MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
酒・肴 赤津庄兵衛(居酒屋/荻窪)|駅近!季節の恵みを約30種の酒と共に存分に堪能できる大人の隠れ家♪

酒・肴 赤津庄兵衛(居酒屋/荻窪)|駅近!季節の恵みを約30種の酒と共に存分に堪能できる大人の隠れ家♪

店主・赤津敬佳さんが謳うのは「お酒に底上げされる料理」。2017年のオープン時、日本酒の軸として決めた1本が「丹澤山」。

酒・肴 赤津庄兵衛(最寄駅:荻窪駅)

料理と酒との出合いに身をゆだねる

「ダシとの相性が抜群にいい」と赤津さん。お椀とともにいただけば味わいがふくらみ、なるほど「底上げ」とはこういうことかと実感。刺身に合わせるポン酢醤油、ニンニク醤油まで自家製と手抜きはない。
  酒は約30種から料理に合う温度で出してくれるので、おまかせもよし。料理と酒の、めくるめく世界に身を委ねたい。

刺盛り、前菜3種盛り(小)
2000円、480円

天然カンパチ、自家製いくら漬け、カワハギ(自家製ポン酢と肝と)、ほんのり火入れしたホッキ貝、クジラの希少部位「潮吹き」と充実の盛り合わせ

つるもちの水餃子(3ケ)
360円

皮から作る水餃子。正統派和食以外のこんな変化球も楽しい

A5黒毛和牛と松茸と冬瓜の椀物、丹澤山 麗峰
1200円、950円(1合)

お椀のダシと「丹澤山」の出合いを満喫

川口納豆
1000円(1合)

赤津さん曰く「魅惑の秋酒」。酸と旨みの調和が素晴らしく、飲み終えたあとにゆったりと流れる余韻が素敵

お店からの一言

店主 赤津敬佳さん


「冷やもお燗も、
日本酒の楽しさを一緒に見つけましょう!」

酒・肴 赤津庄兵衛の店舗情報

[住所]東京都杉並区天沼3-11-3 モアビル102  [TEL]03-6383-6544 [営業時間]17時~23時半(LO)、日・祝は16時~ [休日]水、第3火 [席]カウンターあり、全14席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、席代300円別 [交通アクセス]JR中央線ほか荻窪駅北口から徒歩5分


電話番号 03-6383-6544

撮影/貝塚 隆 取材/本郷明美

2019年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
2016年12月にオープンしたこの店は、福井県の旨いものが満載。気になるメニューは数あれど、絶対に外せないのが「浜焼き鯖」。使用するのは30㎝以上のマサバ。
スナック感漂う扉に一瞬ひるむ……かもしれない。だが入ってみれば大大大正解。
渋谷にあるスタイリッシュな『トランクホテル』。その軒先にあるのが大衆的な居酒屋という、ギャップが面白い。
「旅をするように日本酒を楽しんでほしい」と店主の橋野元樹さん。橋野さんと料理長小林直矢さんが日本各地を旅し、蔵元を訪ね、3カ月ごとに「特集」を組む、なんとも愉快な酒場だ。
駅からほど近くの路地裏に建つ風情漂う一軒家。純和風の空間で、落ち着いて鶏料理が食べられる大人の店だ。
スパイシーなんだけどそれだけじゃない。エビならエビ、マトンキーマならマトンの風味がしっかり広がり、サクサクとスプーンが進む。
極太で真っ黒な見た目がインパクト大! 北海道で最も人口が少ない街、音威子府村で今からおよそ90年も前から親しまれてきた、なんとも荒々しい風情の蕎麦だ。
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
江戸時代から同じ場所で五代続く店のばらちらし。醤油をささずにすみ、時間が経ってもしっとり酢の頃合いがよいままなので、かつて料亭や置屋があった頃から芸者や商いのお客に好まれたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル