MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(88) 桜が咲く井の頭公園で、謎の買い食いを推奨、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(88) 桜が咲く井の頭公園で、謎の買い食いを推奨、の件

吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。

桜が咲く井の頭公園で、謎の買い食いを推奨、の件


吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。

今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。

昨年の花見シーズンのおっさん女子のアドバイスを、今一度読み込んでもらいたいと思います(連載36回37回参照)。


桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には、謎なものがけっこうあります。

今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います。


まず、大きな謎のひとつ。自販機です……。

丸井横の七井通りから、いせやの前を通り、階段をおりて、そのまま、池の方に直進すると、自販機が並んでいるスペースがあります。

主にドリンク類ですが、なぜかそこにおかしな自販機が2台あります。

まず1台め、なぜか「激辛アイテム」を集中的に販売する自販機です……。

メイン商品は『死神大魔王』という“激辛おかき”。

あとは沖縄唐辛子を使った『も~牛ジャーキー』、『チョウンマッゲキシン』という唐辛子を使ったスナック菓子です。

このネーミングにお金を落としても悔いなし、という感じなのは、私だけでしょうか? 

散歩途中に、ほんのきまぐれで買ってみましたが、この自販機の激辛をナメてた、ごめんなさい……という気持ちになりました。

特に『チョウンマッゲキシン』は、たった1個食べだけで、もう後は食べれない、マジで。

いちばん辛くないのは『も~牛ジャーキー』です……。

ちなみにこの自販機は、お菓子の解説がものすごーくていねいなので、よい子はよく読んで買ってね!


イラスト/スタジヲワンツー


そのお隣の2台めの自販機ですが、メインはパンの缶詰です。

いや、パンの缶詰は非常食にもあるので、さほど珍しくないんですが、問題は、『蜂の子』と『いなごの甘露煮』の缶詰のラインナップです……。

昔の日本人は、たんぱく質を蜂の子やいなごから摂っていたんだね……。

でも今は、2019年。

平成も終わります……。

しかも高いんだよね、この缶詰。

いなごの甘露煮は、2000円オーバーですよ。

たぶん、酔っぱらった花見客か、SNSにアップしたい人々が買うのではないかと予想。

まあ、お好きな方はどうぞ……。


そしてこの自販機の近くにある売店には『餃子ドッグ』というのぼりがはためいています。

餃子ドッグ……。

これはですね、見た目的は、肉まんが細長い餃子の形になった感じです。

ただボリューミーかつ、お値段もビミョーに高いです。

まあ、お花見の酔っぱらいが買うのではないかと予想……。

私は地元民なので、3年に1回くらいの“うっかり買い食い”でいいです。


なんだか消極的な買い食い紹介ですが、やや積極的に紹介したいものもあります。

ボート乗り場の売店にある『三福だんご』です。

私は、高尾山の売店でも同じものを食べたことがあります……。

三福=大福、幸福、裕福らしい。

しょうゆだれと、くるみ味噌だれが選べます。

ちなみに炭火焼き。

おっさん女子的にはしょうゆだれを推す。

年に1回くらいは食べてもいいと思う。

ただ、年2回はないな……。

しかもこのボート売り場の売店は、井の頭公園の中でも、買い食いアイテムが充実しているのがポイント。

やきそば、たこやき、ナンドッグチリ、焼肉ライスバーカー、アイスなどなど……。

この買い食いアイテムを巡って、小さい子どもとお母さんがケンカをしている場面にもわりと遭遇します(苦笑)。

「今日は買わないわよっ」「え~っ」「ダメよ、絶対ダメ」みたいなケンカです……。


いかがでしょうか? 井の頭公園の謎の買い食いアイテム。


まあ、年に1度くらい、酔った勢いでどうぞ!









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
なんだかんだいって、地方名産品界のスターは、北海道だよね。 実は私は、北海道名産をどーんと集めたアンテナショップ『Dさんこプラザ』のヘビーユーザー……。 北海道のおやつは、美味しいものがありすぎて絞るのが大変なんだけど、おっさん女子的に最も愛する“北海道のじゃがいも”のおやつランキングを作ってみたよ。
世の中&吉祥寺も食パンブーム。 食パンに、野菜や果物、そのほか食材を練り込んで焼き上げた練り込み系食パン、ぶどうパンなんかが、スタンダードだけど、最近いろいろ増えてきてるよね。 私も調子に乗って、練り込み系食パンも食べ散らかしたので、その結果をご報告だ。
私は、ついつい鶏唐揚げ定食をデフォルトで選んでしまいがちな、脂っぽいおっさん女子。だが私にも魚が食べたいときがある(苦笑)。そして私は白飯至上主義。 今回は、基本脂っぽいおっさん女子がふと食べたくなる、海鮮丼系どんぶりが充実した居酒屋ランチを紹介してみるよ。
2020年初頭、私を悲しませた吉祥寺地元ニュースは、私の小腹神喫茶『O屋』こと『近江屋』が閉店したことである。 なんと39年同じ場所で続けてきたのに、終了です(号泣)。 私はこの先、吉祥寺のどこで、ぼんやりすればいいでしょうか?  早急に後釜を決定するの必要があったので、熟考した結果、小腹神喫茶を新しくエントリーしました。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
160views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt