MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
SOYA(イタリアン/銀座一丁目)|古民家で味わうイタリア郷土料理♪ワインと共に至福のひと時を!

SOYA(イタリアン/銀座一丁目)|古民家で味わうイタリア郷土料理♪ワインと共に至福のひと時を!

古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。

perm_media 《画像ギャラリー》SOYA(イタリアン/銀座一丁目)|古民家で味わうイタリア郷土料理♪ワインと共に至福のひと時を!の画像をチェック! navigate_next

SOYA(最寄駅:新富町駅)

素材を生かした遊び心を味わいたい

シェフが修業したイタリアの地方、あるいは北欧の料理をベースにしながら、遊び心を感じさせる料理が、ディテールまで舌を飽きさせない。使われている食材は、自社農園の有機野菜や国産の天然素材で、それを生かすギリギリの火入れ具合がまた絶妙だ。そこに合わせるのがナチュラルな味わいのワインだが、おう、引き立て合うねえという関係性。たとえば、やさしく火入れされた仔牛には、アンチョビとハーブでツナをマリネしたトンナート風ソースを。それが口中で一体化したところに、きれいな赤ワインをやれば……。丁寧な説明で料理やワインのことも教えてくれるから、楽しみはさらに尽きない。

41℃で火を入れたタラ マッシュルームとローズマリー
1680円

筒状にして41℃で火入れされたタラはみずみずしい味わい。そこに、発酵マッシュルームを生かしたソースの香りや旨みが重なり合う

北海道産 仔牛のロースト トンナート風
2480円

ツナとケイパー、アンチョビを使うピエモンテのソースをアレンジ。ゆっくり火を通した仔牛のローストと合わせてメインに仕立てた

左/ルイ・ジュリアン、中/リトロッツォ ロザート、右/オルトルーゴ イルヴェイ
5500円、6200円、4800円

イタリア、フランスを中心としたナチュラルなワインはその時々で入れ替わる。日替わりで10種類くらいのグラスワインも用意

お店からの一言

スー・シェフ 天津敏也さん、シェフ 船越貴文さん

「さまざまな産地の天然食材を用意しています」

SOYAの店舗情報

[住所]東京都中央区銀座1-22-12 [TEL]03-6263-2335 [営業時間]18時~翌2時(翌1時LO)、土・日・祝17時~23時(22時LO) [休日]不定休 [席]カウンターあり、全30席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ500円別(パン付き) [交通アクセス]地下鉄有楽町線新富町駅2番出口から徒歩4分、銀座一丁目駅10番出口から徒歩5分


電話番号 03-6263-2335

撮影/西﨑進也 文/池田一郎

2018年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
神泉の人気店『オルランド』の兄弟店として今年オープンしたばかり。本店より少しカジュアルに楽しめるカウンターだけの空間だ。
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
特に男性にとってちょっとモノ足りないイメージがあるというパスタランチだが、この店ではそんな心配ご無用! 全メニュー同料金でLLサイズの麺量400gまで増量可なのだから。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
最新記事
酒田ラーメンの名店が、創業60年を機に姉妹都市の東京·三鷹市へ。スープは、煮干しとアゴの焼き干し、昆布でとった魚介ダシと、丸鶏とチャーシュー肉、野菜でとった動物スープを半量ずつ合わせたもので、澄んだ黄金色をしている。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル