MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鶏 VS 豚 吉祥寺の定食サバイバルの件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(168)

鶏 VS 豚 吉祥寺の定食サバイバルの件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(168)

新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。

perm_media 《画像ギャラリー》鶏 VS 豚 吉祥寺の定食サバイバルの件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(168)の画像をチェック! navigate_next

鶏 VS 豚 吉祥寺の定食サバイバルの件


新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日このごろ……。

メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。

そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。


イラスト/小豆だるま

1軒目は、吉祥寺の公園口近くにあり、鶏メニューが充実してきた『M』


まず1軒目。

実は私が超気に入っていて、何度かこの連載でも取り上げている吉祥寺駅の公園口近くにある『M』。

ここはO戸屋の業態実験っぽい店舗のせいか、メニュー、サービスなどがかなり頻繁に変わる印象です。

そして微妙に店名がそのつど変わるんですけど、もう『M』で統一させてもらいます(苦笑)。

ただオープン当初から一貫して定食屋です(71回参照)。

定食屋→定食+ちょい飲みというコンセプトから、最近は、3のつく日は生たまご食べ放題、

メイン料理をドカドカ盛っちゃう神盛りの日(139回)など、サービスの充実を図っていた印象です。

しかしコロナ禍の影響で、今度はテイクアウトメニューの充実に邁進してきて、また店名が微妙に変更(笑)。

でも、鶏好きの私は見逃さないよ、今回のリニューアルで鶏メニューが超充実してきたことを! 

定番の鶏唐揚げは出汁の効いたカリっと揚げ系で美味しいし、チキンカツもあるし、チキンのネギソースなんていう鶏+ネギの鉄板をぶち込んできたよ。

ただ同時に魚メニューが淘汰されちゃった印象ですけど、人気メニューのアジフライは健在です。

2軒目は、ダイヤ街にある、トンテキがウリの定食屋『O』


そして2軒目。ダイヤ街にある現在は定食屋になった『O』。

ここもリニューアルのたびに店名が微妙に変わるのですが、もう『O』に統一ね(逆切れ状態)。

ここはそもそもロースビーフの店だったんだけど、その後、洋食屋になり(60回参照)、さらにリニューアルされて、現在は定食屋になりました。

しかも、ウリはトンテキだよ。

マジか! 

もはや牛の面影がなくなりました……。

豚推しの店になっています。イチオシのトンテキは味が濃い目で、ごはんが何倍も食べれそうで怖いメニュー。

さらにボリューミーでヤバイ。

ちなみにトンテキとは、豚のステーキだそうです。

ソースが決め手っぽいね。

洋食屋の名残は煮込みハンバーグのメニューが生き残っている程度。

唐揚げや焼き魚系の定食もありますが、やっぱりここでは豚食べるべき。

トンテキ以外にもトンカツ、生姜焼きがあります。あとテイクアウトもOKだよ。


なんとなくお互い意識しあっている気がしなくもない『M』と『O』ですが、『M』=中2F、『O』=地下でやや苦戦しそうな立地も似ている(笑)。

そして魚系メニューが手薄になっているタイミングまでもが似ている(笑)。


さらなる進化を遂げそうな『M』と『O』から吉祥寺地元民は目が離せません!







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル