MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
黄身がとろっ「煮玉子しんじょう」は新潟の食文化が生んだ逸品

黄身がとろっ「煮玉子しんじょう」は新潟の食文化が生んだ逸品

東京・表参道にある新潟県のアンテナショップで、食欲がそそられる一品を見つけました。老舗蒲鉾店「竹徳かまぼこ」の人気ナンバーワン「煮玉子しんじょう」です。丸いしんじょうをふたつに割ると、とろとろの半熟玉子が現れました。

perm_media 《画像ギャラリー》黄身がとろっ「煮玉子しんじょう」は新潟の食文化が生んだ逸品の画像をチェック! navigate_next

港町・新潟の食文化を伝える「しんじょう揚げ」

「煮玉子しんじょう」は1個378円(税込み)

東京・表参道ヒルズの裏手に、物産販売や観光情報などを発信する新潟県のアンテナショップ「表参道・新潟館ネスパス」があります。ビル1階のイベントスペースで、竹徳かまぼこが期間限定(4月8日~11日)で出店していました。

竹徳かまぼこは、新潟市の中心部に本社工場直営店を構える有名店。創業1930年頃という老舗です。計8店舗を展開し、新潟だけでなく都内の日本橋三越にも常設店がありますが、月に1度程度ネスパスに出向いて、販売しているとのことでした。並べられた商品は15種類。中でも一番目を引いたのが「煮玉子しんじょう」(税込み378円)です。ふたつに割った断面から、とろとろの黄身がわかる写真や模型が置かれ、「人気No.1」「年間ランキングNo.1」の宣伝文句が躍っています。店員さんに聞くと、販売初日のこの日も、最も売れたといいます。実際、眺めている間にも、客が次から次にやってきて、煮玉子しんじょうを買い求めていました。

竹徳かまぼこの商品で人気ナンバーワンの「煮玉子しんじょう」

しんじょう(しんじょ)は、すりつぶした魚の身に山芋や卵白などを加えて味を調え、蒸したり、揚げたり、ゆでたりした練り物です。竹徳かまぼこのホームページでは、「新潟のしんじょうは蒸した後、油で揚げているのが特徴」で、「全国的にみてもしんじょうを揚げるのは、みなとまち新潟だけの食文化」と説明されています。

江戸時代から明治にかけて北前船が寄港した新潟は港町として栄え、芸妓文化が花開きました。店員さんによると、その昔、芸者さんがお椀に入ったしんじょうを食べる時、箸がすべるというので、揚げてつかみやすくしたのが始まりらしいとのことでした。

「表参道・新潟館ネスパス」のイベントスペースに限定出店した竹徳かまぼこ

ふわっとしてなめらかな食感、そして絶品の半熟玉子

煮玉子しんじょうの食べ方ですが、竹徳かまぼこのホームページには、「そのままでも美味しく召し上がれます。トースターで軽く焼くと中まで熱が通らずに温められます。電子レンジではラップを掛けずに約20秒程度と短めで、オーブン等で焼いても美味しく召し上がれます」との説明がありました。電子レンジを試してみます。20秒程度だと、まだ冷たかったので、もう一度温めてみました。

揚げた表面の色合いが美しい

ほどよい温かさになったところで、包丁を入れます。恐る恐るふたつに割ると、中から美しい色合いの半熟玉子が現れました。箸でつかむと、たしかに滑りません。まずは、しんじょうの部分を一口。はんぺんほどもやわらかくなく、蒲鉾よりはやわらかいという印象で、ふわっとしてなめらかな食感です。

包丁で切ると、半熟の黄身が現れました

「イトヨリダイの魚肉を贅沢に使い石臼でなめらかにしたすり身に、山芋と卵を合わせた」と購入したネスパスの店に説明文が貼られていましたが、食材の質の良さを感じる贅沢で上品な味わいです。魚の旨味が凝縮しています。

 半熟の味付き玉子は、ちょうどいい塩梅です。それに、このとろっとした半熟加減が絶妙です。個体によって半熟具合が異なるとのことですが、とろり感がもっと欲しい場合は、そのまま食べたほうがよいかもしれません

絶妙の半熟具合です

「柳都」を想い、淡麗辛口の地酒とともに

日本海に面し、日本一の信濃川が流れる新潟は水の都。市内にはかつて堀が張り巡らされており、多くの柳が植えられました。その美しい景観から「柳都(りゅうと)」とも言われています。新潟の風景を想い浮かべながら、煮玉子しんじょうを味わいます。新潟は日本有数の酒どころです。冷蔵庫に地酒があったことを思いだしました。新潟特有の端麗辛口がやはり合います。新潟の食文化が生んだ逸品。うん、うまい!!

淡麗辛口の地酒に合う

「表参道・新潟館ネスパス」の店舗情報

表参道・新潟館ネスパス

ネスパスは、新潟県のアンテナショップ。地酒や生鮮品など県産品を販売する「新潟食楽園」や会席・和食の「にいがたの味 静香庵」など複数のテナントが入居するほか、イベント開催や、観光・就職情報などを発信しています。

[住所]東京都渋谷区神宮前4-11-7
[電話]03-5771-7711(代)
[営業時間・休日]各テナントで営業時間・定休日が異なります(ネスパスの施設自体は無休)
[交通]地下鉄銀座線・千代田線・半蔵門線表参道駅A2出口から徒歩1分

撮影・文/堀晃和

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
巣籠生活を余儀なくされていると、“宅飲み”を充実させたくなります。好きなお酒を用意して、さて、“あて”は何にするか。いろんな中から今回試してみたのは鳥取特産の「砂丘らっきょう」です。
岡山市の製パン業「清水屋」の人気商品は、多い時で1日に3万個が売れるという「生クリームパン」です。生クリームを使っているので「要冷蔵」。なのに、パン生地が“ふわふわ”で“もちもち”という絶妙な食感が特徴です。
おと週って通販サイトも運営しているのをご存知ですか? 「いや、ちょっと地味で知らなかったわ」と友人にも言われたけど、知名度低すぎやしないか……。実際どうなの? ってことで、グルメ通販サイト『おとなの週末 お取り寄せ俱楽部』を利用して、主婦ライターが“おこもりグルメ”を吟味&実際に買ってみました。
天然記念物の「見島牛(みしまうし)」の血統を受け継ぐ「見蘭牛(けんらんぎゅう)」を使ったレトルトのビーフカレーがあります。通常のレトルトよりはお値段高めのいわゆる“ご当地カレー”ですが、希少なブランド牛の旨味が詰まった納得の美味しさです。
山口県岩国市は、れんこんの有名な産地です。その名産「岩国れんこん」からは多彩なラインアップが展開されていますが、中でもクッキーの「れんこん玉」はコロナによるフードロス対策から生まれた注目の新商品です。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル