MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
話題の調理グッズCHECK[42]ふりふりしてシェイクするだけでホイップクリームができる! ダイソー「ふりふりクリームメーカー」

話題の調理グッズCHECK[42]ふりふりしてシェイクするだけでホイップクリームができる! ダイソー「ふりふりクリームメーカー」

容器に入れてふりふりしてシェイクするだけで、素早くホイップクリームができる! 可愛くデコレーションできちゃう!! 「ふりふりクリームメーカー」なるものを、ダイソーで見つけました! 『素早く!』ってことなので、さっそくチェキってみたばい!!

ふりふりしてシェイクするだけで、素早くホイップクリームができる! ダイソー「ふりふりクリームメーカー」


容器に入れてふりふりしてシェイクするだけで、素早くホイップクリームができる!

かわいくデコレーションできちゃう!!

『素早く!』という言葉に魅かれて、ダイソーで見つけたので買ってみたばい!!

製造しているのは、前回紹介した「ツナ缶スプーン」と同じ、”小久保工業所“。

これは、期待できるかも!?

ふりふりクリームメーカー(ダイソーで購入)
100円(税別)
サイズ:172×55×55mm
本体:ポリエチレン
フタ・絞り口:ポリプロピレン
耐冷・耐熱温度:-20~60℃
容器容量:約230ml
小久保工業所/日本製


中身は、
シンプルなボトルと、フタ。

ちなみに、フタは
星型スリットの入ったボトルのフタと、
キャップの、2つに分かれる。


用意するものは、約100mlの生クリームと砂糖のみ。


ホイップクリームの
材料は、この2つ。


用意した材料を、ボトルの目盛り線の位置まで入れる。



目盛り線は、
ちょうど100mlのところらしい。


ちょうど、100mlの生クリームが販売されているので、全部入れました!!

ちなみに、砂糖は適当らしい~。

“適当~”って……笑。

今回は、グラニュー糖を10g入れてみたばい。

そして、フタをします。


しっかりフタを締め、指でおさえながら、3~5分程度すばやく振って泡立てる。

ちゃんとフタをおさえて……。


シャカシャカシャカと3分。

セットしていたタイマーが、ピピピ~ッ~っと。


シャカシャカ、
3分経過の状態。


こんな感じ。

まだ液体です。


追加で、2分やってみたばい。


シャカシャカシャカ。

少し、中身が固まってきているのか、重みが感じられてきたころに、タイマーがピピピ~ッ~!

お皿に出してチェックしたばい。

シャカシャカ〜っと
計5分。


あと、少しかなぁ~?

2分タイマーセット。

追加の追加、1分ぐらいで、だんだんシャカシャカの動きがなくなってきて……。

お皿に出して、再チェック!

今度は、絞り出して
チェックしたばい!


トータル6分半ぐらいで完成。

ちゃんと、波になってる!!


かわいい~♪


振るだけで完成する。

コレ、よかばい。

今までは、泡立て器かハンドミキサーでやっていたのが、容器に入れて振るだけ。

ちなみに「生クリームの温度や気温により、泡立て時間は異なる」そうです。


プッチンプリンと果物にホイップクリームをのせた「プリンアラモード」


生クリームのせただけで、かわいくデザートができたばい。


そして、使いきれなかった場合は、フタを下にして立てられるけん、冷蔵庫で保存もできてよかばい。

冷蔵庫では、
フタをスタンド代わりにして
保存ができる。


ただ、最後、残りあと少しというぐらいの量は、開けてスプーンですくい取るしかなかばい。

これは、もう、仕方なかとかなぁ~。

最後の最後は、
ボトルに少し残っちゃう……。


洗い物は、容器だけというのは、けっこうポイントかも。


簡単だし、保存もできるし、おもてなし料理に使えそう~。

100円なら、これもアリね!!







田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
生臭みをとり、旨みを濃縮してくれる脱水シートがあるんです。 「魚や肉の下処理に使うと、本当にちがいますよ〜。これ、使ってみてください~」っておススメしてくれる方がいたので、試してみることにしました。
この連載で、何を紹介しようかな〜とリサーチしていたところ、孫の手みたいなキッチンツールを発見! どうやって使うものなのか、お店の方に聞いたところ「レモンやゆずの皮などを削るものですよ〜」だって! さっそく購入して、試してみたばい。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
220views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt