MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪穴場グルメ_“ホンマもんの食通”が密かに通う日本料理の隠れた名店「瑞」を天満の外れで見つけた!/大阪ローカル穴場メシ情報[76]

大阪穴場グルメ_“ホンマもんの食通”が密かに通う日本料理の隠れた名店「瑞」を天満の外れで見つけた!/大阪ローカル穴場メシ情報[76]

JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪穴場グルメ_“ホンマもんの食通”が密かに通う日本料理の隠れた名店「瑞」を天満の外れで見つけた!/大阪ローカル穴場メシ情報[76] の画像をチェック! navigate_next

舌の肥えた“ホンマもんの食通”が密かに通う日本料理の隠れた名店「瑞」を天満の外れで見つけた!


暖簾をくぐり、テーブル席を抜けてカウンターへとたどり着く――。

初めて料理屋を訪れたとき、初対面の大将が出迎える、この瞬間が心を躍らせる最高の時間でもある。

ええ店なのか、どうか。

人間の嗅覚ってヤツが五感を働かせる。

この間で、ある程度、雰囲気がつかめて一品を口にするまでその至福は代えがたい。

少しの会話と食材を奏でる音を聞きながら時間を過ごすのも、また料理屋の醍醐味だ。


JR天満駅から徒歩で約10分。

住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。

和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。

ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか?

これが料理人の見せ所。

大将の桑野敏至さん(38歳)は、異業種から紆余曲折を経て和食の料理人へと転機に立った。

「販売をしていると、お客さんのニーズと異なるモノを時には売らなければならない。
製造と販売が合致していれば、本当に価値のあるモノを売れると思ったんです。
そこでたどり着いたのが料理の世界でした」

はじめは、鉄板焼きの世界に飛び込んだ。

2年の修業を経て、素材を最大限に生かす料理に興味を抱くようになると、次の修業先は京料理のミシュラン店。



祇園で約5年の経験を積んで独立したのは昨年11月のこと。

実は奥さんも同店の系列店で働いていた料理人で、二人三脚、夫婦で切り盛りする。

「遅くから料理の世界に入ったので、毎日、本ばかりを読み漁ってました。
最初のころは、YouTubeを見て勉強してましたよ(笑)」

もともとが販売人。

このあたりも、気難しい料理人はひと味もふた味も異なる。

事前に電話で「お造りは3品2切れ。あとはこの料理とこの料理を組み合わせて出してほしい」と言えば、オリジナルのコースも用意してくれる。

柔軟性があるから会話も尽きない。


まずは「マスターズドリーム」(600円)というプレミアモルツのこだわりビールからスタート。



梅とゆり根のお付き出しで、「茶碗蒸し」から始まった。

春を感じさせる味わい。

ゆり根は京料理の代表格。

梅の酸味とゆり根の甘味が重なりあう。

次に出てきたのは「お造り3種盛り」。

長崎産の本マグロ、島根産のサワラの炙りと北海道産のホタテ。


アラカルトだと通常は5種。

オリジナルでは3種と臨機応変に対応してくれた。

そして「もずく」から「天ぷら盛り」へと続く。


箸休めのもずくから「天ぷら盛り」はホタルイカ、ふきのとうとタラの芽。

こちらも春づくめ。


塩と天つゆ。

どちらもお好みで……。

ホタルイカの天ぷらを初めて食したが、この風味とうま味、後味が実に心地良い。

続けて、京料理の定番「銀鱈の西京焼き」が出てきた。


こちらは通常2貫。

それを1貫にしてもらって味は言うに及ばず。

あえて説明するまでもなく、魚の甘味が最大限まで引き出されている。

最後の「釜めし」も優しい味わい。


三重県産のコシヒカリに利尻昆布と鰹節でとった出汁で、とことん素材を生かす。

赤出汁つきで、あまった釜飯はおにぎりにしてくれた。



そして、「ゆずシャーベット」で〆る。


このオリジナルコースで約4000円(料理のみ)。

驚きの価格で、なんとも格安にまとめてくれたものだ。

隠れ家として利用できるのも、今だけかもしれない。

この日も1時間後には満員御礼。

噂は確実に流れて、人が押し寄せて来ていた……。


和食 瑞
[住所]大阪市北区同心2丁目4-13 ヴェール同心101
[TEL]06-4800-1551
[営業時間]17:00~23:00
[定休日]水曜










加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連するキーワード
関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル