MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大阪穴場グルメ_“ホンマもんの食通”が密かに通う日本料理の隠れた名店「瑞」を天満の外れで見つけた!/大阪ローカル穴場メシ情報[76]

大阪穴場グルメ_“ホンマもんの食通”が密かに通う日本料理の隠れた名店「瑞」を天満の外れで見つけた!/大阪ローカル穴場メシ情報[76]

JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。

舌の肥えた“ホンマもんの食通”が密かに通う日本料理の隠れた名店「瑞」を天満の外れで見つけた!


暖簾をくぐり、テーブル席を抜けてカウンターへとたどり着く――。

初めて料理屋を訪れたとき、初対面の大将が出迎える、この瞬間が心を躍らせる最高の時間でもある。

ええ店なのか、どうか。

人間の嗅覚ってヤツが五感を働かせる。

この間で、ある程度、雰囲気がつかめて一品を口にするまでその至福は代えがたい。

少しの会話と食材を奏でる音を聞きながら時間を過ごすのも、また料理屋の醍醐味だ。


JR天満駅から徒歩で約10分。

住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。

和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。

ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか?

これが料理人の見せ所。

大将の桑野敏至さん(38歳)は、異業種から紆余曲折を経て和食の料理人へと転機に立った。

「販売をしていると、お客さんのニーズと異なるモノを時には売らなければならない。
製造と販売が合致していれば、本当に価値のあるモノを売れると思ったんです。
そこでたどり着いたのが料理の世界でした」

はじめは、鉄板焼きの世界に飛び込んだ。

2年の修業を経て、素材を最大限に生かす料理に興味を抱くようになると、次の修業先は京料理のミシュラン店。



祇園で約5年の経験を積んで独立したのは昨年11月のこと。

実は奥さんも同店の系列店で働いていた料理人で、二人三脚、夫婦で切り盛りする。

「遅くから料理の世界に入ったので、毎日、本ばかりを読み漁ってました。
最初のころは、YouTubeを見て勉強してましたよ(笑)」

もともとが販売人。

このあたりも、気難しい料理人はひと味もふた味も異なる。

事前に電話で「お造りは3品2切れ。あとはこの料理とこの料理を組み合わせて出してほしい」と言えば、オリジナルのコースも用意してくれる。

柔軟性があるから会話も尽きない。


まずは「マスターズドリーム」(600円)というプレミアモルツのこだわりビールからスタート。



梅とゆり根のお付き出しで、「茶碗蒸し」から始まった。

春を感じさせる味わい。

ゆり根は京料理の代表格。

梅の酸味とゆり根の甘味が重なりあう。

次に出てきたのは「お造り3種盛り」。

長崎産の本マグロ、島根産のサワラの炙りと北海道産のホタテ。


アラカルトだと通常は5種。

オリジナルでは3種と臨機応変に対応してくれた。

そして「もずく」から「天ぷら盛り」へと続く。


箸休めのもずくから「天ぷら盛り」はホタルイカ、ふきのとうとタラの芽。

こちらも春づくめ。


塩と天つゆ。

どちらもお好みで……。

ホタルイカの天ぷらを初めて食したが、この風味とうま味、後味が実に心地良い。

続けて、京料理の定番「銀鱈の西京焼き」が出てきた。


こちらは通常2貫。

それを1貫にしてもらって味は言うに及ばず。

あえて説明するまでもなく、魚の甘味が最大限まで引き出されている。

最後の「釜めし」も優しい味わい。


三重県産のコシヒカリに利尻昆布と鰹節でとった出汁で、とことん素材を生かす。

赤出汁つきで、あまった釜飯はおにぎりにしてくれた。



そして、「ゆずシャーベット」で〆る。


このオリジナルコースで約4000円(料理のみ)。

驚きの価格で、なんとも格安にまとめてくれたものだ。

隠れ家として利用できるのも、今だけかもしれない。

この日も1時間後には満員御礼。

噂は確実に流れて、人が押し寄せて来ていた……。


和食 瑞
[住所]大阪市北区同心2丁目4-13 ヴェール同心101
[TEL]06-4800-1551
[営業時間]17:00~23:00
[定休日]水曜










加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かオープン初日、もしくは翌日だったはずだ……。
労働者の町・萩之茶屋で、女手一つで切り盛り。 朝8時営業で、最近は外国人観光客が少しずつ増えているというのが、今回紹介する大衆酒場「あーる&あーる」。 外国人の方々が絶賛する「トンテキ」は、刻みニンニクたっぷりの料理だ。
今里にある寿司屋の名店「八十八」。屋号は「やそはち」と読む。 15歳からこの業界に飛び込み、若くして独立した“活きの良い”店主がこだわる、魚の鮮度は、一度試してみる価値アリやで!
東淀川区の淡路。 友人の酒場通に言わせると、淡路に「電車賃をつかっても来る価値のある場所」があるという。 それが今回紹介する「あわや」。正直「お店大丈夫⁉」と心配してしまうほど価格破壊のメニュー満載の立ち飲み店だ。
大人の社交場、北新地に酒場がオープンするとの情報をキャッチ。 堂島アバンザから目と鼻の先にある「北ノ酒場TACHIPPA」は、北新地ではほとんど見かけない立ち飲みスタイルで、しかも割烹料理を提供。実にリーズナブルで、早くも女子会で人気だそう……。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt