MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪穴場グルメ_深江橋にある麺匠「輪」。鶏白湯ラーメンだけでなく、能登産の日本酒や魚介類などの食事も可能/大阪ローカル穴場メシ情報[96]

大阪穴場グルメ_深江橋にある麺匠「輪」。鶏白湯ラーメンだけでなく、能登産の日本酒や魚介類などの食事も可能/大阪ローカル穴場メシ情報[96]

屋号の「輪」は、縁という意味だけでなく、能登の輪島市からの由来もある。 実はこの店、石川県の能登にルーツを持つ調味料や食材を多数取りそろえ、一品料理を食せるお店にするという。 ラーメン店なのに、能登輪島の純米酒「おれの酒」(650円)まである。こだわりの強さがここからも感じられるはずだ。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪穴場グルメ_深江橋にある麺匠「輪」。鶏白湯ラーメンだけでなく、能登産の日本酒や魚介類などの食事も可能/大阪ローカル穴場メシ情報[96] の画像をチェック! navigate_next

人との繋がりから生まれた深江橋にある麺匠「輪」。鶏白湯ラーメンだけでなく、能登産の日本酒や魚介類などの食事も可能


「天六で2年お店をしてて、今のお店に移転したのが7月26日。移って今で約3ヵ月です。こちらに移ったのも人の繋がりのご縁から。人の縁が輪となって今があると思ったので輪という屋号にしたんです」

こう教えてくれたのは、麺匠「輪」の店主の中野茂美さん。

屋号の「輪」は、縁という意味だけでなく、能登の輪島市からの由来もある。

実はこの店、石川県の能登にルーツを持つ調味料や食材を多数取りそろえ、今後はラーメンだけにこだわらず、一品料理を食せるお店にするという。

ラーメン店なのに、能登輪島の純米酒「おれの酒」(650円)まである。

こだわりの強さがここからも感じられるはずだ。


今回は、ラーメンを食す前に輪島の朝市直送の「いかの丸干」(キモ入り・300円)や「ふぐの卵巣麹漬け」(450円)、「あかにし貝燻製」(350円)、「ワカメ」(150円)をアテに日本酒で乾杯。


写真は3人前


これが旨いなんてもんじゃない。

どれも風味があって、塩分高め。

酒好きの肴には絶好のヤツ!

しかも、追加で「いかの塩辛麹漬け」(350円)も……。


噂で聞いていた通り、ラーメン屋で枠に収まらないお店で、特に能登愛がスゴイ!

「こんな調味料も置いてます」と出されたのがこちら。


金箔入りの七味と一味なんて贅沢にもほどがあるで~!

こうなると店主のこだわりは収まらない。

奥能登の塩サイダーを用いた「塩サイダー割りハイボール」(400円)を持ってきた。


しおサイダーはまあまあな値段のする飲料水。

これをこの値段で出すなんて少々やりすぎ。

やはり、愛に溢れているのだ。

こうして能登の一品モノを食して、箸休め……とはならん!

ラーメン屋らしい一品料理もある。

ハイボールにはピッタリの「豚バラチャーシュー厚切りステーキ」(350円)がソレだ。


この厚みよ! 

本来ならラーメンに添えるチャーシューを鉄板でじゅうじゅう焼いて香ばしさをプラス。

ええ感じやないの。次から次へと胃袋に。


そしてお待ちかね!

〆のラーメンだ。

白湯が有名だが、この日はもう一つの清湯を注文。

味付けは塩と醤油があって、今回は塩に。


満腹だったので小さいサイズで注文。

具沢山すぎて麺が隠れてしまっている。

それほど豪華な仕上がりだ。

特筆すべきは濁りのない透明なスープ。

上品、かつ円やか。

あっさり塩味で玉ねぎと三つ葉がアクセントとなる。

見てわかるように、レアチャーシューの火通しが絶妙で柔らか。

何枚でも食せる旨さだった。

オープンしたばかりなのに客入りは上々。

本格的に一品料理を始めたら、今以上に混雑するのでは……? 


深江橋に足を伸ばした際は、ぜひ寄りたいお店だ。


麺匠 輪
[住所]大阪市東成区深江北1-1-24
[TEL]080-2545-3801
[営業時間]11:00~14:30
      17:30~22:00
[定休日]不定








加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。


このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカツ丼が美味しいお店をご紹介します。
東京・表参道にある新潟県のアンテナショップで、食欲がそそられる一品を見つけました。老舗蒲鉾店「竹徳かまぼこ」の人気ナンバーワン「煮玉子しんじょう」です。丸いしんじょうをふたつに割ると、とろとろの半熟玉子が現れました。
人気店『マル・デ・クリスチアノ』がバカリャウ料理専門店に生まれ変わった! バカリャウとは、塩漬けの鱈の干物。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回はついに海外へ。インドのストリートフードを伝えるYouTube動画をご紹介。ちょっと刺激的なハードボイルド映像の数々、心してご覧あれ。
その丼の中の小宇宙に一瞬で虜になってしまった。香味油がキラキラと反射する奥深き黄金の海。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル