MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
蕎麦 はやかわ(そば/上野毛)地域に根差した自家製粉のお蕎麦が絶品のお店♪

蕎麦 はやかわ(そば/上野毛)地域に根差した自家製粉のお蕎麦が絶品のお店♪

蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。

perm_media 《画像ギャラリー》蕎麦 はやかわ(そば/上野毛)地域に根差した自家製粉のお蕎麦が絶品のお店♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

蕎麦 はやかわ(最寄駅:上野毛駅)

時季ごとに厳選する蕎麦の実を自家製粉して配合

蕎麦は季節により産地を選んで丸抜きで仕入れ、それぞれの個性を見極めながら挽き方を変えて自家製粉している。例えば取材時は北海道産のキタワセ種を粗めに挽いて香りを際立たせ、レラノカオリ種は細かめにして甘みを引き出し、その2種を独自に配合。二八の滑らかなのど越しと、程よい穀物香の余韻を楽しめる味わいに仕上げている。一つひとつ真摯な仕事の原点は、何より蕎麦が好きなこと。そんな真っ直ぐな想いが端々に感じられる。

もり
720円

つるりとした食感。つゆはコクのある濃口しょうゆベースのかえしを使う

ぶっかけ蕎麦
1030円

冷たい蕎麦に天かす、辛みおろし、青ネギ、海苔をのせたもの。サクサク感と絡みやすさを考えて天かすはなるべく細かく

里芋の唐揚げ、湯葉のきのこ餡かけ
870円、980円

里芋を数時間煮含めてから揚げる唐揚げはホックリ。7種のキノコが入る餡かけは滋味深い

出し巻き玉子
720円

卵2個使用。強火で手早く焼くことでふわっと仕上げる

お店からの一言

店主 早川泰弘さん、愛子さん夫妻

「地域に根差した美味しい蕎麦屋を目指しています」

蕎麦 はやかわの店舗情報

[住所]東京都世田谷区上野毛2-7-10 1階 [TEL]03-6884-4614 [営業時間]11時半~14時半LO、17時半~22時半(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]月(月が祝の場合は営業し翌火休) [席]カウンターあり、全21席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急大井町線上野毛駅正面口から徒歩2分


電話番号 03-6884-4614

撮影/鵜澤昭彦 取材/肥田木奈々

2019年12月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
「永井荷風先生は毎日同じ時間にいらして、同じ席に座り、いつも『かしわ南ばん』を頼んで召し上がっていたそうです」と語るのは、万延元年(1860)創業の尾張屋・6代目で修業中の田中秀典さん。具は特注のごま油で炒めた鶏ムネ肉と、たっぷりのネギ。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。“ユーミン”こと松任谷由実の最終回では、名曲誕生の秘密が明かされます。そして、筆者が推すユーミンのベスト3を紹介します。
艶やかでずっしりと重たい丼は、見るからに美味しそうで食べ応えも満点。しかも短時間で味わえて、ひとりでも、グループでも楽しめて食べ勝手も抜群です。中でも、人気の親子丼、カツ丼、その他の肉の丼、海鮮丼、天丼。さらには中華店や蕎麦屋の丼まで。どどんとご紹介します! ほか、「ごはんのお供」、「味噌生活のススメ」特集もあります。
ハワイ・マウイ島から2019年7月に日本初上陸。元ミシュラン星付きレストランのシェフだったというグレン・シムキンズ氏のレシピで作られた、オーガニック&非乳製品のココナッツアイスクリームが味わえる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル