MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋・栄4丁目、通称“女子大小路”のオススメ店! 『膳処 桂川』のおまかせコース/名古屋エリア限定情報(109)

名古屋・栄4丁目、通称“女子大小路”のオススメ店! 『膳処 桂川』のおまかせコース/名古屋エリア限定情報(109)

名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。

名古屋・栄4丁目、通称“女子大小路”のオススメ店! 『膳処 桂川』のおまかせコース


名古屋最大の繁華街といえば、栄。

飲食店が集中しているのは、錦3丁目、通称“錦”と栄3丁目、通称“住吉”。

この2つのエリアにある店がよくメディアで紹介される。

しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。


それが今回紹介する『膳処 桂川』である。

場所は、栄4丁目、通称“女子大小路”。

北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせた。


「居酒屋はメニューがほとんど変わらないじゃないですか。
もともと、割烹料理店で修業していたので、季節の食材を使った料理を作りたかったですし、お客さんに楽しんでもうらおうと思いまして」と、桂川さん。



アラカルトも用意しているが、客の大半は「おまかせコース」を注文するという。

用意しているのは、5800円と7800円、9800円の3種類で、いずれも税別・サなし。

価格ごとに、品数と料理に使う食材がグレードアップする。


今回は、5800円の「おまかせコース」を紹介しよう。

まず、出されるのは口取り。

この日は、自家製からすみと自家製塩辛、蕗と新筍の含め煮、北海タコの吸盤ポン酢、アスパラの白和えの5品。

どれも素材の旨みを引き出した素朴な味わい。


次は、茶碗蒸し。

自家製のからすみが入った贅沢な一品。

からすみの塩加減とだしの旨み、トロトロの食感が相まって旨い。

だしは、かつおのほかにムロアジやさば節を使い、コクを出しているとか。



次は、お造り。

内容は日替わりで、この日は北海タコと本マグロ中トロ、天然真鯛昆布締め、天然鰤。

もう、見るからに新鮮で美味しそう。

養殖ものや冷凍ものは一切使っておらず、お造りを楽しみに来る客も多いという。


こちらは、焼き物。

この日は北海道産のきんきの干物。

ちなみに干物も自家製。

皮目をパリッと焼き上げた干物は身がしまっていて、旨みも凝縮されている。

辛口の日本酒に合わせたい。


食事として出されるご飯は、アサリや鯛、山菜など季節の食材を使った炊き込みご飯。

この日は、新筍とともに炊き上げた筍ご飯。

ホクホクとした食感と香りがたまらない。

しじみ汁と香の物も付く。

また、コースの最後には水物も出る。

この日はプリン。


コロナ禍で大人数での会食ができない今、大切な人や気の合う仲間とともに訪れてみてはいかがだろう。

膳処 桂川
[住所]名古屋市中区栄4-12-1 栄グリーンビル3階
[TEL]052-684-9744
[営業時間]18:00~23:00
[定休日]日曜
[交通]地下鉄東山線ほか栄駅12番出口から徒歩4分







永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
4、5年前、全国的にブームとなった牛かつ。 それまで名古屋では牛かつを食べる文化はなかったが、数多くの専門店が出店し、ブームの終焉とともに消えていった……。 そんななか、今でも多くの客に支持されている店がある。 それが、名古屋・桜山にある『牛かつ とんかつ じょじょ吉』だ。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt