MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留のランチブッフェのグルメ記事と写真

ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留のランチブッフェのグルメ記事と写真

ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留のスペシャリティレストラン「ハーモニー」ランチブッフェ!2014年から料理長を務める星野義明さんは、世界中の若手フランス料理人の登竜門と名高い国際的料理コンクール日本大会の優勝者。

スペシャリティレストラン「ハーモニー」(最寄駅:汐留駅)

繊細な味わいと美しい盛り付けが自慢のランチブッフェ

 2014年から料理長を務める星野義明さんは、世界中の若手フランス料理人の登竜門と名高い国際的料理コンクール日本大会の優勝者。その実力をいかんなく発揮したおよそ30種もの料理は、フレンチの技法をベースに、季節感を大切にしながら醤油や味噌、柑橘類など和のテイストも取り入れられていて、どこかホッとする味わいだ。 前菜は、宝石を散りばめたような美しさ。目の前の実演コーナーで仕上げてくれるのは「フォアグラ入りオムレツ トリュフソース」。魔法のような見事な手さばきに見とれていると、あっという間にできていくオムレツには、香り高いトリュフソースがたっぷり。その中から出てくるフォアグラに心が躍る。 ランチタイム中盤を過ぎると実演コーナーに登場するのは、フルーツのフランベ。前菜からデザートまで、妥協なしの料理を堪能できるのが魅力だ。

ランチ
1人3207円 土・日・祝/4158円

写真手前の右より「蒸し上げた豚肉 レモン醤油ソース」、左は「魚のオーブン焼き 紫蘇風味のトマトソース」など

バターの芳醇な香りが鼻腔をくすぐる「キノコとフォアグラのリゾット」は星野シェフがメニューに取り入れた力作

濃厚な旨みがオムレツに閉じ込められた人気の品

スペシャリティレストラン「ハーモニー」

東京都港区東新橋1-6-3 ☎03-6253-1130 [営]6時半〜10時、ランチブッフェ:1部11時半〜13時、2部13時半〜15時(LO)、18時〜22時(21時LO) [休]無休 [席]計110席(6〜14名までの個室あり※ルームチャージ11880円) 全席禁煙/カード可/予約可/サ10% [交]JRなど新橋駅汐留口から徒歩約3分。または都営大江戸線汐留駅2番出口から徒歩約1分

電話番号 03-6253-1130
2016年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 ランチビュッフェといえば、まず思い浮かぶのが高級ホテルのそれ。しかし最近では、ビジネスホテルも手頃な価格帯を武器に参戦しはじめているのだ。
ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。
ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン
グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階
三井ガーデンホテル銀座プレミア レストラン スカイ|天井から床までの大きな窓から望める浜離宮恩賜庭園や銀座の街並み。ホテルの16階に店を構える眺望抜群のこちらは、2017年6月末に前菜のみだったブッフェを、すべてブッフェにしてリニューアルオープンした。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt