MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
吉祥寺グルメ情報_井の頭公園のお花見に吉祥寺のコロッケパン推奨、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(137)

吉祥寺グルメ情報_井の頭公園のお花見に吉祥寺のコロッケパン推奨、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(137)

吉祥寺のお花見シーズンに、毎年警告を出しているおっさん女子。 というのも、後を絶たないのが、井の頭公園にお花見に来てお店に入れず、路頭に迷う人々。 そこで吉祥寺に並ばずに、しかも美味しいテイクアウトができる店をご紹介しましょう!

井の頭公園のお花見に吉祥寺のコロッケパン推奨、の件


吉祥寺のお花見シーズンに、毎年警告を出しているおっさん女子です(連載36回37回88回)。

しかし後を絶たないのが、井の頭公園にお花見に来てお店に入れず、路頭に迷う人々です。

よく雑誌の特集で、お花見にテイクアウト♪ なんていう生温い記事が掲載されていますが、だいたいそんな特集に掲載されている店自体が、並ぶんですよ。

テイクアウトをするのに、超並ぶ……。

地元民的にないですね。

私は並ばねーよ、絶対に。

まだ肌寒い桜の時期に外で並ぶ……。

そして無事テイクアウトできても外で食べる……。

ないよね、絶対にない(怒)。


そこで吉祥寺に並ばずに、しかも美味しいテイクアウトができる店をご紹介しましょう。

はい、それはパン屋です! 

おすすめのパンはいろいろありますが、私は今回、コロッケパンに絞ってご紹介だ。

寒空の中『さとう』のメンチカツに並ぶよりも、コロッケパン推奨です。

ちなみに『さとう』は、メンチカツよりもコロッケのほうが美味しいと思うんだが……。

イラスト/小豆だるま


おっさん女子的、吉祥寺のコロッケパン第3位は、はな子クリームパンでおなじみの『L』だ!


まず第3位は、はな子クリームパンでおなじみの『L』(連載45回参照)。

駅近だし、運よくイートイン席に滑り込めるかもしれない(あくまでも“かも”)。

ここのコロッケパンは、わりとちょいちょいリニューアル&改善されている印象なんだけど、基本的にパンとコロッケが1対1っていう感じで、コロッケの存在感があるんですよ。

パンの大きさに対してコロッケがデカイ! 

そしてコロッケ本体が美味しいんです。

じゃがいもは北海道の“きたあかり”を採用している模様。

ソースの甘さもいい塩梅よ。

第2位は、東急吉祥寺デパート地下の『S』だ!


そして第2位は、東急吉祥寺デパート地下の『S』。

チェーン店でコンパクトな店構えなんですけど、ここのコロッケパンは、北海道産のじゃがいも“きたあかり”採用で、コロッケ+レタス1枚というシンプルな仕様。

甘めのソース味で、ポテト&ひき肉系のコロッケで、パンが柔らか目という女子に食べてほしいオシャレなコロッケパンなんですよ。

この店は北海道産の素材をかなり取り込んでいて、何を食べても外れがないというパン屋なんですよ。


たまにレタスがへたっているのが残念ですけど、でもおすすめ!


第1位は、おっさん女子が愛しすぎているやりすぎパン屋の『A』ですよ!!


はい、第1位。

もうねー、おっさん女子が愛しすぎているやりすぎパン屋の『A』ですよ(66回101回)。

ちなみに井の頭通沿い & 吉祥寺アトレの2店舗あって非常に便利です。

ここのコロッケパンは、牛肉コロッケです。

最強です! 

そしてキャベツがシャキシャキ! 

本当にシャキシャキなんだよ。

ソースも美味しいし、『A』にしてはスタンダードに攻めた1品ですよ(失礼!)。

スタンダードじゃないパンも美味しいけど(笑)。

ちなみにコロッケパン好きの糸井重里氏も『A』のコロッケパンが好きらしいよ。

……っていうことは、奥さんの美人女優も食べてるってことなのか? 

その昔、美人女優の奥様が『湾岸道路』という映画で町の定食屋に革のツナギ&ハーレーで乗り付けて、『納豆定食!』と言っているシーンがありましたが、『コロッケパン』もなかなかギャップ萌えですね……。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
梅雨時のスッキリしない天気&気分を盛り上げるには、やっぱり肉だろ!と思うワケです。 そこで今回は、カツだよ! 揚げ物だよ! テンション上がるよね。もちろんカロリーも……。 吉祥寺の、カツ事情について考えてみたぞ〜!
ある日、都会のカフェで“フラットホワイト”という珍しいコーヒーを飲みました。フラットホワイトとは、エスプレッソにスチームミルクを入れたもの。フラットホワイトは都会にしかないのか? グーグル先生に聞いたところ、吉祥寺もあることを発見……! さっそくチェキってみました〜。 
梅雨時の高温多湿の日本で今食べるなら、ベトナム料理だろ! というワケで、今回は、私が勝手に吉祥寺“新興ベトナム三角地帯”と呼んでいる、吉祥寺の丸井周辺地域のベトナム料理屋を紹介したいと思います……。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
243views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt