MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋・栄4丁目、通称“女子大小路”のオススメ店! 『膳処 桂川』のおまかせコース/名古屋エリア限定情報(109)

名古屋・栄4丁目、通称“女子大小路”のオススメ店! 『膳処 桂川』のおまかせコース/名古屋エリア限定情報(109)

名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋・栄4丁目、通称“女子大小路”のオススメ店! 『膳処 桂川』のおまかせコース/名古屋エリア限定情報(109)の画像をチェック! navigate_next

名古屋・栄4丁目、通称“女子大小路”のオススメ店! 『膳処 桂川』のおまかせコース


名古屋最大の繁華街といえば、栄。

飲食店が集中しているのは、錦3丁目、通称“錦”と栄3丁目、通称“住吉”。

この2つのエリアにある店がよくメディアで紹介される。

しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。


それが今回紹介する『膳処 桂川』である。

場所は、栄4丁目、通称“女子大小路”。

北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせた。


「居酒屋はメニューがほとんど変わらないじゃないですか。
もともと、割烹料理店で修業していたので、季節の食材を使った料理を作りたかったですし、お客さんに楽しんでもうらおうと思いまして」と、桂川さん。



アラカルトも用意しているが、客の大半は「おまかせコース」を注文するという。

用意しているのは、5800円と7800円、9800円の3種類で、いずれも税別・サなし。

価格ごとに、品数と料理に使う食材がグレードアップする。


今回は、5800円の「おまかせコース」を紹介しよう。

まず、出されるのは口取り。

この日は、自家製からすみと自家製塩辛、蕗と新筍の含め煮、北海タコの吸盤ポン酢、アスパラの白和えの5品。

どれも素材の旨みを引き出した素朴な味わい。


次は、茶碗蒸し。

自家製のからすみが入った贅沢な一品。

からすみの塩加減とだしの旨み、トロトロの食感が相まって旨い。

だしは、かつおのほかにムロアジやさば節を使い、コクを出しているとか。



次は、お造り。

内容は日替わりで、この日は北海タコと本マグロ中トロ、天然真鯛昆布締め、天然鰤。

もう、見るからに新鮮で美味しそう。

養殖ものや冷凍ものは一切使っておらず、お造りを楽しみに来る客も多いという。


こちらは、焼き物。

この日は北海道産のきんきの干物。

ちなみに干物も自家製。

皮目をパリッと焼き上げた干物は身がしまっていて、旨みも凝縮されている。

辛口の日本酒に合わせたい。


食事として出されるご飯は、アサリや鯛、山菜など季節の食材を使った炊き込みご飯。

この日は、新筍とともに炊き上げた筍ご飯。

ホクホクとした食感と香りがたまらない。

しじみ汁と香の物も付く。

また、コースの最後には水物も出る。

この日はプリン。


コロナ禍で大人数での会食ができない今、大切な人や気の合う仲間とともに訪れてみてはいかがだろう。

膳処 桂川
[住所]名古屋市中区栄4-12-1 栄グリーンビル3階
[TEL]052-684-9744
[営業時間]18:00~23:00
[定休日]日曜
[交通]地下鉄東山線ほか栄駅12番出口から徒歩4分







永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@おとなの週末

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル