MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
撮り鉄の「食」の思い出(76)大歩危・小歩危で歩危マート・岩豆腐編/2008年~2020年

撮り鉄の「食」の思い出(76)大歩危・小歩危で歩危マート・岩豆腐編/2008年~2020年

徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。

大歩危・小歩危で歩危マート・岩豆腐編/2008年~2020年


前回は大歩危のぼけ揚げ編でした。

今回は、同じお店の岩豆腐を使って、硬くて濃厚な豆腐料理をいろいろ楽しみました。

土讃線の小歩危駅と大歩危駅の間には、吉野川を渡る第2吉野川橋梁があり、渓谷と鉄橋の取り合わせで美しい鉄道風景になっています。

冬には黒くなった山々に橋梁と列車が浮かび、新緑の季節にはきらきらと輝く木々の間を走ります。

とにかくお気に入りの撮影地で、四国撮影に行ったときには季節にかかわらず、何度も通ってしまいます。


列車の先頭から見た第2吉野川橋梁(2010年撮影)

冬の橋梁、列車が午後の光に浮かび上がる(2006年撮影)

新緑の橋梁、淡い緑が美しい(2017年撮影)


大歩危・小歩危橋観光の基点は大歩危駅。

すべての特急列車が停車します。

駅舎も古民家風です。

ホームのすぐ横は渓谷になっていて、駅近くの橋から撮影するとなかなか良い感じに写ります。


大歩危駅は古民家風の駅舎(2017年撮影)

駅のすぐ横には渓谷、ホームから歩ける散策路もある(2017年撮影)

春には桜並木が美しい(2015年撮影)


大歩危駅のホームには、ちょっと変わったモニュメントがあります。

つり橋です。

これは祖谷峡(いやきょう)を代表する風景、「祖谷のかずら橋」を模しています。

平家の落人が追ってから逃れるために作ったといわれ、現在でもカズラのつるで編まれています。

さすがに現代ではワイヤーも入っているのですが、渡ってみると、これがなかなか……。

足元のすけ具合といい、ギシギシと揺れる感じといい、けっこうなスリルです。

かずら橋へは、大歩危駅前からのバスで行くこともできます。

大歩危駅ホームにある
祖谷かずら橋のモニュメント(2016年撮影)

祖谷かずら橋。
渡ればなかなかのスリル(2006年撮影)


大歩危駅前といえば、前回のぼけ揚げでも出てきた歩危マートです。

1号店は売店で、2号店は食堂。

このあたりで撮影しているときの昼食は、だいたいこのお店です。

駅前の歩危マート1号店は
売店(2020年撮影)

2号店は食堂(2020年撮影)


前回は祖谷そばと雲海汁をご紹介しましたが、オススメはまだあります。

ひとつは、素朴な地元料理のぼけ祖谷汁。

大昔のこの地方のお雑煮をアレンジしたものだそうで、歩危マートでレシピを公開してくれています。


[ぼけ祖谷汁の作り方]

・ぼけ揚げを大きめに切ってこんがり焼く

・シイタケを水に入れて炊き、揚げを加える

・旬の野菜を適当に入れる

・こんにゃく、豆腐を薄めに大きく切って入れる

・味はごく薄いしょう油味


出汁は、ぼけ揚げだけなのに深みがあってやさしい味です。

食べるときにそば粉を振り入れると、さらに濃厚になって温まる料理です。

食べ進めるなか、地元でとれた柚子果汁をかければ、今度はすっきりとした味わいも楽しめます。

歩危マート名物の祖谷ぼけ汁(2020年撮影)

そば粉をふりかけていただく(2020年撮影)

柚子果汁をかければすっきりとした味わいに。
柚子果汁は売店でも購入可。(2020年撮影)

ここからは、岩豆腐を使った車中料理に挑戦!


ほっこりとした祖谷ぼけ汁の中でも気になったのが、きゅっと締まった豆腐です。

この豆腐かなり固めの岩豆腐で、歩危マートの1号店で売っています。

値段は1本600円、かなりの大きさです。

半分や、1/4本でも売っています。

まる1本買っても、2人ではとても食べきれないと思っていたのですが、水を変えながら保存すればしばらく持つとの話だったので、1本購入です。

いざ塊で手にしてみると想像以上の硬さで、ずしっと重さを感じます。

この大きさなのに、上側を持っても崩れずにラクに持ち上がるほどで、包丁を入れても、豆腐とは思えない抵抗感です。

岩豆腐1本。
下は(皿ではなく)お盆で、
かなりの大きさ(2020年撮影)

この大きさと味を考えると、
びっくりするくらい安い(2020年撮影)


この日の夜から、3日に渡って豆腐料理です。

初日は、やや薄めに切った豆腐。

冷ややっこ、というより豆腐の刺身といった感じです。

そのままでも大豆の味が濃くて、実にいい!

硬さは沖縄の島豆腐のようですが、島豆腐のように塩味がなくてシンプルなおいしさです。

醤油をつけたり、柚子果汁をつけたり、いろいろと楽しめました。


初日は生でいただく(2020年撮影)


2日目は豆腐のステーキです。

やや厚めに切って、表面に少し焦げ目がつくくらい焼いて、酒と醤油、少しの砂糖でさらに焼きます。

濃いめの味付けをしても、豆腐の味は負けません。

固めの食感が、実に良いです。

醤油ベースの味付けで豆腐ステーキ完成(2020年撮影)


3日目は長めに切った豆腐をフライパンで焼いて串に差し、田楽味噌をかけて豆腐田楽にしました。

木の芽をあしらいたいところですけど、まだ季節が早くて購入できませんでしたが、お味は十分です。

まだまだ料理のアレンジは考えられそうなので、近く取り寄せてみようかと思っています。

長めに切った豆腐を焼く(2020年撮影)

串にさして田楽味噌をかけて豆腐田楽完成(2020年撮影)

撮影旅からの帰宅後、歩危マートで購入したそば米料理にトライ!



歩危マートを後にして約1週間後。

自宅に帰ってから、お土産に購入してきたそば米を料理してみました。


お土産に買ったそば米(2020年撮影)


だいたい裏面にある説明通りで、冷蔵庫の中を見ながら適当にアレンジです。

たっぷりのお湯で
やわらかくなるまで茹でる(2020年撮影)

茹で上げると
本当にお米のようになる(2020年撮影)

根菜などの具を
昆布とカツオの出汁で煮て、
そば米を投入(2020年)

ひと煮立ちさせて器にもれば、そば米ぞうすい完成(2020年)

さらっとして、
いくらでも食べられる(2020年撮影)


このそば米ぞうすいも、素朴な味わいです。

大歩危・小歩危の風景と祖谷の素朴な味わい。


何度でも行きたくなる四国中央部の旅でした。







佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
近年、富山観光がクローズアップされたのは、なんといっても2015年の北陸新幹線金沢延伸のとき。東京駅から富山駅までは、最速2時間8分。  ということで今回は、東京から身近になった富山県の昆布締めのお話です。 「富山の人は、魚でも野菜でも、なんでも昆布締めにするから」というお話しをもとに、いろいろ調べてみました……。
初夏が近づいてくると行きたくなるのが富山県の鉄道です。 地元では「地鉄(ちてつ)」と呼ばれている富山地方鉄道。 沿線の風景も美しくて、平野を走る区間では立山連峰を眺めて走り、山に分け入れば渓谷も見ることができる観光鉄道でもあります……。
土讃線は香川県の多度津駅から徳島県西部を経由して高知県の窪川駅を結ぶ路線。 このなかでも難所になっているのが徳島県の吉野川に沿う山間部で、特に険しく景勝地として知られているのが大歩危・小歩危(おおぼけ、こぼけ)です。 この区間では1997年から2017年までの20年間、風景を楽しむトロッコ列車が走っていました……。
撮影に出かけられない今、北海道の根室線沿線にある羊牧場から譲っていただいた羊肉を、たっぷり時間をかけて料理しました。その第2弾、羊メニューが満載です!
今回は車中食ではなく、家中食。 撮影に出かけられない2020年の初夏、北海道根室本線沿線にある白糠の羊牧場から羊肉を譲っていただき、たっぷりと時間をかけて趣味の料理を心行くまで堪能しました。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt