MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
有楽町で絶品ランチを食べるならここ!グルメライター厳選7店

有楽町で絶品ランチを食べるならここ!グルメライター厳選7店

人気グルメ雑誌のライターが実際に食べ歩いて見つけた有楽町の絶品ランチを厳選してご紹介!安くて美味しいコスパ抜群のお店や土日営業のお店、お洒落なお店などシーンに合わせてご利用いただけますので、ぜひご利用ください。

perm_media 《画像ギャラリー》有楽町で絶品ランチを食べるならここ!グルメライター厳選7店の画像をチェック! navigate_next

はじめに

駅前のオシャレなお店と、ガード下の赤ちょうちん居酒屋が混在する有楽町。
東京駅の隣ということもあり、ランチのお店も多く存在します。最近では土日もランチをしているお店が増えてきましたよね。
今回は有楽町の美味しいランチのお店をご紹介していきます。ジャンルはさまざまですがどれも人気のお店ですよ!

コスパ抜群!安くて美味しいお店

谷ラーメン

ラーメン

「谷ラーメン」はガード下にある、創業昭和42年の老舗。開店当時のレシピを守るラーメンのスープは、ゲンコツと背ガラ、チャーシュー用のモモ肉をとろ火で炊いて作る。

丸三横丁で50年も営業していたラーメン屋が移転オープン。
しかし味は開店当時から受け継がれており、ゲンコツと背がらで作るスープは豚のみで鶏ガラは使っていません。
澄んだ色のスープはあっさりとして優しい味。昭和を感じる、どこかほっとできる美味しさなんです。
玉子やチャーシューの入った王道のチャーハンも定番です。

■谷ラーメン
[住所]東京都千代田区丸の内3-7-11
[TEL]03-5223-2223
[営業時間]11時~14時LO、17時~20時半LO ※ランチタイム有
[休日]土・日・祝
[アクセス]JR有楽町駅から徒歩4分

博多うどん よかよか

丸天うどん

「博多うどん よかよか」では、うどんだけでなく、魅力的なつまみが揃う上に日本酒も充実。グラス数種のほか、冷蔵庫に並ぶ四号瓶単位でも注文できる。

博多うどんが食べられるこちらのお店は、女子1人でも気軽に入りやすく、さくっと短時間で食べたい方にもおすすめです。
博多うどんは比較的柔らかく、味はあっさりめ。ランチタイムはトッピング1つとかしわめしがついて600円とリーズナブルです。
夜にはおでんや味付け玉子など一品おつまみが豊富で、1杯飲んで帰る人も多いんだとか。

■博多うどん よかよか
[住所]東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館地下1階
[TEL]未設置
[営業時間]11時~15時半(15時LO)、16時半~21時(20時半LO)※ランチタイム有
[休日]日
[座席]計28席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]JR山手線ほか有楽町駅京橋口から徒歩1分

デートにもぴったり!土日営業のお洒落なお店

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ

平日限定パスタランチ

わずと知れた高級ホテル、「ザ・ペニンシュラ東京」。平日限定ながらも、リーズナブルな価格のランチセットがあるのをご存知だろうか。その内容が大充実。まずは日替わりのパスタ。こちらは1人前140gとボリュームはなかなかのもの。それにバゲットやソフトロールなどのパン2種類に、ミニサラダとスープも付く。

ホテル、ザ・ペニンシュラ東京の地下にあるお店は、落ち着いた照明と木を基調とした内装で、優雅なランチタイムを過ごすことができます。
お得なのはなんといっても平日限定のパスタランチ。日替わりのパスタにサラダやミニデザートがついています。
もちろん、休日の『シェフのおすすめ3品コース』も絶品!ケーキにも定評があり、ティータイムにはケーキセットも人気です。

『ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ』内観

■ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ
[住所]東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京地下1階
[TEL]03-6270-2717
[営業時間]11時〜18時半LO(ブティックは19時まで)
[休日]無休
[アクセス]地下鉄千代田線、日比谷線、都営三田線、有楽町線、日比谷駅・有楽町駅直結

レバンテ

的矢がきのフライ

昭和22年創業の『レバンテ』が毎年10月~4月まで提供している名物カキ料理のひとつ。創業者が三重県のカキ養殖業を支援しようとメニューに取り入れて以来、濃厚な味の三重県産を使っている。うっとりするほど上品で美しい俵形。きめ細やかな衣はサクッと繊細な食感で、ミルキーなカキの旨みがあふれる極上の味わいだ。

70年以上も続く老舗のビアレストランは、10月から4月頃までの季節限定カキフライが名物です。
きめの細かいパン粉をまとった、美しく並んだ牡蠣は三重県産。自家製のタルタルソースでいただきます。
優しい味のカニコロッケやジューシーなハンバーグ、牛ひれ肉のステーキなど、洋食メニューが並ぶので、子連れの方にも喜ばれています。

■レバンテ
[住所] 東京都千代田区丸の内3-5-1(東京国際フォーラム地下1階)
[TEL]03-3201-2661
[営業時間]11時半~22時半(21時45分LO)、土・日・祝11時半~20時半(19時45分LO)
[休日]12月31日~1月4日
[座席]テーブル席74席、テラス席40席、計114席/分煙/予約可/カード可/サなし
[アクセス]JR線ほか有楽町駅国際フォーラム口から徒歩2分

珈琲館 紅鹿舎(コーヒーカンベニシカ)

元祖ピザトースト

昭和39年に「珈琲館 紅鹿舎(ベニシカ)」のマダムの村上節子さんが、「気軽にピザの味を楽しんでほしい」と始めたのがピザトーストの発祥とされる。今や平日でも50食は売り上げる看板メニューだ。

有楽町の老舗喫茶店は、ひと目で魅了されてしまうレトロな外観。
中は想像より広く、テーブル席だけで63席と、ひとりで行っても周りを気にせずゆっくりしていられます。
ここはピザトースト発祥のお店として有名。サクッとしていて中はもっちり、たっぷりのチーズは香ばしくとろりと溶けていて、あつあつを頬張るのが至極の瞬間です。

『珈琲館 紅鹿舎』外観

■珈琲館 紅鹿舎
[住所]東京都千代田区有楽町1-6-8 松井ビル1F
[TEL]03-3502-0848
[営業時間]9時半~23時45分(土・日・祝9時〜)※ランチタイム有
[休日]無休
[アクセス]東京メトロ 日比谷線・千代田線・都営地下鉄・三田線、日比谷駅 A4出口より徒歩2分、JR有楽町駅より徒歩4分

こだわりが光る!絶品おすすめ店

照鮨

上にぎり

照鮨 (てるずし)は駅ビルには珍しい個人経営店。創業70年と、有楽町駅前に東京交通会館が建てられる前から寿司店を営んでおり、ご主人の加賀達夫さんは2代目だ。こちらの最大の特徴は砂糖をいっさい使わず、赤酢と塩のみで仕込んだシャリ。酸味がきいたキリッとした味わいで、新鮮なネタの味を引き立てている。

昭和21年創業、今は2代目が経営している寿司店は、安いけれど丁寧な仕事をしていてコスパよし。
ふとお寿司が食べたくなったら気軽に行ける雰囲気なのも嬉しいところです。
シャリには砂糖を使わず、赤酢と塩のみで仕上げているので、ネタの味がよくわかる上、たくさん食べてもお腹にもたれません。見た目がきれいなちらしもおすすめ。

『照鮨』外観

■照鮨
[住所]東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館地下1階
[TEL]03-3211-8089
[営業時間]11時半〜13時半、17時〜21時、土11時半〜13時半
[休日]土(不定休)・日・祝
[アクセス]地下鉄有楽町線有楽町駅D8出口直結

中国料理 小花

生牡蠣のスープそば

さっと油通ししたジューシーな生ガキをたれと一緒に、タアサイ、エリンギ、ネギとざくっと炒めて醤油味のスープの上へ。片栗粉にコーティングされたカキは旨みがぎゅっと閉じ込められていて、味が濃く、噛みしめるほどにウマウマ。たっぷりカキを堪能できる一杯!

丸の内の中華料理店は、牡蠣そばが看板メニューです。
油通しした大ぶりの生牡蠣がごろごろと入っており、食べると中から牡蠣の濃い旨味がじゅわっと出てきます。タアサイやネギがよいアクセントになっていて、最後まで美味しく味わって食べられますよ。
広い店内には個室とテーブル席あり。また、7種類のお弁当をテイクアウトできます。

『中国料理 小花』外観

■中国料理 小花
[住所]東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル地下1階
[TEL]03-3211-8570
[営業時間]11時~14時LO、17時~22時(21時LO)
[休日]土・日・祝
[座席]65席/ランチ時13時まで禁煙/予約不可(夜コースは可)/カードコース可・そばは不可/サなし
[アクセス]地下鉄有楽町線・JR総武線有楽町駅国際フォーラム口から徒歩2分

おわりに

有楽町の人気ランチから、厳選して7店ご紹介しましたが気になるお店は見つかりましたか?
どのお店も自信を持っておすすめする名店ばかりです!
おひとりでのんびりと、もしくはご家族や大切な人と一緒になど、有楽町を訪れた際にはぜひ今回ご紹介したお店に足を運んでみてください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
歴史の長さと遊興的な文化度の高さから、多くの文人をひきつけてきた街・浅草。著名作家が活き活きと言葉にした老舗の魅力を、令和時代の今も追いかけることができる。小説・随筆の世界にたちまちトリップできる、名店5軒の味をご紹介。
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル