MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
石鍋豆腐チゲ専門店 チャメ(韓国料理/恵比寿)|辛・熱・旨のチゲで心も体もポッカポカ♪

石鍋豆腐チゲ専門店 チャメ(韓国料理/恵比寿)|辛・熱・旨のチゲで心も体もポッカポカ♪

どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。

perm_media 《画像ギャラリー》石鍋豆腐チゲ専門店 チャメ(韓国料理/恵比寿)|辛・熱・旨のチゲで心も体もポッカポカ♪の画像をチェック! navigate_next

石鍋豆腐チゲ専門店 チャメ(最寄駅:恵比寿駅)

甘み広がる自家製豆腐 身体の芯から温まる辛・熱・旨のチゲセット

主役となるのがゲンコツ、テール、豚足など大量の食材を煮込んだ採算度外視というスープで、多重なコクが圧倒的! さらに豆腐は北海道産大豆の豆乳に店でニガリを打った自家製で、スープに負けない風味がある。グツグツ煮えた汁と豆腐、そして1人前ずつ石鍋炊きした湯気の上がるご飯を頬張れば、旨さと刺激が舌に広がり熱さを直に胃袋まで運んでくれる。辛さはマイルドな豆乳入りから青唐辛子入りの激辛、はたまたそれ以上まで調整可。最後は鍋肌に残ったおコゲにお湯やコーン茶を注いでふやかした“ヌルンジ”を召し上がれ。素朴な味わいに思わずホッ。

ちゃめスペシャルスンドゥブ
1100円

具材は大豆の甘み豊かな自家製豆腐の他に、豚バラ、野菜、魚介類がたっぷり入っている

お店からの一言

店長 川畑博稔さん

「夜は定番の韓国料理も用意しています!」

石鍋豆腐チゲ専門店 チャメの店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿南2-1-1 大森ビル1階 [TEL]03-5724-4566 [営業時間]11時半~スープがなくなり次第終了、18時~23時(フード22時、ドリンク22時半)※ランチタイム有 [休日]お盆・年末年始 [交通アクセス]地下鉄日比谷線恵比寿駅5番出口から徒歩1分


電話番号 03-5724-4566

撮影/西㟢進也 取材/菜々山いく子

2019年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コシのある細麺と冷ややかで淡麗なるスープからなる冷麺。夏に涼を運ぶ逸品として人気だ。ここでは単品としてはもちろん、焼肉の〆としても抜群のものを紹介。冷やし中華とは違った涼しさをご堪能あれ!
韓国風のり巻き・キンパ2種類、サムギョプサルやチーズタッカルビなどの熱々料理4種類からそれぞれ1品選べて、さらにチヂミとチャプチェ付き! ひとりでも韓国料理のイイとこ取りできるセットが、昼も夜も同じ値段で楽しめる。
 従来の概念を覆す韓国料理である。宮廷料理をベースに、薬膳を用いて丁寧に作られたポッサムやプルコギ。
真っ赤なスープに丸ごとのタコが泳ぐ―。まずはそのビジュアルに、盛り上がること間違いなし。
KOREAN 水刺間(韓国料理/東京駅)「韓国料理はどこも似たりよったり」と言う人に、こちらのチゲや純豆腐をぜひ食べてもらいたい。「韓国の宮廷料理がベースなので、辛みより旨みが主役です」と、店長の野中さん。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル