MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
眞踏珈琲店(珈琲店/神保町)|12時間かけドリップしたこだわりの水出しコーヒーが絶品のカフェ☆

眞踏珈琲店(珈琲店/神保町)|12時間かけドリップしたこだわりの水出しコーヒーが絶品のカフェ☆

目覚めの一杯に夏場はアイス。季節を問わず、朝需要が大きいコーヒー。

perm_media 《画像ギャラリー》眞踏珈琲店(珈琲店/神保町)|12時間かけドリップしたこだわりの水出しコーヒーが絶品のカフェ☆の画像をチェック! navigate_next

眞踏珈琲店(最寄駅:神保町駅)

ウイスキーのような甘美さ 夜こそ飲みたい深煎りアイスコーヒー

しかし夜に飲むとしたら? 『眞踏珈琲店』のアイスコーヒーを推そう。
 「官能的な一杯にしたかった」と店主の大山眞踏さん。ダッチコーヒーサーバーで、自家焙煎の深煎り豆を15時間かけて水出しする。飲むと苦みや酸味、甘みとコクも艶やかに立ち上がり、鼻をつくスモーキーな香り。ウイスキーに似た味わいだ。グラスを傾け、書架に並んだ大山さんの蔵書(約5000冊!)を眺めていると、心も和み、今日も良い日だったと思えてくる。
 濃厚な一杯ゆえ、もちろん朝のカンフル剤にもいい。23時まで開店でお酒も置いてあるため、時間を問わず訪れたい場所だ。

アイスコーヒー、アイスカフェ・オ・レ
700円、700円

15時間かけて抽出できる「アイスコーヒー」の量は1ℓのみ。さらにひと晩寝かせて提供する。「アイスカフェ・オ・レ」はミルクの風味でまろやかに。心を落ち着かせてくれる一杯だ

カレーライス(ドリンク付き)
1300円

フルーツの酸味とチーズのコクが映える個性的なカレー

お店からの一言

店主 大山眞踏さん

「同じ豆でも挽き方や抽出などに変化を加えれば違う風味は出せます」

眞踏珈琲店の店舗情報

[住所]東京都千代田区神田小川町3-1-7 [TEL]03-6873-9351 [営業時間]11時~23時(日・祝は12時~21時)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全31席/分煙/予約可/カード不可 ※テイクアウト可 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A9出口から徒歩4分 


電話番号 03-6873-9351

撮影/西﨑進也 取材/岡野孝次

2019年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和50年創業の喫茶店で提供されるコーヒーゼリーは、見た目からして唯一無二の逸品。コーヒーゼリーに使うのは、深煎りのモカフレンチ。
本格的な水出しコーヒーから作られた香り高い一品から、トッピングにこだわったものまで、東京でいただける個性豊かなコーヒーゼリーの逸品を紹介します。
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。
グラッセとは、フランス料理の用語で、冷やすの意。「カフェオレ グラッセ」はアイス・カフェオレを指すが、断然、この方が洒落た響きだ。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル