MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
山城屋酒場(居酒屋/西大島)|明治30年創業の老舗居酒屋♪壁一面のお品書きは何を食べても旨い!

山城屋酒場(居酒屋/西大島)|明治30年創業の老舗居酒屋♪壁一面のお品書きは何を食べても旨い!

昭和28年からという年季の入った建物。その前は深川の酒屋で角打ちというところから数えて現在は4代目。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

山城屋酒場(最寄駅:西大島駅)

親戚んちみたいな酒場での一杯に誰もが笑顔

家族経営の、家に帰ってきたみたいな雰囲気がなんとも寛ぐ。テキパキ動く、“看板娘”晴ちゃんの笑顔がまたいい。親子4代もいるという常連も、初めての客も表情は皆にこやかだ。で、壁一面のお品書きは、これが何を食べても旨い。信頼のおける筋からの刺身は品よく旨みがのり、熱々のはんぺんバター焼きも絶妙。グラタンコロッケに、大切に受け継がれたきゅうりのぬか漬けがまた! ホッピーによし、今日の日本酒によし、愛情のこもったアテにどうにもグラスが進むのだ。

ポークソテー、ジョッキワイン
650円、400円

トマトケチャップが利いたソースに玉ネギもたっぷり。こいつを噛み締めてジョッキワインを

はんぺんバター焼き
400円

ふんわり膨らんでバターの香ばしさがある熱々を、すかさず口に含むべし。コレ、絶品!

さしみ三種、高清水
750円、390円

取材時はヒラメ、鯛、シマアジ。日本酒はほかにも数種類あり

お店からの一言

お姐さん 棒澤晴美さん

「席に着いたら飲みものはさっと出します!」

山城屋酒場の店舗情報

[住所]東京都江東区南砂1-6-8 [TEL]03-3644-8612 [営業時間]16時~23時(22時15分LO) [休日]日・祝(月以外の祝日は営業) [席]カウンターあり、全30席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営新宿線西大島駅から徒歩約20分


電話番号 03-3644-8612

撮影/西﨑進也 取材/池田一郎

2019年12月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
同じ学芸大学で人気店『ワイン食堂レインカラー』を手掛ける店主の手島さんは、「近所の友人たちに毎日でも通ってもらえるような店を作りたかった」と話す。そこで考えたのが、気軽な価格で立ち飲みもできる大衆酒場だったという。
オシャレな街・中目黒で見つけたちょっとクールな焼きとん屋……なのだけど、出てきた逸品は昭和の王道をいく煮込み。素朴な面持ちのジャガイモがごろりと入り、モツはむっちりふわふわ、やわらかくとろけていく。
女将の越野 舞さんは飯田橋の人気店『ル ジャングレ』で活躍したお燗番。ふんわり優しく仕上げたお燗酒に定評がある。
渋谷を代表する大衆酒場『富士屋本店』。昨年、再開発のため45年の歴史に幕を下ろした。
開店は昼の12時。ランチを食べている人の隣で、昼飲みをしている人がいる。そんな自由な空気感がなんとものんびりしている。「お酒が飲める食堂みたいなイメージで作りました。近所の人に普段着で来てもらえたら」と、店主の「おーにゃん」さん。
最新記事
自然派医師・本間真二郎さんの腸内細菌を元気にする日々の食卓。2回目は自作の「しょうゆ麹」を使った春のおかずです。しょうゆに米麹を加えて発酵させた調味料がしょうゆ麹。野菜や豆腐との相性も抜群です。
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
ここでいきなりクイズです。本記事で紹介する9つの丼はどこのものでしょうか? 正解は記事の最後をご覧ください。店名なんて先入観を捨て、まずは価格と写真を見よ!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
人気のサバ缶に新たな商品が登場。それも恐らく業界初という。以前紹介したチョコのサバ缶とはまた違う異色なもの。一体どんな味なのか、サバジェンヌが実食しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル