MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
フラットリア(イタリアン/高田馬場)本場のイタリアンを気兼ねなく楽しんで♪

フラットリア(イタリアン/高田馬場)本場のイタリアンを気兼ねなく楽しんで♪

わりと雑然とした早稲田通りの一角で、そこだけ欧風のモダンなエントランス。中に入るとナチュラルな木調と白を基調に大きな窓やすっきりしたレイアウト。

perm_media 《画像ギャラリー》フラットリア(イタリアン/高田馬場)本場のイタリアンを気兼ねなく楽しんで♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

フラットリア(最寄駅:高田馬場駅)

日本の旬の食材がビビッド 軽やかで本格的!

街場にして、気兼ねなくも落ち着いて楽しめるイタリアンだ。店の印象同様、料理もまた本格的にしてきれい。本場の技法を生かしながら、厳選素材の持ち味をビビッドに立たせ、組み合わせを楽しませてくれる。 アラカルトもあるが、こちらではコースをぜひ。前菜の野菜の力強く生き生きした味わいに驚き、みずみずしく香り高いカルパッチョや旨みの濃縮した生ハムとの組み合わせも心地よし。メインの金華豚は実にきめ細かく、ゆっくりローストされ、じんわり口の中を満たす。「塩は軽やかに、食材の香りや水分量を大切にしています」というシェフの大貫成規さんの言葉に納得だ。そして、パスタが秀逸。昨年、第10回全国イタリア料理コンクールで優勝した逸品で、もちっとしたパスタにヤリイカの甘み、カラスミの塩気と香りがバターのコクと共にしっかり絡む。今回このパスタ付き本誌限定コースも特別に用意してもらった。なんともうれしい限り!

長崎 小値賀 イサキのカルパッチョと有機野菜の冷製、パルマ産24ヶ月熟成生ハムとグリーンアスパラガスの網焼き

千葉・サンバファームの野菜に、氷温で寝かせたイサキのカルパッチョ。24ヶ月熟成のパルマの生ハム

北海道 ヤリイカとサルディーニャ産カラスミの軽いバターソース、ディチェコ社 マッケローニ アッラ キタッラ

在日イタリア商工会議所主催のコンクールで優勝。「フィレンツェの有名なトラットリアで食べたカラスミのパスタがヒント」で、日本人にもイタリア人にも愛される味を求めた

山形 金華豚 肩ロースのロースト、季節の香りとオーガニック種マスタードの白ワインソース(撮影時はふきのとう)

山形平田牧場の金華豚の繊細な味わいをじっくり引き出し、マスタードのソースもぴったり

ティラミス・アモーレ

クラシックなレシピのティラミスも人気

ホワイトアスパラガスのレモンバターソース〈自家製タリオリーニ〉
2800円(写真はハーフ)

パスタはアラカルトでも楽しめる。香りよく、コクのあるレモンバターソースに、自家製のタリオリーニがよく絡み、ホワイトアスパラガスの柔らかな食感と香りもたまらない

テイクアウトコース
4000円(2名分~)

店内で通常6500円(1人分)のコースが(写真上)、テイクアウトだと4000円!(注文は2名分~) 前菜(生ハム、カルパッチョ、アスパラなど)、冷めても美味しいパスタ2種、メインとして銘柄豚のローストと大山鶏の網焼きにパン。それらが写真下のようにまとめられる。レストランの味を家庭で気軽に楽しめると評判

お店からの一言

シェフ 大貫成規さん

「素材を生かしてさりげない独自のイタリア料理を心がけています」

フラットリアの店舗情報

[住所]東京都新宿区高田馬場1-25-30 [TEL]03-3205-9182 [営業時間]11時半~14時半、16時~23時(日~22時)※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンターなし、全80席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・1人500円(ディナーのみ) [交通アクセス]地下鉄東西線高田馬場駅7番出口から徒歩1分


電話番号 03-3205-9182

撮影/貝塚 隆 取材/池田一郎

2020年6月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
カウンターでコース料理を楽しむ。それは妙にかしこまらず、でもくだけ過ぎないちょっと贅沢な時間。
見た目も味も華やかな料理に心まで明るくなりそうだ。日本の旬の味をイタリアンに落とし込み、確かな腕で楽しませてくれる。
駅からはちょっと距離のある、小石川の閑静な住宅街で10年目。そんな場所を選んだのも、「普段遣いで、ワインを飲みながらゆっくり料理を楽しんでもらいたいから」と中島夫妻。
シェフ・ジョバンニさんが、郷里・フィレンツェで食べ親しんだ味を提供する。ほうれん草を練り込んだ生地を使い、フワッと仕上げたラザニア。
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル