MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
LA MAISON DU 一升VIN(居酒屋/浅草)|日本ワイン&日本酒の達人が手掛けた居酒屋!お酒も料理も最高☆

LA MAISON DU 一升VIN(居酒屋/浅草)|日本ワイン&日本酒の達人が手掛けた居酒屋!お酒も料理も最高☆

鉄板で焼きつけるクワ焼きは大阪大衆酒場の花形。それをモダンに取り入れ、ワインや日本酒と合わせた話題の新店。

LA MAISON DU 一升VIN(最寄駅:浅草駅)

きっぷの良さは浅草ゆずり一升瓶ワインとクワ焼きが最高

カジュアルだがさりげなく“旨いもん”を出すところがニクイ。と思ったら、日本ワインと日本酒の達人で、著書もある『カフェブリュ』の岩倉さんが手掛けたと聞いて納得。みんなでシェアできる一升瓶ワインも充実だ。

小野食品油揚げのピザ、しっかりした辛口ロゼワイン
900円

川越の豆腐店「小野食品」の絶品の油揚げに麹味噌とチーズをのせて焼き、最後にハチミツをトッピング。ほのかなベリーの香りの「ルバイヤート ロゼ」と

くわ焼きおまかせ5本、さらりとした常温の日本酒
1200円

左から秋田比内地鶏のレバーと皮、豚バラにら巻き、仔羊の南乳焼き、イカのバジル焼き。合わせた日本酒の「豊の秋 上撰」は、スルスル飲めるが米の旨みもしっかりある

白子の粒マスタードソテー
1000円

マスタードが香る白子はワインにも日本酒にもいい

岩倉さんが選んだ食事に合う日本酒と日本ワイン

お店からの一言

店主 岩倉久恵さん

「大阪とはちょっと違うここだけのクワ焼きです」

LA MAISON DU 一升VINの店舗情報

[住所]東京都台東区浅草1-9-5 [TEL]03-6231-6103 [営業時間]15時~23時 [休日]無休 [席]カウンターあり、全33席/分煙(テラスのみ喫煙可)/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄銀座線田原町駅3番出口から徒歩5分、地下鉄銀座線浅草駅A1出口から徒歩7分


電話番号 03-6231-6103

撮影/貝塚 隆 文/岡本ジュン

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt