MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
亀戸・養生料理 高の(和食/亀戸)|駅近!団地に潜む大人の隠れ家♪亀戸名物の護摩蕎麦ぜひご賞味下さい☆

亀戸・養生料理 高の(和食/亀戸)|駅近!団地に潜む大人の隠れ家♪亀戸名物の護摩蕎麦ぜひご賞味下さい☆

下町、亀戸の団地の一角に、忽然と現れる「養生料理と蕎麦」の文字。知ってなきゃまず辿り着けない。店主の高野さんが、この謎めいた店を始めて7年。

perm_media 《画像ギャラリー》亀戸・養生料理 高の(和食/亀戸)|駅近!団地に潜む大人の隠れ家♪亀戸名物の護摩蕎麦ぜひご賞味下さい☆の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

亀戸・養生料理 高の(最寄駅:亀戸駅)

団地に潜む、大人の隠れ家 “養生料理”の魅力にどっぷり

料理の道で学ぶうち、ゴマや蕎麦が持つ素材の力に魅入られた。「体に良い食材を余すことなく使う。ときには“ヒジョーシキ”なやり方で。それが僕の養生料理」。例えば生ホッケはぬか漬けにして、刺身だけじゃ面白くないからと、握りも出す。「亀戸らしい庶民派の骨酒」と勧められた「ししゃも酒」や、〆の「護摩蕎麦」をたぐる頃には、あなたも高野流マジックの虜に。

青魚(ホッケ)のぬか〆刺身、ししゃも酒(熱燗)、丸丸素揚、本日のお通し(自家製豆腐と浅漬け)
380円、580円、390円

名物は骨を外した鶏モモ肉を、スープで煮て揚げる素揚げ。一品一品が驚きの連続だ

鯨赤身づけ刺、ぬか漬け
880円、380円

鯨の刺身は赤身や尾の身など5~6種類。旬野菜のぬか漬けも自慢の味

護摩蕎麦
1200円

信州名物の「投汁蕎麦」をアレンジ。手打ちの極太蕎麦は噛むほどに味わい深く、濃厚なつけ汁には護摩(ゴマ)や合鴨のモモ肉がどっさり。とろろ飯と玉子を雑炊にして〆よう

お店からの一言

店主 高野定義さん、女将 高野和美さん

「通し営業なので昼呑みOK!女性のお一人様も大歓迎です」

亀戸・養生料理 高のの店舗情報

[住所]東京都江東区亀戸2-6-1 亀戸二丁目団地108 [TEL]03-6676-9055 [営業時間]11時~22時、土10時~22時、日・祝10時~15時半 ※ランチタイム有 [休日]月(祝の場合翌火休) [席]カウンターあり、全13席/全席禁煙/4名まで予約可、未成年入店不可/カード可/サなし、お通し代100円別 [交通アクセス]JR総武線亀戸駅北口から徒歩5分 ※メニューの価格はすべて税抜きです


電話番号 03-6676-9055

撮影/西﨑進也 取材/林 匠子

2019年12月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル