MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(76)大歩危・小歩危で歩危マート・岩豆腐編/2008年~2020年

撮り鉄の「食」の思い出(76)大歩危・小歩危で歩危マート・岩豆腐編/2008年~2020年

徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(76)大歩危・小歩危で歩危マート・岩豆腐編/2008年~2020年の画像をチェック! navigate_next

大歩危・小歩危で歩危マート・岩豆腐編/2008年~2020年


前回は大歩危のぼけ揚げ編でした。

今回は、同じお店の岩豆腐を使って、硬くて濃厚な豆腐料理をいろいろ楽しみました。

土讃線の小歩危駅と大歩危駅の間には、吉野川を渡る第2吉野川橋梁があり、渓谷と鉄橋の取り合わせで美しい鉄道風景になっています。

冬には黒くなった山々に橋梁と列車が浮かび、新緑の季節にはきらきらと輝く木々の間を走ります。

とにかくお気に入りの撮影地で、四国撮影に行ったときには季節にかかわらず、何度も通ってしまいます。


列車の先頭から見た第2吉野川橋梁(2010年撮影)

冬の橋梁、列車が午後の光に浮かび上がる(2006年撮影)

新緑の橋梁、淡い緑が美しい(2017年撮影)


大歩危・小歩危橋観光の基点は大歩危駅。

すべての特急列車が停車します。

駅舎も古民家風です。

ホームのすぐ横は渓谷になっていて、駅近くの橋から撮影するとなかなか良い感じに写ります。


大歩危駅は古民家風の駅舎(2017年撮影)

駅のすぐ横には渓谷、ホームから歩ける散策路もある(2017年撮影)

春には桜並木が美しい(2015年撮影)


大歩危駅のホームには、ちょっと変わったモニュメントがあります。

つり橋です。

これは祖谷峡(いやきょう)を代表する風景、「祖谷のかずら橋」を模しています。

平家の落人が追ってから逃れるために作ったといわれ、現在でもカズラのつるで編まれています。

さすがに現代ではワイヤーも入っているのですが、渡ってみると、これがなかなか……。

足元のすけ具合といい、ギシギシと揺れる感じといい、けっこうなスリルです。

かずら橋へは、大歩危駅前からのバスで行くこともできます。

大歩危駅ホームにある
祖谷かずら橋のモニュメント(2016年撮影)

祖谷かずら橋。
渡ればなかなかのスリル(2006年撮影)


大歩危駅前といえば、前回のぼけ揚げでも出てきた歩危マートです。

1号店は売店で、2号店は食堂。

このあたりで撮影しているときの昼食は、だいたいこのお店です。

駅前の歩危マート1号店は
売店(2020年撮影)

2号店は食堂(2020年撮影)


前回は祖谷そばと雲海汁をご紹介しましたが、オススメはまだあります。

ひとつは、素朴な地元料理のぼけ祖谷汁。

大昔のこの地方のお雑煮をアレンジしたものだそうで、歩危マートでレシピを公開してくれています。


[ぼけ祖谷汁の作り方]

・ぼけ揚げを大きめに切ってこんがり焼く

・シイタケを水に入れて炊き、揚げを加える

・旬の野菜を適当に入れる

・こんにゃく、豆腐を薄めに大きく切って入れる

・味はごく薄いしょう油味


出汁は、ぼけ揚げだけなのに深みがあってやさしい味です。

食べるときにそば粉を振り入れると、さらに濃厚になって温まる料理です。

食べ進めるなか、地元でとれた柚子果汁をかければ、今度はすっきりとした味わいも楽しめます。

歩危マート名物の祖谷ぼけ汁(2020年撮影)

そば粉をふりかけていただく(2020年撮影)

柚子果汁をかければすっきりとした味わいに。
柚子果汁は売店でも購入可。(2020年撮影)

ここからは、岩豆腐を使った車中料理に挑戦!


ほっこりとした祖谷ぼけ汁の中でも気になったのが、きゅっと締まった豆腐です。

この豆腐かなり固めの岩豆腐で、歩危マートの1号店で売っています。

値段は1本600円、かなりの大きさです。

半分や、1/4本でも売っています。

まる1本買っても、2人ではとても食べきれないと思っていたのですが、水を変えながら保存すればしばらく持つとの話だったので、1本購入です。

いざ塊で手にしてみると想像以上の硬さで、ずしっと重さを感じます。

この大きさなのに、上側を持っても崩れずにラクに持ち上がるほどで、包丁を入れても、豆腐とは思えない抵抗感です。

岩豆腐1本。
下は(皿ではなく)お盆で、
かなりの大きさ(2020年撮影)

この大きさと味を考えると、
びっくりするくらい安い(2020年撮影)


この日の夜から、3日に渡って豆腐料理です。

初日は、やや薄めに切った豆腐。

冷ややっこ、というより豆腐の刺身といった感じです。

そのままでも大豆の味が濃くて、実にいい!

硬さは沖縄の島豆腐のようですが、島豆腐のように塩味がなくてシンプルなおいしさです。

醤油をつけたり、柚子果汁をつけたり、いろいろと楽しめました。


初日は生でいただく(2020年撮影)


2日目は豆腐のステーキです。

やや厚めに切って、表面に少し焦げ目がつくくらい焼いて、酒と醤油、少しの砂糖でさらに焼きます。

濃いめの味付けをしても、豆腐の味は負けません。

固めの食感が、実に良いです。

醤油ベースの味付けで豆腐ステーキ完成(2020年撮影)


3日目は長めに切った豆腐をフライパンで焼いて串に差し、田楽味噌をかけて豆腐田楽にしました。

木の芽をあしらいたいところですけど、まだ季節が早くて購入できませんでしたが、お味は十分です。

まだまだ料理のアレンジは考えられそうなので、近く取り寄せてみようかと思っています。

長めに切った豆腐を焼く(2020年撮影)

串にさして田楽味噌をかけて豆腐田楽完成(2020年撮影)

撮影旅からの帰宅後、歩危マートで購入したそば米料理にトライ!



歩危マートを後にして約1週間後。

自宅に帰ってから、お土産に購入してきたそば米を料理してみました。


お土産に買ったそば米(2020年撮影)


だいたい裏面にある説明通りで、冷蔵庫の中を見ながら適当にアレンジです。

たっぷりのお湯で
やわらかくなるまで茹でる(2020年撮影)

茹で上げると
本当にお米のようになる(2020年撮影)

根菜などの具を
昆布とカツオの出汁で煮て、
そば米を投入(2020年)

ひと煮立ちさせて器にもれば、そば米ぞうすい完成(2020年)

さらっとして、
いくらでも食べられる(2020年撮影)


このそば米ぞうすいも、素朴な味わいです。

大歩危・小歩危の風景と祖谷の素朴な味わい。


何度でも行きたくなる四国中央部の旅でした。







佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル