MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
吉祥寺グルメ情報_地方名産品界のスター“北海道のじゃがいも”を吉祥寺で食べる件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(145)

吉祥寺グルメ情報_地方名産品界のスター“北海道のじゃがいも”を吉祥寺で食べる件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(145)

なんだかんだいって、地方名産品界のスターは、北海道だよね。 実は私は、北海道名産をどーんと集めたアンテナショップ『Dさんこプラザ』のヘビーユーザー……。 北海道のおやつは、美味しいものがありすぎて絞るのが大変なんだけど、おっさん女子的に最も愛する“北海道のじゃがいも”のおやつランキングを作ってみたよ。

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺グルメ情報_地方名産品界のスター“北海道のじゃがいも”を吉祥寺で食べる件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(145) の画像をチェック! navigate_next

地方名産品界のスター“北海道のじゃがいも”を吉祥寺で食べる件


実は、おっさん女子の好みの地方名産品を多く産出しているのは、チキン南蛮を擁する宮崎県である(40回)。

しかし吉祥寺的には栃木県もいい感じなのである(121回)。

でもさー、なんだかんだいって、地方名産品界のスターは、北海道だよね。

スーパースターの貫禄っていうかさ。

おっさん女子的に北海道といえば、東急吉祥寺のデパサン(68回)の『Dさんこプラザ』である。

北海道名産をどーんと集めたアンテナショップで、実は私はヘビーユーザー……。

しかも、主におやつ関係を食べ散らかしているワケなんですが……。

世間が世界規模でいろいろ騒がしくて3月の東急吉祥寺デパートでの“北海道物産展”が中止になっちゃって、がっかりして『Dさんこプラザ』で爆買いしたのは、私です……。

北海道のおやつは、美味しいものがありすぎて絞るのが大変なんだけど、おっさん女子的に最も愛する“北海道のじゃがいも”のおやつランキングを作ってみたよ。

イラスト/小豆だるま

おっさん女子的“北海道じゃがいも”のおやつランキング TOP5はコレだ!


じゃーん、『Dさんこプラザじゃがいものおやつ』勝手にランキング発表です!

5位/じゃがいもザクザク

4位/くまちゃんのポテトチップス

3位/ぽてコタン

2位/南富良野 バタじゃが

1位/じゃがいもコロコロ



5位の「じゃがいもザクザク」ですが、十勝芽室産のマチルダというじゃがいもを真空フライ製法で丸ごとあげたおやつなんですけど、本当にザックザクの食感で美味しいです。

北海道のじゃがいもは“丸ごと”が似合うよな。


4位の「くまちゃんのポテトチップ」は、これももちろん北海道産のじゃがいもね。

そして鮭味、ほたてバター味、カニ味などがありますが、ほたてバター最強です。

ちなみに薄いサクサク系ね。

やっぱポテチは、おやつの王道だよね。


3位の「ぽてコタン」は、北海道産じゃがいも+たまねぎのスナック菓子なんだけど、これはヤバい。

食感ザクザクで、食べる手が止まらない。

『Dさんこプラザ』で売っているのはお土産仕様なんで、小袋が箱に6袋入っているんだけど、6袋を一気食いしないように気をつけています……。


2位の「バタじゃが」は、南富良野産のじゃがいもを皮つきの状態でまるごとバターとともに加工して、真空パックにしたスグレモノ。

これはハンバーグやステーキなんかの付け合わせ的なサイドメニューに最高だと思いますが、私はおやつとして食べています(笑)。

炭水化物、サイコー! 

じゃがいも自体に甘味があって美味しいです。


1位の「じゃがいもコロコロ」は、じゃがいもでつくられた“おかき”なんですが、北海道産のじゃがいも&もち米で作ってあって、すごく美味しい。

もっというと、すごくお腹に溜まります……。

うっかり一袋を一気食いしないように、日々気をつけています……。

味は、おっさん女子的に「焼きとうきび味」最強ですが、「バターしょうゆ味」「チーズ味」「塩味」「山わさび味」「行者にんにく味」など。

どれも味がしっかりしていて、ビールにも合うよ。

私は買い置きして常備しています。

家にマスクや消毒液やトイレットーペーパーの買い置きがなくなっても、「じゃがいもコロコロ」は家にあった……(苦笑)。

私の免疫力をあげるのに一役かったと思う(いや、そう思いたい……)。

なぜか「じゃがいもコロコロ」は、昭和通りのセブンに売っていたり、三鷹アドレヴィのクイーンズ伊勢丹にもあったりと(期間限定かも)、なかなかの人気モノです。


地方名産品界のスーパースターの北海道なので、おやつを選ぶのには超難航した。

このじゃがいものおやつランキングは氷山のほんの一角。

おっさん女子的には「チーズ系おやつランキング」「ごはんのおとも系」などもあるので、機会があったら発表したいっす。


北海道、超美味しい!








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1027views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
231views まとめ記事

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル