MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
寿司バル弁慶 神田店(寿司/神田)|駅近☆ネタ良し酒良し値段良し!お昼はお得なランチ、夜はバルで一杯♪

寿司バル弁慶 神田店(寿司/神田)|駅近☆ネタ良し酒良し値段良し!お昼はお得なランチ、夜はバルで一杯♪

神田の駅前に位置し、店構えはカジュアルだが、寿司は新潟県・佐渡島から毎日直送される鮮魚を江戸前の仕事でしっかり仕上げる本格派。お昼はお得なランチで寿司を、夜はバルということもあって日本海の幸や新潟のお酒も楽しめる。

perm_media 《画像ギャラリー》寿司バル弁慶 神田店(寿司/神田)|駅近☆ネタ良し酒良し値段良し!お昼はお得なランチ、夜はバルで一杯♪の画像をチェック! navigate_next

寿司バル弁慶 神田店(最寄駅:神田駅)

お手軽な雰囲気の中、高品質な新潟の幸を存分に堪能

ただし、この店の魅力はそれだけにとどまらない。厳選された素材をひと手間もふた手間もかけた独創的な寿司の提供もしているのだ。例えば、たっぷりのミモレットをかけたエビの昆布〆は感動的な美味しさ! それでも、まだまだ発展途上にあるという。唯一無二の味をぜひ試してほしい。

本日の5貫セット
990円

この日はマグロ以外に佐渡・新潟の魚を提供

(昼)Bランチ(小鉢、味噌汁付き)
1200円

昼も夜も同じネタを使用し、ランチのネタは日替わりでこのボリューム

ばい貝酒蒸し、佐渡産根もずく酢、佐渡産いかの塩辛、新潟名物くじらの味噌漬け、柿の葉のおひたし
638円、528円、165円、385円、330円

新潟の魅惑的な酒肴などが揃う。クジラは皮目の濃厚な脂に甘辛い味噌の風味が加わり、お酒が進む味

大トロわら焼き、すじこのにぎり、特大赤えび昆布〆
506円、264円、242円

24ヶ月熟成したミモレット、昆布〆した赤エビの複雑な旨みが口中で広がる。塩麹に漬けて旨みを凝縮させた自家製すじこがシソの下に潜む。佐渡の藁でスモークした大トロはブラックペッパーを利かせて

のどぐろ
506円

とろけるような旨さ

お店からの一言

店長 白木 実さん

「約20種類のカップ酒はお寿司と一緒にどうぞ。佐渡島の酒蔵のものはすべて置いています」

寿司バル弁慶 神田店の店舗情報

[住所]東京都千代田区内神田3-8-10 本郷ビル1階 [TEL]03-6262-9590 [営業時間]11時~14時LO、17時~22時(21時40分LO)※金夜のみ17時~23時(22時40分LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝、不定休 [席]カウンターとハイテーブル、約28人/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩2分


電話番号 03-6262-9590

撮影/石井明和 取材/市村幸妙

2019年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル