MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ゴールデン バガン|何度でも食べに行きたくなる、厚揚げ入りガパオ(アジア料理/曙橋)

ゴールデン バガン|何度でも食べに行きたくなる、厚揚げ入りガパオ(アジア料理/曙橋)

ミャンマーの少数民族・シャン族のサイさんとモモさん夫妻が営む料理店、「ゴールデン バガン」。シャン州はタイ王国のすぐ隣にあるため、シャンの料理はタイ料理にとても似ている。そのため、ガパオも昔から、親しみある料理だったとか。[交]都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》ゴールデン バガン|何度でも食べに行きたくなる、厚揚げ入りガパオ(アジア料理/曙橋)の画像をチェック! navigate_next

ゴールデン バガン(最寄駅:曙橋駅)

シャン州はタイ王国のすぐ隣にあるため、シャンの料理はタイ料理にとても似ている。そのため、ガパオも昔から、親しみある料理だったとか。しかし、サイさんの作るガパオは、厚揚げ入りのオリジナルレシピ。ナンプラーで香ばしく炒めた豚挽き肉に、この厚揚げとフレッシュバジルが絡み、食欲をそそる。目玉焼きものっているので、食べ応えも抜群だ。

ガパオ(豚ひき肉のバジル炒めライス)
1000円

「ミャンマーは、味優先(笑)。でも日本は料理の見た目も大事にするから、パプリカやピーマンを入れて彩りも考えました」とサイさん

ひよこ豆チャーハン
1000円

ホックホクのひよこ豆がたまらない。フライドオニオン・ゴマ油が香りと味のアクセントに

シャンの豚肉ソーセージ
700円

豚挽き肉に米を混ぜて発酵させたソーセージは、バナナの葉で包み、蒸す。見た目はワイルドだが、味は優しく、臭みもない

ミャンマービール
600円

ゴールデン バガン

東京都新宿区富久町8-20 カーサ富久町1階 ☎03-6380-5752 [営]11時半~14時半、17時~22時、祝17時〜22時 [休]日 [席]カウンター10席、テーブル4席×2卓、座敷4席×2卓 計26席/ランチタイムは全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交]都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩5分

電話番号 03-6380-5752
2016年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
タイの宮廷料理人の味を受け継ぐ、都内屈指の人気店。本場の味はそのままに、日本人の口に合うメニューを厳選している。
東京都内に点在する自治体のアンテナショップでは、普段はお目にかかれない地方の特産品に出会えます。香川県と愛媛県が共同で運営する「せとうち旬彩館」の4月の「かくれた逸品」に選ばれたのは、香川の食品メーカーが開発した美味しいこんにゃく麺でした。
「ありそうでなかった、中華(広東)とタイ料理のいいとこどり」がコンセプト。屋台風の店内はカジュアルで、いつも活気に満ちている。
米麺で作るタイの炒め焼きそば“パッタイ”。後を引くコクと甘酸っぱさは、日本人の味覚にもっともハマるタイ料理のひとつだと思う。
ひっきりなしに訪れる客、エネルギッシュに飛び交う店員の声、ルミネの地下とは思えぬ、タイの屋台さながらの活気だ。現地から直輸入した調味料、スパイス、ハーブを駆使した、タイ人のベテランシェフによる料理は、どれを食べても本場の味に引けを取らない。
最新記事
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
get_app
ダウンロードする
キャンセル