SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

年末、年始は何かと神社・仏閣に足を運ぶ時期。そして参拝を終えたら、おいしい蕎麦をぜひ!胃に心に、“おいしくて大満足”というご利益ももたらしてくれます。今回は日枝神社・増上寺・大国魂神社・亀戸天神社周辺の蕎麦店をご紹介します。

【日枝神社】 @赤坂

山王さんの名で親しまれるパワースポット

創建約800年。将軍家の氏神、皇城の鎮として知られる。御祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)。近年は厄除け、商売繁盛、社運隆昌の神様としても信仰を集める。

日枝神社

[住所]東京都千代田区永田町2-10-5
[電話]03-3581-2471

『そば 沙伽藍(さがら)』 @赤坂見附

蕎麦の状態を見極め ギリギリまで攻めた粗挽きは 香りもツユの絡みも抜群

蕎麦の産地はその時々で変わるが、8月末から始まる北海道雨竜産や12月頃から始まる福井県丸岡産がメイン。店主の平川さんは農家に足を運んで栽培状況を聞き、自分好みの水分量に調整してもらうなど希望を伝えることもあるという。

かき揚天そば 1790円

『そば 沙伽藍(さがら)』かき揚天そば 1790円 ダシはパンチのある旨みと華やかな香りが共存

「石臼でざらざら感が残る粗さに挽くのですが、蕎麦の状態がわかっているとギリギリまで攻められるんです」。田舎をいただくと、しっかりと香りが立ち上がり、角が立っていてのど越しもいい。

そして、厚みのあるかき揚げはサクサクで、イカやエビはプリッとしてやわらかさもある。「蕎麦以外の料理も食材を吟味し、きちんと美味しいものを出したい」という細部にわたるこだわりが垣間見えた。

『そば 沙伽藍(さがら)』

[住所]東京都港区赤坂3-11-7 ソシアル赤坂1階
[電話]03-3589-4557
[営業時間]11時半~14時半(13時15分LO)、17時~21時45分(20時45分LO)
[休日]日(臨時休業あり)
[交通]地下鉄丸ノ内線ほか赤坂見附駅10番出口から徒歩3分
※年末は31日まで(年越し蕎麦のテイクアウトあり[要予約])、年始は4日〜

【増上寺】 @芝大門

東京タワーの眼下に立つ徳川家の菩提寺

明徳4年(1393)に創建された浄土宗の七大本山のひとつ。ご本尊は阿弥陀如来。徳川将軍代々の墓処であり、家康ゆかりの秘仏「黒本尊」を祀るため勝運を招くと言われる。

増上寺

[住所]東京都港区芝公園4-7-35
[電話]03-3432-1431

『嘉一(かいち)』 @大門

ファンの多い蕎麦の名店「本陣房」仕込みの味わいを真面目に守り続ける

東京都内に10店舗を構える蕎麦店「本陣房 本店」で20年修業し、暖簾分けで独立して20年。蕎麦の仕入れは、「本陣房」と同じ製粉業社を利用していて、北海道産を中心にその時々でおすすめの産地の蕎麦粉が届く。

一色大海老天もり 1650円

『嘉一(かいち)』一色大海老天もり 1650円 天ぷらは大振りのエビ2本に野菜付き

打つときに粉を触った手の感触で水加減を調整し、茹でるときも固さを毎回確認することは怠らない。「口にすっとなじむ歯ざわりを大切にしながら、教わったことをきちんとやるだけです。」と店主の高塚和之さんは謙遜するが、常連客が多いのはずっと変わらない真摯な仕事ぶりが伝わるからだろう。

昼限定の蕎麦が付いた1000円前後のお得なお刺身御膳や丼も人気で、近隣の会社員たちでにぎわう。

『嘉一(かいち)』

[住所]東京都港区浜松町2-1-16 
[電話]03-5777-1212
[営業時間]11時半~14時、17時~22時(21時LO)
[休日]土・日・祝
[交通]都営大江戸線大門駅A1出口から徒歩1分
※年末は31日の昼まで(年越し蕎麦のテイクアウトあり、15時頃まで[予約がベター])、年始は4日〜

次のページ
【大国魂神社】 @府中...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...