MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
吉祥寺の新興和風カフェは、“映え狙い”ではない、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(169)

吉祥寺の新興和風カフェは、“映え狙い”ではない、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(169)

今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。

吉祥寺の新興和風カフェは、“映え狙い”ではない、の件


今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。

しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? 

ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。


まず1軒目は、私が東京の北欧と勝手に断言した『moi』(73回参照)が閉店し、その跡地に出来た大正通りの『C庵』。

『moi』閉店のダメージから立ち直れず、足を運ぶのを躊躇していましたが、勇気を出して行ってみました。

壁真っ白&テーブルは明るい木の質感だった『moi』の面影は一切なく、全面的に落ち着いた渋い木の質感を生かしたシンプルモダンな雰囲気になっていました。

ドリンクは、“シンプル系”と“映え系”の、やや両極なラインナップです。

私は映え系に興味がないので、緑茶推しです(苦笑)。

苦みのある香麗茶とか、甘さを感じる萌緑茶など、好みに合わせて細かくラインナップしていて好印象。

そして映え大好き女子向けには、タピオカ入りとか、かなりデコな抹茶ラテ系もあるよ。

ただ、ドリンクのテイクアウトは場所柄を反映した“映え系”中心ですな。

おっさん女子的には店頭販売している茶葉購入がおすすめです。


 そして2軒目は、中道通りの『C抹茶製造所』。

店名の通り、“超”抹茶推しです。

このお店は、以前も中道通りの最果てにオープンし、たぶん3ヵ月くらいで閉めちゃって、その後東急裏の『カフェT』という曜日日替わり店舗に参加していて、そこも撤退して、2020年の夏に吉祥寺の中道通りに再々オープンという数奇な運命をたどっております(笑)。

店内はサッパリとした雰囲気で、映え大好き女子には物足りないかもな。

全体的に濃い緑色っぽいし(笑)。

メニューのラインナップはもう抹茶のオンパレードです。

抹茶ラテ、抹茶スムージー、抹茶ビールなんてもんもありますよ(笑)。

でもさー、創意工夫のメニューに対して大変申し訳ないけど、この店もシンプルな抹茶がとっても美味しいよ……。

店頭販売の抹茶パウダーも家で手軽に楽しめておすすめだ。

あとね、店内には非常に珍しい抹茶を挽く石臼がありますけど、思ったほど映えません……。

昔ながらの道具なので超質実剛健です。


おっさん女子の結論として、吉祥寺の新興和風カフェは、あまり“映え”ない。

しかし地に足がついたシンプルメニューが美味しいのと、店頭販売の茶葉&抹茶パウダーがおすすめだ、ということになりました(苦笑)。


いいのか、悪いのか、正直わかりません(笑)。



天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。
スパイシーなんだけどそれだけじゃない。エビならエビ、マトンキーマならマトンの風味がしっかり広がり、サクサクとスプーンが進む。
極太で真っ黒な見た目がインパクト大! 北海道で最も人口が少ない街、音威子府村で今からおよそ90年も前から親しまれてきた、なんとも荒々しい風情の蕎麦だ。
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
江戸時代から同じ場所で五代続く店のばらちらし。醤油をささずにすみ、時間が経ってもしっとり酢の頃合いがよいままなので、かつて料亭や置屋があった頃から芸者や商いのお客に好まれたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル