MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
goo ITALIANO 渋谷店(イタリアン/渋谷)|リーズナブルに飲み食いできるカジュアルイタリアン♪

goo ITALIANO 渋谷店(イタリアン/渋谷)|リーズナブルに飲み食いできるカジュアルイタリアン♪

お腹がgooと鳴れば料理がgoodなgooへgo。誌面で遊んでる訳じゃございません。

perm_media 《画像ギャラリー》goo ITALIANO 渋谷店(イタリアン/渋谷)|リーズナブルに飲み食いできるカジュアルイタリアン♪の画像をチェック! navigate_next

goo ITALIANO 渋谷店(最寄駅:渋谷駅)

イタリア各州の地元の美味しさをカジュアルな雰囲気で

これらいろんな意味を店名のスペルに込めつつ、イタリア各州の美味と日本であまり知られてない地元の食べ方を楽しませてくれる店がココなのだ。名物ラザニアは並々と入ったソースを味わうオリジナルで、うっとりするほど濃厚なトマトクリーム味が人気。本場スタイルならサレルノ直送の水牛モッツァレラを。生ハム&ルッコラと一緒に食べるのが現地の定番だ。ピッツァ風のつまみから伝統製法のパスタまで、知られざるイタリアに会いにgo!

フォカッチャディレッコ(スペック)、サレルノ産水牛モッツァレラ 生ハムとルッコラ(125g)
1280円、2400円

薄く伸ばしたフォカッチャ生地にチーズを挟んだ「フォカッチャディレッコ」はリグーリア州の名物。サクサク香ばしい。トッピングは生ハム。毎週届く水牛モッツァレラは濃厚な旨み

ラザニア ボロネーゼ
1300円

ソースを楽しむラザニアは仕上げに270度のオーブンで焼き、熱々が運ばれる。豚挽き肉もゴロッと入り食べ応えも充分。好みでソースをフォカッチャにつけて

スパゲッティレモンクリームソース
1080円

国産レモンを使う爽やかなクリーム味。小麦の風味豊かな伝統製法のイタリア産パスタを使う

お店からの一言

マネージャー 加藤裕虎さん

「月替わりで各州にスポットを当てた料理も。地元の味を気軽に楽しんでください」

goo ITALIANO 渋谷店の店舗情報

[住所]東京都渋谷区渋谷1-11-3 第一小山ビル1階 [TEL]03-6418-8300 [営業時間]11時半~15時半(15時LO)、17時~23時45分(22時45分LO)、土・日・祝は11時半~23時45分(ランチは16時LO) [休日]年末年始 [席]カウンターあり、全54席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ代300円別 [交通アクセス]渋谷駅東口から徒歩4分


電話番号 03-6418-8300

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2019年4月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
特に男性にとってちょっとモノ足りないイメージがあるというパスタランチだが、この店ではそんな心配ご無用! 全メニュー同料金でLLサイズの麺量400gまで増量可なのだから。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
200余年の歴史を誇るフィレンツェの名店『マキャベリ』。その名を冠した日本唯一の支店だ。
魚介専門イタリアンならでは、そして大阪だからこそのダイナミックで豪快な旨みマシマシなペスカトーレ!
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1056views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
233views まとめ記事

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル