MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪穴場グルメ_ついに登場! 恵美須町の名店「千匹屋」で激ウマのカレー中華そば/大阪ローカル穴場メシ情報[75]

大阪穴場グルメ_ついに登場! 恵美須町の名店「千匹屋」で激ウマのカレー中華そば/大阪ローカル穴場メシ情報[75]

汁というより、うま味といったうま味を凝縮させた濃厚カレー。この日出合った「カレー中華そば」は、まさに“衝撃的”だった。 知る人ぞ知る、恵美須町の秘境にある隠れた名店「千匹屋」にこのメニューがある。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪穴場グルメ_ついに登場! 恵美須町の名店「千匹屋」で激ウマのカレー中華そば/大阪ローカル穴場メシ情報[75] の画像をチェック! navigate_next

念願叶ってついに登場! 恵美須町の名店「千匹屋」で激ウマのカレー中華そばを食べてきた


汁を飲むと時折ごそっと牛肉が入る。

焚いて煮込まれた牛肉が細かく残り、野菜はわずかその片鱗を残す程度。

汁というより、うま味といったうま味を凝縮させた濃厚カレー。

この日出合った「カレー中華そば」(480円)は、まさに“衝撃的”だった。


知る人ぞ知る、恵美須町の秘境にある隠れた名店「千匹屋」にこのメニューはある。

「うちはメニューをいつも変えてますねん。
常連さんが飽きんように変えて……。
このカレー、6周年のときのあまりで、それを焚いて残ったのをカレー中華にしたんです」
(小林弘美オーナー)


このお店、定番のメニューはお酒しかない(笑)。

あとはこのブラックボードで見て、アテを決める。

とはいえ、この値段。

実に安いのだ。


ビールの大瓶(480円)はこちらから自分で取って、店員に伝えるパターンの酒場。

人情がこのお店には残っているのだ。

赤星を抜いて、置いてみるとこの風情。

ええ雰囲気やないか。


実はこのお店、前は小林米穀店というお米屋さんだった。

父親がお店を畳む……となって、息子さんが立ち飲み屋にした。

屋号の千匹とは、「千人に愛されるお店にする」から千匹屋にしたという。


Uの字型の立ち飲みスタイル。

店前には喫煙者用のテーブル席もある。

さて、そろそろ始めましょか。

まずは「鶏の肝煮」(350円)から。

大きめのゴロっとした肝で、ねっとり系。


味が奥まで染みて、食す大きさを誤ると口内の水分をすべて吸い取るヤツや(笑)。

裏返せばそれほどジックリ煮込まれているのだ。

ちびちび食べてお酒を傾ければ、これほど相性の良い食材もない。

ちなみに、小林さんの父親は今でも釣りが趣味。

それを表すように、店内には魚拓が飾られている。


ときには、釣ってきた新鮮な魚を提供する場合もある。

こちらはブリ。

釣った魚ではないが、「ブリあら煮」が350円と激安。


これを3枚ほどお皿に載せて提供。

実にリーズナブルってものだ。

オープン直後に入ったが、いつの間にか客で店内はあふれかえっていた。

そして……。

冒頭の「カレー中華そば」が運ばれてきた。


この絡み具合といったらミートソースの濃厚さを、カレーに変えたバージョンというべきか。

何杯でもいける味。

定番メニューにしてほしいが、数日後に来店しても、また食べられるどうかもわからない。


「カレーもあるとき、ないとき、ありますねん。
おでんにしたり、メニューの品数もその時によって変化します」
と小林さん。


恵比須町といえば、かつては電気街。

そこから離れた場所にあるポツンと酒場。


ウワサ通り、ええ店やで!


千匹屋
[住所]大阪市浪速区日本橋5-16-5 104
[TEL]06-6632-4514
[営業時間]17:00~23:00
[定休日]日曜









加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル