MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
パスタ専門店のこだわりのひと皿(1) ミートソース4選

パスタ専門店のこだわりのひと皿(1) ミートソース4選

スパゲッティといえば、やはりコレ! 卵とチーズのコクが決め手のカルボナーラと、挽き肉の旨みがあふれんばかりのミートソース。パスタ専門店を駆け巡り、見つけてきた「これぞ!」を集めました。今回は、ミートソース編!

perm_media パスタ専門店のこだわりのミートソースを画像でチェック!! navigate_next

『ボロッティ 高井戸本店』@高井戸

温玉ビーフ生スパゲッティ(1100円)
化学調味料や添加物は不使用。肉は脂身が少ない部分を使い、さっぱりとさせつつ、肉の旨みを引き出している

頬張ればわかる 素材の良質さと仕事の丁寧さ

軽やかな色合いのソースながら、口に含むとトマトの酸味と国産牛の旨みが驚くほど弾ける

聞けば、玉ネギやセロリなどを炒めて煮詰めたものをベースに、挽き肉と南イタリア産のトマト、シチリアの塩を加え、さらに煮込み、1日寝かせるのだという。

仕上げにアウリッキオ社のパルミジャーノレッジャーノをふりかけ、温泉卵ものせ、コクと風味、まろやかさまでもプラスする。デュラム・セモリナ粉を使った、麦が香る生パスタと相性抜群なのは言わずもがなだ。

同店人気ナンバーワンの「温玉ビーフ生スパゲッティ」を頬張ればすべての美味の要素が絡み合い、まさに幸福の絶頂に!

エビとタコのラグー(1265円)
ミンチにしたエビとタコから出たダシの美味しさと、すりおろしたレモンの皮のふわりとした香りに、フォークを持つ手が止まらない

生パスタのフェットチーネも一部のメニューで選択可

23ヶ月熟成の生ハムを使ったリピーター続出のサラダ。ドルチェも人気だ

[住所]東京都杉並区高井戸東4-10-35
[電話]03-5370-1186
[営業時間]11時半~14時LO(土・日12時~14時LO)、水~日18時~22時(21時半LO)
[休日]月、火夜
[交通]京王井の頭線高井戸駅北側出口から徒歩10分

『ボロッティ 高井戸本店』

『ミートソース専門店 スペランツァ』@戸越銀座

スペランツァ特製ミートソース(790円)
乾麺のスパゲッティーニも選択可

記憶に刻まれる 粗挽きゆえの肉肉しい旨さ

イタリア語で“希望”という名を冠したミートソース専門店。

スタンダードな「特製ミートソース」は、牛肉のクビとモモ、豚肉のウデとモモをブレンドして使用することで、どっしりとした食感とジューシーさを実現。粗挽き肉の旨みを追求している。

そして舌触りよくソースもしっかりと絡む、手打ちのフェットチーネも秀逸だ。

ほかに「鶏とフレッシュトマト」や「仔羊肉とレンズ豆・ローズマリー」など計6種のミートソースがあり、それぞれに根強いファンがいるという。すべて素材や風味、香りの印象が異なるので、ぜひ全種類食べてみたい。

遊び心があふれる季節限定メニューも魅力的。ほとんどのメニューが持ち帰りできるのもうれしい限りだ。

肉だけでなく、野菜の美味しさも溶け込んでいる

豚肩粗挽き肉の白ワイン風味ミートソース(890円)
大きく挽いた豚肉の旨みと爽やかに香るフェンネルが魅惑的な味わい。ランチタイムは同価格でバゲットとサラダが付く

上:水牛モッツァレラとトマトのカプレーゼ(690円)
右:ブロッコリーと桜えびのペペロンチーノ(360円)
左:キノコのイスキア風(380円)
ディナータイムは小皿料理が充実。イスキア風はイタリア人コック直伝の味をアレンジしたもの

[住所]東京都品川区平塚2-16-13
[電話]03-3783-6757
[営業時間]11時半~14時LO(土・日・祝12時~15時LO)、17時半~22時半 ※当面は、昼は通常営業、夜は17時~20時
[休日]月※祝の場合は営業
[交通]東急池上線戸越銀座駅改札から徒歩1分

『ミートソース専門店 スペランツァ』

『スパゲティミートソース専門店 フォークダンス 新小岩店』@新小岩

デミグラスソース(M、900円)
すべてのパスタはS~LLサイズまであり、ミニサラダ付き。野菜の美味しさが際立つドレッシングは全4種

フォークも踊り出す! モチモチ生パスタが美味なミートソース専門店

看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。

味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮

「デミグラスソース」は、そこに2種類のデミグラスソースを組み合わせることで、立体感のある深みとコクを楽しませる。

磨いたデュラム小麦の中心部のみを粗挽きにした自家製パスタはリングイネで、ソースがしっかりと絡む相性のよさ。

深い余韻とスッキリさが両立するデミグラスソース。刻んだレンコンの食感も◎。パスタはオリジナルのパスタマシンを使い毎日、店で作る

トマトソース(M、900円) ラクレットチーズ(200円)
ラクレットチーズのトッピングがオススメ

ミートソースと生パスタのセット(750円)※写真はデミグラスソース
お土産の生パスタは茹で時間3分。そのままレンジアップできる容器を採用。配送用(送料別)には冷凍タイプもある

[住所]東京都葛飾区新小岩1-50-13 横手ビル
[電話]03-5879-9588
[営業時間]11時半~15時LO、17時半~21時LO
[休日]木※祝の場合は営業
[交通]JR総武線ほか新小岩駅南口から徒歩3分

『スパゲティミートソース専門店 フォークダンス 新小岩店』

『ダ パスタ ミスタ』@浜松町

ラグー(ミートソース、1540円)
玉ネギベースにより、野菜の存在感もしっかり

野菜の甘みが生きる特製ソースに 舌も心も癒される

ランチタイムのピーク時には、行列ができる人気店。店主はフレンチ出身でイタリアンの自由さに惚れ込み転身、在イラク大使館などで腕を振るった経験も持つ。

国産牛100%のミートソースは肉と野菜の旨みが濃縮しつつも、上品でやさしい味。玉ネギとニンニクを甘みが出るよう約2時間炒めて作るベースがこの味の肝となっている。

ランチのパスタは塩・トマト・クリームの3種を週替わりで提供するが、これまでの5年で、素材と味は極力被っていないというから驚く。探究心の強い店主の味をぜひ。

シラスとシソの柚子胡椒風味(1210円)
どっさりと10枚分もがのったシソがまず主張し、最後に柚子胡椒が香る一品。食べ進むうちに味わいの印象が変化する

生ハムと小海老のコロッケ(1540円)
生ハムの美味しさが利いたコロッケ。まろやかなトマトソースはたっぷりのエビの旨みで、唐辛子の辛みがアクセントに

旬材の「気まぐれパスタ」やデザートは黒板にて

[住所]東京都港区浜松町2-11-2
[電話]03-6809-1551
[営業時間]11時~14時半、17時半~22時(21時半LO)※当面は、昼は通常営業、夜は休業、土休
[休日]第2・第4土曜、日・祝、年末年始
[交通]JR山手線ほか浜松町駅南口から徒歩3分

『ダ パスタ ミスタ』

【番外編】 超人気メニューに隠れた 名物メニュー発見!!

『焼きカレーの店 ストーン』@浅草橋

焼きスパゲッティ(ミートソース、昼900円)
麺はパリッとした食感で、しっかり噛むことでより小麦の香りが引き立つ。昼はサラダとドリンク付き。夜は1000円

やさしい味わいとコク、 麺のパリパリ感が楽しい ヤミツキになる美味しさ

「焼きカレー」が人気の店で、熱烈なファンに愛されているのがこの「焼きスパゲッティ」。

赤ワインとデミグラスソースで煮込み、ほんのりオレガノを利かせたコク深い味わいのミートソース。その上に卵、さらにたっぷりのチーズをのせ、オーブンで焼き上げている。

1.55mmという細めのパスタは焼くことでパリッパリの食感となり、ソースの味わい、チーズのコク、卵のまろやかさと絡み合う。

クセになる味わいと食感で、食事としてはもちろん、おつまみにしてもぴったりなひと皿なのだ。

焼きロールキャベツ (1300円)
ナツメグが利いたロールキャベツは、浅草出身の店主が子どもの頃好きだったロシア料理店の味がヒント。下にご飯が入る

焼きカレー(1000円)
客の8割がオーダーする「焼きカレー」。牛スジから取ったダシにたっぷりの野菜が溶け込むマイルドな美味しさ

[住所]東京都台東区浅草橋1-10-12
[電話]03-5821-3800
[営業時間]11時~14時(13時45分LO)、17時半~22時半(22時LO)
[休日]日
[交通]JR総武線ほか浅草橋駅東口から徒歩1分

『焼きカレーの店 ストーン』

撮影/大西尚明(ストーン)、小澤晶子 取材/市村幸妙
※店のデータは、2020年6月号発売時点の情報です。


※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
もちもちの生パスタが売りで、おひとり様のチョイ飲みにも便利なカジュアルレストラン。自粛営業中に始めたテイクアウトは、遊び心あるブリトーや手の平ほどある大きな秘伝ダレのから揚げが目を引く。
軽やかな色合いのソースながら、口に含むとトマトの酸味と国産牛の旨みが驚くほど弾ける。聞けば、玉ネギやセロリなどを炒めて煮詰めたものをベースに、挽き肉と南イタリア産のトマト、シチリアの塩を加え、さらに煮込み、1日寝かせるのだという。
店名にピッツェリアの文字はない。それはピッツァはもちろん、前菜からパスタ、メインディッシュまで「すべて満喫してほしい」という自負があるからだと店長の野間裕介さん。
ランチタイムのピーク時には、行列ができる人気店。店主はフレンチ出身でイタリアンの自由さに惚れ込み転身、在イラク大使館などで腕を振るった経験も持つ。
スパゲッティといえば、やはりコレ! 卵とチーズのコクが決め手のカルボナーラと、挽き肉の旨みがあふれんばかりのミートソース。パスタ専門店を駆け巡り、見つけてきた「これぞ!」を集めました。今回は、カルボナーラ編!
最新記事
店主が研究を重ねた上で完成させたお好み焼きは、「本物の大阪の味を届けたい」と大阪出身者のプライドを持って焼き上げた逸品。関西人が食べれば「これ、これ!」と興奮するのは間違いないし、それ以外の人は、絶妙な焼き加減に感動を覚えるだろう。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「中華一筋」。飲食店で働く方がYoutubeをアップしているのだ。まかない料理や営業中の調理風景が実に美味しそう。見ているだけでちょっとお腹が満たされます。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
「ミガキイチゴ」のスイーツを楽しめる店が2017年7月にオープン。先端技術で最適な風や水の量が算出され、栽培方法が管理されているというミガキイチゴは、大粒で強い甘みが特長だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル