MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
京都穴場グルメ_ラジオDJが経営するソウルミュージックバー「P-FUNK」で、祇園の夜を彩るカクテルとアレンジ焼きそばを食す/大阪ローカル穴場メシ情報[84]

京都穴場グルメ_ラジオDJが経営するソウルミュージックバー「P-FUNK」で、祇園の夜を彩るカクテルとアレンジ焼きそばを食す/大阪ローカル穴場メシ情報[84]

ソウルミュージックバー「P-FUNK」のオーナー渡邉玲さんは、バーテンダーという顔以外にもこの町祇園では別の顔でも有名だ。 ダンサーという顔のほかに、ラジオDJやクラブディスコのイベントの司会など、その顔は多岐にわたる。 ムーディーな店内はソウルミュージックでフィーバー、ファンクな夜がやって来るのだ!

ラジオDJが経営するソウルミュージックバー「P-FUNK」で、祇園の夜を彩るカクテルとアレンジ焼きそばを食す


バーテンダーという顔以外にもこの町祇園では別の顔でも有名だ。

ソウルミュージックバー「P-FUNK」のオーナー渡邉玲さん(62)は、ダンサーという顔のほかにも、ラジオDJやクラブディスコのイベントの司会など、その顔は多岐にわたる。

ちなみに、『とんねるずのみなさんのおかげです。』で人気コーナーだった、ソウルとんねるずの第1回関西チャンピオンが渡邉さんだ。


「ネットラジオ『FUNKY AKIRAのSOUL, SOUL, SOUL』を2017年4月からやっています。
このお店でもソウルミュージックを中心に音楽を聴きながら……祇園の夜を楽しんで貰おうと。
レコードが2000枚、CDも1000枚あります」

まずは、オリジナルカクテル「セックスマシーン」(1000円)から。

もちろん、巨匠JBの名曲から生まれたカクテルだ。


ちなみに同店はチャージ1000円。

ドリンクは1000円~。

ウオッカベースにグリーンバナナとホワイトキャラソーを加えてシェイカー。

ここぞ、という時に注文したいお洒落ドリンクである。

実に口当たりが良くてそれでいて甘い。


「めちゃくちゃ美味いんで、ぜひ食べてもらいたい一品があるんです」というのは友人の常連客。

絶品すぎる食事とは、なんと乾麺の焼きそばをアレンジした「オリジナル焼きそば」(1000円)だ。


湯切りも本来の生麺、同様。

湯切りをしっかり。

それからフライパンで味付け。

「こうするとまったく味が変わってくるんです」

隠し味にカレー粉やおたふくソースなど、マル秘調味料も……。

美味な仕上がりになって、ホンマに驚きやわ~。


合わしたカクテルは「ソウルCC」(1000円)。

こちらもオリジナルカクテルでヨーグルトリキュールとレモンリキュールに加えて、ジンジャーエールとパイナップルジュースが入っている。


こちらもセックスマシーンと同じく、何杯でも飲めてしまう。

祇園で長年お店を続けるには理由があるのだ。


あっと驚く著名人の来店もある。

薄暗いムーディーな店内に、昔話に花を咲かせてフィーバー。

今宵もファンクな夜がやって来る……。


ソウルミュージックバー P-FUNK
[住所]京都市東山区弁才天町8-1 祇園一番館ビル3階
[TEL]075-531-8499
[営業時間]20:00~4:00
[定休日]日曜








加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。


このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
京都は祇園といえば敷居が高いと思われる人も多いだろう。 「MagicTable」は祇園でオープンして23年の老舗マジックバー。 オーナーの喜多充さんは、この世界では知らない人がいない有名人。 普段は一見お断りだが、このサイトを見た人なら今回は特別に入店可となった……。
京都は西大路。この地に日本酒専門店があるのをご存じか。 その店とは、国道171号線に面する酒場「まさよし」。 このお店、幅広い人脈やツテがないと入手できない銘酒が各種そろっているのだ……。 このお店を知らずして京都グルメを語ることなかれ。
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かオープン初日、もしくは翌日だったはずだ……。
労働者の町・萩之茶屋で、女手一つで切り盛り。 朝8時営業で、最近は外国人観光客が少しずつ増えているというのが、今回紹介する大衆酒場「あーる&あーる」。 外国人の方々が絶賛する「トンテキ」は、刻みニンニクたっぷりの料理だ。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt