MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
串焼専門店 山鶏(串揚げ・串焼き/上野)鮮度抜群の様々な地鶏を炭火串焼きで愉しめるお店!

串焼専門店 山鶏(串揚げ・串焼き/上野)鮮度抜群の様々な地鶏を炭火串焼きで愉しめるお店!

大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。

perm_media 《画像ギャラリー》串焼専門店 山鶏(串揚げ・串焼き/上野)鮮度抜群の様々な地鶏を炭火串焼きで愉しめるお店!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

串焼専門店 山鶏(最寄駅:上野駅)

鮮度と品質を重視した地鶏が絶品の炭火串焼き

希少ゆえ提供する部位は日替わり。しかも売り切れ御免だが、あればぜひ注文してほしいのがハツ。備長炭で焼かれたそれはむっちりとした噛み心地で感涙ものだ。真田丸に限定せず、日によって名古屋コーチンのセセリ、川俣シャモの砂肝など種類と部位が多彩に揃うのも魅力。特に人気の白レバーはとろける食感に身悶えるはず。


串焼 手前から真田丸もも、大山鶏白レバー、真田丸ボンジリ、真田丸ハート(ハツ)、自家製つくね
390円、320円、350円、320円、250円

長野の地鶏「真田丸」は通常より長い、120日以上かけて飼育されたもので、歯応えがあり旨みが濃厚。定番で届く部位はもも肉だが、日によってボンジリなども。ほかの鶏肉は鮮度と質を重視して仕入れる

とりわさ
680円

湯引きしたササミのとりわさは柔らかく淡白な旨み

地鶏のユッケ
680円

同じくササミの湯引きを醤油ベースのタレで和えてユッケに。卵黄を絡めるとまろやかな味わいに

お店からの一言

店長 永濱圭亮さん

「焼鳥のほか仙台牛や海鮮など食材にこだわる料理を揃えています」

串焼専門店 山鶏の店舗情報

[住所]東京都文京区湯島3-38-10 ハニービル3階 [TEL]03-6803-0290 [営業時間]17時~翌3時(翌2時LO)、土・日・祝17時~24時(23時LO) [休日]不定休 [席]カウンターあり、全28席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代390円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅2番・4番出口から徒歩2分


電話番号 03-6803-0290

撮影/西﨑進也 取材/肥田木奈々

2019年10月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
L字形の重厚な一枚板カウンターに、棚に並ぶグラスが暗闇の中で浮かび上がるような照明。2019年8月14日に開店したこの店では、そんなドラマチックな空間の中で焼鳥コースを楽しめる。
「カレー味のもつ煮」が看板メニューのひとつ。ごく最近発案された変化球系煮込みなのかと思いきや、歴史は3代前まで遡る。
ストップをかけるまでお任せで供される串揚げは、全種類180円とリーズナブル。定番の肉や魚介、野菜類のほか、「ハマグリ」や「生湯葉」といった独創的なメニュー、月ごとの旬のものなど約40の食材が並び、あれこれ食べたくなるはず。
開店14年を迎える焼きとん屋。昔は立ち飲みだったが10周年を機に席が設けられ、座って食事できるようになった。
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル