MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ネオ喫茶KING(喫茶店/有楽町)|喫茶の定番メニューは勿論、ヴィーガン風サラダも!

ネオ喫茶KING(喫茶店/有楽町)|喫茶の定番メニューは勿論、ヴィーガン風サラダも!

大人がワクワク、ドキドキする冒険基地としてリニューアルした「阪急メンズ東京」。それを象徴するひとつが7階のヴィンテージ&リバイバルフロア。

perm_media 《画像ギャラリー》ネオ喫茶KING(喫茶店/有楽町)|喫茶の定番メニューは勿論、ヴィーガン風サラダも!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

ネオ喫茶KING(最寄駅:有楽町駅)

レトロだけど新しい! 人気シェフや名店が喫茶メニューを再構築

懐かしい服や雑貨に、リペアしたインテリアなどが並ぶ。
 それと同じく、純喫茶を現代風にアレンジしたのが、『ネオ喫茶KING』だ。喫茶の定番メニューを、名だたるシェフや人気店が独自の解釈で考案。例えば、ニューアメリカン料理店『The Burn』の米澤文雄料理長が考案したヴィーガン風サラダだったり、南青山一丁目のロースター『Little Darling Coffee Roasters』によるスペシャルブレンドコーヒーだったり。まるで、“食のセレクトショップ”の様相を呈していてワクワク、ドキドキする。地下通路からも入れるので、気軽にどうぞ。

KINGアメリケーヌカレー
1300円

千駄ヶ谷のフレンチ『sinsere』の石井真介シェフが考案。具材はエビ、玉ネギのフリット、ズッキーニと一風変わったもの。エビダシと鶏ダシを合わせて旨みが染み出したルウは、程よい辛さでヤミツキになる

自家製KINGクリームソーダ、コーヒー
850円、500円

ソーダは、メロンを使った自家製シロップ。上にのるアイスは、川崎のアイスクリームダイナーがそれに合うものを、と開発したラム&チェリー味。コーヒーは、コクのある苦みとほんのりとした甘みが特徴的

ケールと豆乳のビーガン・パワーサラダ
1200円

トレビス、カリフラワーなどを、レモンベースのドレッシングと豆乳クリームでいただく。レモンの爽やかさと濃厚なクリームが、新鮮な野菜と絶妙なバランス。自家製グラノーラの食感もよく、食べ応え十分だ

バインミーサンドイッチ
800円

渋谷のサンドイッチスタンド『buy me stand』のバインミー。ふっくらとしたブレッドに包まれる醤油ベースの甘いチャーシューとワインビネガーを使ったなますの酸味が好相性。パクチーの香りもいい

ネオ喫茶KINGの店舗情報

[住所]東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京 地下1階 [TEL]03-6252-5285 [営業時間]11時~20時(フード19時LO、ドリンク19時半LO)※ランチタイム有 [休日]施設に準ずる [交通アクセス]JR山手線ほか有楽町駅銀座口から徒歩1分


電話番号 03-6252-5285

撮影/小島 昇 取材/戎 誠輝(編集部)

2019年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
誰もがほっとできる場所を作りたいという思いでオープンして約40年。ほのかな明かりのなか、サラサラと流れる水音が響き、肩の力が抜けてじんわり癒やされる。
シンプルなものほど丁寧に心を込めて一枚一枚に手をかけるザ・貧乏サヴァランの境地!
「とにかくお肉は厚いほうが美味しい」というスタッフの意見からレシピを考案。棒状で届く豚ヒレ肉を丁寧に筋切りし、揚げたあとに余熱で火を通すというカツはすっとかみ切れるほど柔らかく、中に挟み込まれたモッツァレラチーズと口の中で一体に。
東京で生まれ育った店主の増田さんが、親類のいた熱海で店を構えたのは23歳のとき。進駐軍仕込みのメニューや、当時まだ珍しかったサイフォンのコーヒー、ジャズを流す喫茶店には、三島由紀夫や谷崎潤一郎など文人がよく集まった。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
768views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
206views まとめ記事
クロコダイルにエミュ、カンガルー、ダチョウが食べられる!と聞いて臆するアナタにこそ、この店を訪れてほしい。ここは3月にリニューアルしたオーストラリア料理の人気店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル