MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
東京 絶品コーヒーゼリーを食べ歩く

東京 絶品コーヒーゼリーを食べ歩く

本格的な水出しコーヒーから作られた香り高い一品から、トッピングにこだわったものまで、東京でいただける個性豊かなコーヒーゼリーの逸品を紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》東京 絶品コーヒーゼリーを食べ歩くの画像をチェック! navigate_next

その店ならではの個性を味わいたい

つるんとした食感、鼻に抜けるかぐわしさ、喉をひんやりと落ちていく様すら愛おしい――そんな愛すべきコーヒーゼリーを何軒も食べ歩いた結果、ここは、というオススメ店を発見。

さっそく紹介しよう。

口に含むと香りが弾ける。まるで、アロマの塊!

『コフィノワ』@蔵前

水出しコーヒーゼリー(550円)

まずは、水出しコーヒーを使った『コフィノワ』へ。

通常提供するコールドブリューは6時間かけてゆっくりドリップするが、コーヒーゼリーに使うコーヒーはさらに濃縮へされたもの。

香り高くコク深いコーヒーゼリーと濃厚なバニラアイスとのバランスが絶妙でスプーンが止まらず、あっという間に完食。

最後まで飲み干したい! やさしさが詰まった一杯

『COFFEE モカ』@江古田

コーヒーゼリー(420円)

続いて訪れたのは『COFFEE モカ』。近隣大学の教職員や学生に長年親しまれている店だ。

コーヒーゼリーが提供されると、周りのお客さんたちが「これ、美味しいよねぇ」と口々に教えてくれる様子にお店への愛情を感じる。

たっぷりのミルクに潜んだゼリーは舌触りがよく、ひと口サイズにカットされていて食べやすい。磨き込まれた調度品も美しく、肩の力を抜きたいときにぜひ再訪したい。

[住所]東京都練馬区栄町39-5
[電話]03-3993-5648
[営業時間]9時~18時LO
[休日]不定休
[交通]西武池袋線江古田駅北口2から徒歩3分

ゼリー、ソフト、ソースなど多彩なフレーバーが味覚を刺激!

『すみだ珈琲』@錦糸町

コーヒーソフトクリーム&ゼリー(570円)

自家焙煎したスペシャルティコーヒーをオリジナルの江戸切子でいただける『すみだ珈琲』

香りと苦みをしっかり楽しめるコーヒーゼリーにオリジナルソフトクリームがのる、見目麗しい一品だ。

トッピングされたローストくるみの軽やかな口当たりも魅力で、ゼリーのぷるぷる感、ソフトクリームのなめらかさなど、さまざまな味わいと食感に感覚を刺激された。

[住所]東京都墨田区太平4-7-11
[電話]03-5637-7783
[営業時間]11時~19時
[休日]水、第2・4火、不定休
[交通]JR総武線ほか錦糸町駅北口から徒歩10分

居心地の良さと、ふんわりとろりとした口当たりに癒やされる

『キアズマ珈琲』@雑司が谷

キアズマ珈琲ゼリー(600円)

次も古民家を改装した心地良い雰囲気が魅力の『キアズマ珈琲』へ。

コーヒーゼリーは濃厚で芳醇、ホイップクリームとのバランスも理想的だ。とろりとした口当たりで、今回食べ歩いた中では最も柔らかなゼリーだった。

他にも、ラム酒が華やかに香る『珈琲 東』(巣鴨)や生クリームにつぶあんときな粉の組み合わせがマッチする『但馬屋珈琲店』(新宿)など、どこも個性豊か。東京で楽しめるコーヒーゼリー、ぜひお試しあれ。


撮影/小島 昇(コフィノワ、COFFEE モカ) 取材/市村幸妙

店のデータは、2019年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和50年創業の喫茶店で提供されるコーヒーゼリーは、見た目からして唯一無二の逸品。コーヒーゼリーに使うのは、深煎りのモカフレンチ。
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。
グラッセとは、フランス料理の用語で、冷やすの意。「カフェオレ グラッセ」はアイス・カフェオレを指すが、断然、この方が洒落た響きだ。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
最新記事
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル