MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
SOYA(イタリアン/銀座一丁目)|古民家で味わうイタリア郷土料理♪ワインと共に至福のひと時を!

SOYA(イタリアン/銀座一丁目)|古民家で味わうイタリア郷土料理♪ワインと共に至福のひと時を!

古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。

perm_media 《画像ギャラリー》SOYA(イタリアン/銀座一丁目)|古民家で味わうイタリア郷土料理♪ワインと共に至福のひと時を!の画像をチェック! navigate_next

SOYA(最寄駅:新富町駅)

素材を生かした遊び心を味わいたい

シェフが修業したイタリアの地方、あるいは北欧の料理をベースにしながら、遊び心を感じさせる料理が、ディテールまで舌を飽きさせない。使われている食材は、自社農園の有機野菜や国産の天然素材で、それを生かすギリギリの火入れ具合がまた絶妙だ。そこに合わせるのがナチュラルな味わいのワインだが、おう、引き立て合うねえという関係性。たとえば、やさしく火入れされた仔牛には、アンチョビとハーブでツナをマリネしたトンナート風ソースを。それが口中で一体化したところに、きれいな赤ワインをやれば……。丁寧な説明で料理やワインのことも教えてくれるから、楽しみはさらに尽きない。

41℃で火を入れたタラ マッシュルームとローズマリー
1680円

筒状にして41℃で火入れされたタラはみずみずしい味わい。そこに、発酵マッシュルームを生かしたソースの香りや旨みが重なり合う

北海道産 仔牛のロースト トンナート風
2480円

ツナとケイパー、アンチョビを使うピエモンテのソースをアレンジ。ゆっくり火を通した仔牛のローストと合わせてメインに仕立てた

左/ルイ・ジュリアン、中/リトロッツォ ロザート、右/オルトルーゴ イルヴェイ
5500円、6200円、4800円

イタリア、フランスを中心としたナチュラルなワインはその時々で入れ替わる。日替わりで10種類くらいのグラスワインも用意

お店からの一言

スー・シェフ 天津敏也さん、シェフ 船越貴文さん

「さまざまな産地の天然食材を用意しています」

SOYAの店舗情報

[住所]東京都中央区銀座1-22-12 [TEL]03-6263-2335 [営業時間]18時~翌2時(翌1時LO)、土・日・祝17時~23時(22時LO) [休日]不定休 [席]カウンターあり、全30席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ500円別(パン付き) [交通アクセス]地下鉄有楽町線新富町駅2番出口から徒歩4分、銀座一丁目駅10番出口から徒歩5分


電話番号 03-6263-2335

撮影/西﨑進也 文/池田一郎

2018年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
鎌倉街道沿いにあり、連日陽気な声が絶えない人気店。パスタやカルパッチョといった定番からスパイスを利かせた煮込み、柔らかく煮てから揚げる牛舌フライなどアイデア溢れる逸品も揃う。
タラのカダイフやズワイガニとキノコのマリネ、スフレオムレツ……。一つひとつ丁寧に彩りも豊かに入ったオーブルの前菜詰め合わせは、自宅でもレストラン気分に浸れる。
近年話題になったイタリアンは、かわいさ溢れる美味揃い。様々な味が気軽に楽しめる「アランチーニ」に、軽やかな食べ心地の「マリトッツォ」、生地とクリームの味わいが絶妙な焼き菓子「カンノーリ」。イタリアフードは日本人の心と胃を揺さぶり続ける!
多彩なメニューが揃うイタリアン・バル。こだわりの食材だけのメニューから、お好きな仕立てをオーダーすることも。
歴史や文化の繋がりを重んじるイタリア・トリノで修業した経験から、「日本の伝統食材、鯨肉も自分のスタイルで次世代に伝えたい」と積極的に取り入れているシェフの門脇さん。今回考えてくれた料理もご覧の通リのセンスの良さだ。
最新記事
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル