MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
マル・デ・クリスチアノ(ポルトガル料理/代々木公園)バカリャウ料理専門店!まろやかな旨みがクセになる♪

マル・デ・クリスチアノ(ポルトガル料理/代々木公園)バカリャウ料理専門店!まろやかな旨みがクセになる♪

人気店『マル・デ・クリスチアノ』がバカリャウ料理専門店に生まれ変わった! バカリャウとは、塩漬けの鱈の干物。

perm_media 《画像ギャラリー》マル・デ・クリスチアノ(ポルトガル料理/代々木公園)バカリャウ料理専門店!まろやかな旨みがクセになる♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

マル・デ・クリスチアノ(最寄駅:代々木公園駅)

ポルトガルの発酵した干し魚“バカリャウ”が料理の主役!

ポルトガルではバカリャウを使った料理が1年間毎日食べてもなくならないと言われるほどたくさんあるという。しかもこちらでは鱈だけでなく、鯛、鰯、サメなど手に入る魚を片っ端から自家製バカリャウにするというから楽しいじゃないの。「魚を丸ごと味わって欲しいから、バカリャウにすることを思いつきました」と店主の佐藤幸二さん。ほぐしてスープや料理に忍ばせたバカリャウにはまろやかな旨みが染み渡り、干物好き、発酵好きの日本人の心にしみじみ響く。

バカリャウ・ア・ブラス、ヴィーニョヴェルデ
700円、550円

干し鱈と揚げたポテトを卵でとじたポルトガルの定番

青バナナと太刀魚のパッションフルーツマリネ、クロホシフエダイのバカリャウのブロア焼き
880円、770円

右は北大西洋にあるファイアル島の料理をアレンジしたというメニュー。左はトウモロコシ粉で作ったパンを使ったオーブン焼き

キャッサバ粉で作るバカリャウ 粥落とし蛋生ハム入り
770円

ポルトガルでも珍しいキャッサバ粉とバカリャウのお粥

お店からの一言

スタッフ 荒尾大輔さん、スタッフ 升井裕司さん

「自家製のバカリャウでいろんな料理を作りますよ」

マル・デ・クリスチアノの店舗情報

[住所]東京都渋谷区富ヶ谷1-3-12 サンシティ富ヶ谷4階 [TEL]03-6804-7923 [営業時間]18時~23時LO [休日]不定休 [席]カウンターあり、全38席/全席禁煙/予約可/カード可/サ2%、お通し代なし[交通アクセス]小田急線代々木八幡駅、地下鉄千代田線代々木公園駅1番出口から徒歩1分


電話番号 03-6804-7923

撮影/瀧澤晃一、貝塚 隆 取材/岡本ジュン

2020年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
2016年3月、奥渋谷のポルトガル料理店『クリスチアノ』が、バレンシアバルを六本木の『アーク森ビル』2階にオープンさせた。メニューの約9割を占めるタパスは、独特の穀物といわれるチュファや乾燥パプリカ・ニョラなどを使用した約50品。スペイン バレンシアナ バル BULLICIO[交]地下鉄南北線六本木一丁目駅3番出口
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル