MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
SOYA(イタリアン/銀座一丁目)|古民家で味わうイタリア郷土料理♪ワインと共に至福のひと時を!

SOYA(イタリアン/銀座一丁目)|古民家で味わうイタリア郷土料理♪ワインと共に至福のひと時を!

古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。

SOYA(最寄駅:新富町駅)

素材を生かした遊び心を味わいたい

シェフが修業したイタリアの地方、あるいは北欧の料理をベースにしながら、遊び心を感じさせる料理が、ディテールまで舌を飽きさせない。使われている食材は、自社農園の有機野菜や国産の天然素材で、それを生かすギリギリの火入れ具合がまた絶妙だ。そこに合わせるのがナチュラルな味わいのワインだが、おう、引き立て合うねえという関係性。たとえば、やさしく火入れされた仔牛には、アンチョビとハーブでツナをマリネしたトンナート風ソースを。それが口中で一体化したところに、きれいな赤ワインをやれば……。丁寧な説明で料理やワインのことも教えてくれるから、楽しみはさらに尽きない。

41℃で火を入れたタラ マッシュルームとローズマリー
1680円

筒状にして41℃で火入れされたタラはみずみずしい味わい。そこに、発酵マッシュルームを生かしたソースの香りや旨みが重なり合う

北海道産 仔牛のロースト トンナート風
2480円

ツナとケイパー、アンチョビを使うピエモンテのソースをアレンジ。ゆっくり火を通した仔牛のローストと合わせてメインに仕立てた

左/ルイ・ジュリアン、中/リトロッツォ ロザート、右/オルトルーゴ イルヴェイ
5500円、6200円、4800円

イタリア、フランスを中心としたナチュラルなワインはその時々で入れ替わる。日替わりで10種類くらいのグラスワインも用意

お店からの一言

スー・シェフ 天津敏也さん、シェフ 船越貴文さん

「さまざまな産地の天然食材を用意しています」

SOYAの店舗情報

[住所]東京都中央区銀座1-22-12 [TEL]03-6263-2335 [営業時間]18時~翌2時(翌1時LO)、土・日・祝17時~23時(22時LO) [休日]不定休 [席]カウンターあり、全30席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ500円別(パン付き) [交通アクセス]地下鉄有楽町線新富町駅2番出口から徒歩4分、銀座一丁目駅10番出口から徒歩5分


電話番号 03-6263-2335

撮影/西﨑進也 文/池田一郎

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「ランチでもリストランテで食事をする醍醐味を感じて頂きたい」と、馬場正人さん。例えばフォカッチャは営業開始時間に合わせて焼きたてを。
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
アラカルトでも楽しめるイタリアン&ワインバー。店主の選ぶイタリアなどの自然派ワインと奥様のつくる料理の相性も抜群。
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。 銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って終点の外川駅まで、全長6.4Kmの小さな路線。 決してラクではないといわれる銚子電鉄の経営難を支えているのが「おいしくて楽しいもの」……なんです。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt