MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
北海道スープカレー Suage 渋谷店(カレー/渋谷)|北海道で大人気のスープカレー専門店は連日行列ができる!

北海道スープカレー Suage 渋谷店(カレー/渋谷)|北海道で大人気のスープカレー専門店は連日行列ができる!

今人気のカレーといえば、大阪発のスパイスカレー。しかし、北海道ではスープカレーが根強い人気を誇っている。

北海道スープカレー Suage 渋谷店(最寄駅:渋谷駅)

2種類のスープで人気! 札幌のスープカレーが満を持して東京進出

札幌では約300の専門店が軒を連ね、中でも盛況なのが『Suage』だ。札幌本店は11時の開店前から列をなし、週末は常に満席状態が続く。客は道外のみならず、外国人も多いという。それを見越してか、五輪に向けて渋谷に出店したという。
 スープカレーは2種類のスープから選択。ひとつはオリジナルのミックススパイスを使ったSuageスープ。もうひとつは各店で異なるスープを出し、渋谷では本店と同じイカスミスープを提供。本店で作ったペーストを直送し、同じ味が楽しめる。
 日本でのブーム再燃どころか、世界的ブレイクもあるかもしれない。

パリパリ知床どりと野菜カレー
1300円、イカスミスープ
+150円

8種類あるスープカレーで1番人気を誇る。具材は7種の野菜にゆで卵、知床どりのモモ肉と盛りだくさん。鶏肉は炭火で焼いて皮目をパリッ。噛めばジューシーな肉汁がじゅわっと染み出す。コクと旨みのあるマイルドなイカスミスープとの相性は抜群だ

生ラム炭焼きカレー
1300円 (Suageスープ)

クセの少ない北海道産生ラムが7~8切れ入ってボリューム満点。他の具材も極力道産にこだわる。野菜は注文を受けてから素揚げするため、噛みしめると甘みをダイレクトに感じられる。こちらはSuageスープで辛さを堪能しつつ食べたい

自家製ベリーラッシー(左)、自家製プレーンラッシー(中)、ガラナ(右)

400円、300円、350円(ランチは150円)

ドリンクでは、本店で愛される自家製ラッシーに注目。辛くなった口内をさっぱりとさせてくれる。ラ・フランス味も。他にも、ガラナやサッポロクラシック(缶ビール)といった北海道名物も用意。現地気分を味わいたいならこちらもぜひどうぞ

北海道スープカレー Suage 渋谷店の店舗情報

[住所]東京都渋谷区渋谷2-22-11 渋谷フランセ奥野ビル地下1階 [TEL]03-6803-8270 [営業時間]11時~23時(22時LO)※ランチは~15時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]地下鉄副都心線ほか渋谷駅15番出口から徒歩1分


電話番号 03-6803-8270

撮影/小島 昇 取材/戎 誠輝(編集部)

2019年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
現地感満載の内装やスパイシーな香り。入った途端、異空間の広がる本格的なスリランカ料理店。
カレーは「ポークキーマ」、「チキン」、「エビ」の3種類。メニューは1~3種のカレーが選べる「スリランカカレープレート」(1100円~)、今月のカレーと豆カレーなどが付く「鳩ノ森カレー」(1000円)がある。
ママの出身地大分の料理と、美味しいカレーを食べられる店なのです。カレーはもともと昼の人気メニューで、辞めちゃった人からママが受け継いだ味だとか。
骨付きスペアリブに、ごろっと大きな根菜類、スープの中には自家製豆腐も浮かんでいる。専門店が放つインパクト抜群の豚汁だ。
埼玉屈指のカレーの名店『negombo
33』@西所沢が、高円寺に姉妹店を開店。本店は営業時間が11時半~15時だが、こちらは21時まで営業。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt