MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
久遠の空(焼肉・ホルモン・鉄板焼き(その他)/中野)|オシャレ串焼き&ホルモン洋食の隠れ家的レストラン♪

久遠の空(焼肉・ホルモン・鉄板焼き(その他)/中野)|オシャレ串焼き&ホルモン洋食の隠れ家的レストラン♪

ホルモンの旅、最後はフルコースで豚モツを味わってもらおう。カウンターの中には、本日仕入れた豚一頭の内臓がバットにのって大迫力。

perm_media 《画像ギャラリー》久遠の空(焼肉・ホルモン・鉄板焼き(その他)/中野)|オシャレ串焼き&ホルモン洋食の隠れ家的レストラン♪の画像をチェック! navigate_next

久遠の空(最寄駅:中野駅)

豚の内臓1頭丸ごとから繰り出される皿は美味しい発見の連続!

「ただ串焼きにするだけじゃつまらないでしょ」と、様々な部位が、隊長こと遠山さんの手にかかれば、イタリアンを思わせるコース仕立てとなって登場する。コースには基本的に豚一頭の内臓を味わう醍醐味が集約されている。部位ごとの絶妙な焼き加減、いろいろなハーブやフルーツ、ブルーチーズやフォアグラバターなどとの出合い……。ワインにもよし。豚モツの新たな美味しさを発見できること間違いなしだ。

真髄フルコース(10品)
6000円

たくさんのハーブとともに軽い食感のフワ、脂に旨みのあるキクアブラの前菜からスタート。ハラミとピーナッツクリームのコクや直腸とブルーチーズの組み合わせも新鮮

食感や旨みの違う部位が様々な仕立てで続く。ハーブやフルーツ、フォアグラバターなどとの組み合わせが、それぞれの部位の楽しさを引き立てる

キョフテはスパイスが利いたウクライナ風ハンバーグ。〆は毎回違って趣向を凝らしたモツカレー。本日はマイルドでホッとする味わい ※コースのメニュー名の前にある番号は提供順です

お店からの一言

店主 遠山隆昌さん

「それぞれ食感も香りも違う内臓の楽しさをぜひ!」

久遠の空の店舗情報

[住所]東京都中野区中野3-48-14 シャトー信濃 [TEL]090-2224-0170 [営業時間]18時~22時(入店20時まで) [休日]日(不定休) [席]カウンターあり、全31席/全席禁煙/要予約/カード不可/チャージ料200円別 [交通アクセス]JR中央線ほか中野駅南口から徒歩10分


電話番号 090-2224-0170

撮影/西﨑進也 取材/池田一郎

2019年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
活気溢れるのがいい。下町の名店、亀戸ホルモン『初代吉田』から独立して2年、もはや江古田の名店と言いたい。
店があるのはとある古びた雑居ビル。しかも路面ではなく奥の方。知らなければ絶対に入れないけど、知れば通わずにはいられない。
巷で囁かれる&これまでに小誌が経験したやきとんの取材拒否店に潜入。それゆえにここではイニシャルでご勘弁。ヒントを頼りに辿り着くべし。
たまには美味しいホルモンを塩やタレ以外で食べたい、と思う人もいるはず。そんな人にぜひおすすめしたいのが、こちらの「特製スパイスホルモン」だ。
焼きも旨いが、「生盛」こと刺の4種盛りにまずシビれてしまった。見た瞬間新鮮さが伝わるきれ~なビジュアルで、皿の上には上質な牛タン、甘みさえ感じるハツ、肉厚で貝柱みたいな食感のセンマイ、いい塩梅の脂が口で溶けるほっぺた。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル