MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺グルメ情報_2019年の「吉祥寺の一皿」は、痺れる麻婆豆腐だ! の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(126)

吉祥寺グルメ情報_2019年の「吉祥寺の一皿」は、痺れる麻婆豆腐だ! の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(126)

今年もやるぞ、2019年の一皿。 おっさん女子が選ぶ「吉祥寺の一皿」は、四川料理『Y』の麻婆豆腐に決定!  やっぱ四川料理って言ったら麻婆豆腐だろ! ここの麻婆豆腐は、辛さが、普通、中辛、激辛の3段階。さらに痺れが、普通、中辛、激辛の3段階になっております……。

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺グルメ情報_2019年の「吉祥寺の一皿」は、痺れる麻婆豆腐だ! の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(126) の画像をチェック! navigate_next

2019年の「吉祥寺の一皿」は、痺れる麻婆豆腐だ! の件


2018年年末に誰にも頼まれていないのに、今年の吉祥寺の一皿を勝手に決めたおっさん女子です(連載77参照)。

しかもですね、そのときの一皿は『ナローケーズ』の紅茶ごはんでした。

でも、2019年の5月に33年間続いていたのに、閉店してしまいました(号泣)。

いまもWebで茶葉の販売はやっているので、紅茶好きの人はググってみて! 

2019年はこのナローケーズと、超お気に入りの『moi』(連載73回)が、閉店したので、相当がっくり来ているおっさん女子である。


しかし、気を取り直して、そして今年もやるぞ、2019年の一皿。

今年の吉祥寺の一皿は、四川料理『Y』の麻婆豆腐だ。

2018年の12月末にオープンした新しい店なので、期待を込めてピックアップだ。

お店自体は、この連載95回でご紹介したけど、やっぱ四川料理っていったら麻婆豆腐だろ! 

ここの麻婆豆腐は、開店当初は普通バージョンと四川バージョンで展開していたが、最近では四川に統一されて、辛さが、普通、中辛、激辛の3段階。

さらに痺れが、普通、中辛、激辛の3段階になっております。

イラスト/小豆だるま



私は辛い物を食べると体調に影響するタイプなので、体調のいい時に麻婆豆腐(辛さ・普通/痺れ・普通)を食べたのですが、ヤバイよ、ここの麻婆豆腐。

辛いっていうより、痺れます! 

たぶん山椒が効いているのだと思うが、使っている豆板醤も手作りなんだって! 

ここの麻婆豆腐は、ものすごい中毒性がある! 

ランチの麻婆豆腐のランチの値段が1500円オーバーで、正直お高い! 

しかし値段分以上の価値があります! 

あとめっちゃボリューミーです。

辛いのが苦手&小食の人は、少な目でいいですと申告した方がいいかも。

さらにご飯もおかわりOK! 

小鉢&スープがついていて、細かいところまで美味しいです。

ただですね、ランチ時は店が混んでいる……。

開店直前に行くか、13時30分くらいに行くかにしないと、並んじゃうかも。

ちなみにランチは14時で閉店。

ランチには肉系、魚系、麺系があってどれも美味しいです。

ちなみにここの客層は年齢層が高くて、静かに食事をしている人が多い。

定期的に訪問している人が多いような感じで、吉祥寺でお客さんのハートをつかんでいる数少ない新しい店、といってもいいかも。




普通、新しく店をオープンしたら最低1年くらいやるよね、と私は思っていたが、吉祥寺は前にもまして開店&閉店の速度が速くなっている。

うまくいかない店は、2ヵ月、3ヵ月で閉店しちゃってるのが現状。

あと個人経営の店は急激に減りつつあって、三鷹や西荻に個人経営のいい店が増えている印象だよ、
と思った2019年であった……。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連するキーワード
関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル