MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
焼はまぐり 浜茶屋 向島(魚介・海鮮料理/九十九里町)|魚介炭火焼の有名店♪

焼はまぐり 浜茶屋 向島(魚介・海鮮料理/九十九里町)|魚介炭火焼の有名店♪

九十九里といえば焼ハマグリ! 目の前は海というロケーションで、自らコンロで網焼きする醍醐味。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

焼はまぐり 浜茶屋 向島(最寄駅:東金駅)

ふっくらぷりぷりの本ハマグリを自らじゅわじゅわ焼くべし

次第に貝汁がじゅわじゅわ言い始め、ハマグリの口がパクリとあく。汁がこぼれないように開いたら、タレを少々……。
 40年前に浜で先々代がドラム缶で焼いたのが始まりという、まさに“焼ハマ”の代名詞ともいえる同店は、土日はいつも並ぶほどのにぎわいだ。「九十九里のは旨みが強くて食感がプリプリしている」という本ハマグリはもちろん、白ハマグリこと船橋のホンビノスもいけるし、地元産のホッキ貝、南房総のサザエと、もうガンガン焼くのだ。磯の香りとほどよい潮気、卓からあがる煙もいい感じ。ビールがごきゅごきゅ進むのは言うまでもない。

本蛤(中玉)が1kg3240円(10~12個くらい)、白蛤(千葉産)が1kg1674円。500gから注文OKだ。いずれも「鮮度と品質のよさには自信あり」。噛んだときのぷりぷり感と旨みが強く、味が濃い~のがたまらん

巨大! ホタテ焼き(756円)はバターをのっけて。サザエや丸干し、ハマグリとのお得なセットもある

九十九里はホッキ貝も旨し。貝味が実に濃い。丸ごとのサザエは、くにくにコリコリした食感と磯臭さが魅力だ

いわし重
1112円

九十九里はイワシも名物。甘辛味の新鮮ないわしの竜田揚げがのる。ハマグリの味噌汁付きがうれしい

金目鯛の煮付
2160円~(大きさによって変わる)

身は丸々ふっくらでさっぱりめの味付け。じんわり旨い 6/すぐ裏手が海。2階席の窓からもよく見える

お店からの一言

店長 伊藤 宏さん

「ハマグリは春先から夏にかけてが一番美味しい時季ぜひおいでを!」

焼はまぐり 浜茶屋 向島の店舗情報

[住所]千葉県山武郡九十九里町不動堂450 [TEL]0475-76-6237 [営業時間]10時(土・日・祝9時半)~19時LO(19時半)※ランチタイム有 [休日]金(祝日は営業) [席]全200席/全席喫煙可/予約応相談/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]クルマで九十九里有料道路(波乗り道路)不動堂インターからすぐ


電話番号 0475-76-6237

撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎

2019年6月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
「美味しいサバを食べてほしい」という熱い思いから、日本各地よりその時々の最高のサバを入荷。刺身や焼き、カツなど、サバの特性に合わせて魅力を引き出した料理を提供しているサバ専門店。
「海外の漁師町にあるちょっとしたバル、酒場のイメージですね」と店長の三谷さんが言うように、肩肘張らず、立ち飲みでワイワイ貝料理を楽しめるのがいい。一番人気は、活貝ソテー。
まずは名物「貝の籠蒸し」をご覧あれ。日替わりで自慢の新鮮な貝を取り合わせ、豪快に蒸しあげた一品だ。
最新記事
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
ここでいきなりクイズです。本記事で紹介する9つの丼はどこのものでしょうか? 正解は記事の最後をご覧ください。店名なんて先入観を捨て、まずは価格と写真を見よ!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
人気のサバ缶に新たな商品が登場。それも恐らく業界初という。以前紹介したチョコのサバ缶とはまた違う異色なもの。一体どんな味なのか、サバジェンヌが実食しました。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル