで奥深いコクとなる。クセや臭みは一切なし!食べれば納得の新感覚鍋だ。 

絶品だしちゃんこ骨取り干物鍋
4860円(2人前)

干物は鍋に最適な赤魚と縞ほっけに限定。小骨も丁寧に取り除いている。鶏ガラと魚介のすっきりとした合わせダシで食す

特大とろ鯖開き
3024円

特大サイズで肉厚のサバを厳選。これに干物鍋が付くコースも用意(2名~、2時間飲み放題付き64
80円)

雑炊お仕立て米と薬味セット
518円

あえて卵を使わず、旨みたっぷりのダシでサッと煮込んで、お茶漬け風に堪能したい

お店からの一言

料理長 宮本勘輔さん

「一度食べればクセになる旨さです」

銀座伴助 銀座本店の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座5-14-8 [TEL]03-6264-4746 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)、土・日・祝11時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター、個室あり、全78席/昼は全席禁煙、夜は全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、アルコール注文のみ通し代626円別 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅4番出口から徒歩1分


電話番号 03-6264-4746

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
牡蠣がますます美味しい季節。昼に白飯と合わせるならダンゼン牡蠣フライじゃありませんか? 
生キクラゲやしめじ、トラマキダケなど6種類のキノコと豚バラ肉を具材にした特製の火鍋。スープには鶏ガラに花椒や丁字、八角、四川唐辛子など15種類ものスパイスがオリジナルブレンドで加えられ、体の奥をじんわりと温める旨辛さ。
フレンチのシェフを経て、海外の大使館でさまざまな料理を作っていた古川孝明さんが2018年4月にオープン。その腕を生かした高コスパのランチが日替わりで4~5種揃う。
むっちりした豚肉とご飯をわしわし交互に食べる。かじった途端スイッチが入る一心不乱の極上めし!
「この猪肉との出会いは衝撃的でした」と語るのが店長の林さん。それがきっかけとなり、5年前にやきとんの店からジビエの店へとシフトチェンジした。
最新記事
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
ここでいきなりクイズです。本記事で紹介する9つの丼はどこのものでしょうか? 正解は記事の最後をご覧ください。店名なんて先入観を捨て、まずは価格と写真を見よ!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
人気のサバ缶に新たな商品が登場。それも恐らく業界初という。以前紹介したチョコのサバ缶とはまた違う異色なもの。一体どんな味なのか、サバジェンヌが実食しました。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル