MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
天然氷のかき氷が1年中楽しめる! 下北沢に専門店『天ノ屋』がオープン

天然氷のかき氷が1年中楽しめる! 下北沢に専門店『天ノ屋』がオープン

下北沢駅から徒歩3分、かつて天狗のお面が置かれていた真龍寺の跡地に「ガーデンテラス下北沢」。その1階に天然氷のかき氷専門店『天ノ屋(あまのや)』が、2021年4月28日にオープンした。シモキタ在住のライターが涼をもとめて、いざ実食!

perm_media かき氷専門店『天ノ屋』のかき氷を写真でまとめてチェック! navigate_next

頭がキーンとこない天然氷に驚き!

「ガーデンテラス下北沢」1階に店はある

八ヶ岳山麓にある『蔵元八義』さんの天然氷のみを使用したかき氷が年間を通して楽しめる『天ノ屋』

系列店が多数あり、高円寺をはじめ下北沢、三軒茶屋に店を構えるイタリアンバル『RAINBOW』や、スパイスカレー『虹色CURRY食堂』、薬膳スープカレーの『COSMOS』と、すべてのお店で添加物・化学調味料を使用しない食を提案している人気店ばかり。

「なぜ、かき氷屋さんを?」と店長の須藤さんに伺うと、代表が友人の紹介で『蔵元八義』さんとのご縁が繋がり、ちょうど良い物件に巡り合い、とんとん拍子で開店の運びとなったそうだ。地元のかき氷好きにはこんなにうれしいニュースはない。

練乳、シロップはすべて店内で手作り!

こだわりは氷だけではない。

練乳、シロップはすべて店内で手作りしており、化学調味料不使用の完全無添加。味は、氷で薄まるのを考慮して濃いめにしっかり仕上げている。

すべてのかき氷にかかっている練乳が濃厚なのだが、その秘密はスキムミルクを混ぜているから。スキムミルクは牛乳から水分・乳脂肪をとりのぞき乾燥させ、粉末状にしたもの。牛乳よりも低カロリー・低脂質であるのが特徴で、牛乳を使う料理の隠し味やパン作りなどにも使われ、スキムミルクを加えることで濃厚でリッチな味わいになる。

シロップは無添加ジャムに生のイチゴやマンゴーを1:5の割合で加えて作っているため、しっかりとフルーツの味が感じられ、フレッシュ感溢れるシロップに仕上がっている。

多彩なかき氷のラインナップ

「杏仁いちごのかき氷」(二段990円)

かき氷のサイズは二段と三段の2種類があり、かき氷+シロップをかける層(一段)が増えるということ。ボリュームも見た目のインパクトもあるからか、ほとんどのお客さんが二段を注文するそうだ。

一番人気は「杏仁いちごのかき氷」

杏仁シロップを混ぜた練乳に、いちごシロップ、仕上げに杏仁のクリームがトッピングされている。杏仁の華やかな香りが口の中に広がり、いちごの甘酸っぱさが追いかけてくる。食後にもおすすめ!

「抹茶あずきのかき氷」(二段 770円)

京都・宇治の『山政小山園』で作られる高級抹茶を使用

あずきの甘さと抹茶のほろ苦さがほんのり感じられるシロップの組み合わせは間違いない。男性人気も高い逸品!(筆者調べ)

「キャラメルのかき氷」(二段 880円)

自家製カラメルと濃い生クリームを合わせたキャラメルホイップはふわっとクリーミー。

アーモンドのカリッとした食感と香ばしい香り、時折出合える苦みのあるカラメルソースが絶妙!

「ピスタチオのかき氷」(二段990円)

ピスタチオの香ばしさとクリーミーで濃厚なピスタチオホイップがクセになる。

甘さ控えめで、アーモンドのトッピングが良いアクセント。ホイップは追加するのがおすすめ。

「いちごチョコのかき氷」(二段990円)

ビターなチョコと酸味のあるイチゴの組み合わせ
見た目は濃厚そうだけど、実はさっぱりで甘さ控えめ。お酒にも合いそうなので、ブランデートッピングとかあるといいな、なんて思ったり。

他にも、黒蜜きなこ、杏仁マンゴ、黒ゴマなど、どれも本当に美味しい! どのかき氷も、自家製の練乳とシロップがちょうどいい甘さで、氷が解けて水っぽくなっても負けないほど。多過ぎず少な過ぎずの程良い分量をかけてくれるので、最後まで余すことなく飲み干せる。

そんな甘ったるくならないスッキリとした食後感だからこそ、”おかわり”が発動する。どういうことかと言うと、”おかわり100円引き”というお得なサービスがあるのです。しかも、同じものを選ばくなくてもOK!

メニュー表

個人的には何度訪れてもどれにしようか迷うので、二段をおかわりして2~3種類楽しむのがベスト!

今後は季節限定のかき氷や、冬にお食事メニューの提供を始める構想もあり、夏が終わっても目が離せない。と、心待ちにしつつも、まだまだ暑い日が続くので、まずは夏のかき氷を楽しむとしよう。

■天ノ屋 下北沢本店
[住所]東京都世田谷区北沢2-36-14 ガーデンテラス下北沢1階
[電話番号]03-5738-7872
[営業時間]12時〜20時(19時半LO)
※2021年9月1日からは12時〜20時LO
[休み]年中無休
[席]40席
https://www.instagram.com/amanoya_shimokitazawa/
南アルプス・八ヶ岳の天然氷屋|蔵元八義
※ほか三軒茶屋店、川崎ルフロン店もあり、2021年8月31日まで期間限定でそごう横浜店に出店中。

取材・撮影/田村佳奈子

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
田村佳奈子

下北沢在住のフードスタイリスト・フードライター。成城石井、カルディをこよなく愛し毎日のように通う。スイーツとお酒、パンが好き。限定品にすこぶる弱い。チョコレートを食べない日はない甘党。

関連するキーワード
関連記事
昭和22年創業の餅菓子店の店内でいただけるのは、抹茶が主役のかき氷だ。メニューは抹茶のグレードにより普通・特選・極上に分かれ、氷は山梨県の天然氷・蔵元八義を使用。
浅草・観音裏にある自宅兼店の小さな店舗は、せんべい店が多い浅草にあっても知る人ぞ知るといった風情がある。が、その美味しさはお墨付き。
近頃ますます刷新されている和菓子の世界ですが、集めてみると、華やかで軽やかで、楽しい! そんな個性派"にゅーうぇーぶ系"和菓子を厳選してご紹介。ぜひお楽しみあれ。
せんべいを生地から手がける店は、今では数えるほど少なくなったが、ここは当たり前に手作りしている。およそ100年前の創業当時、こちらが生地屋から始まったと聞けばそれも納得だ。
小豆などを扱う雑穀商として創業し、1852年から今の場所で甘味処として営業。その集大成といえるのが、「特製西山あんみつ」だ。
最新記事
香ばしくローストした国産鶏のガラやモミジでとった塩スープのラーメン&つけ麺が看板。餃子類は2人前をテイクアウトすると1人前がサービスになる。
焼きとんを楽しむうえで、安く手軽なチェーン店もまた選択肢のひとつ。ここでは関東で人気の焼きとんチェーン3つを徹底比較。調査の結果、それぞれの色が見えてきました。
サラリーマンで賑わう新橋の駅ビル地下街にあって、店の風貌もいかにもザ・居酒屋。なのに、日本ワインの専門店というギャップがイイ!
焼きとんの店は数あれど、ホントに美味しい店はどこにあるのか。都内各地のやきとんが食べられるお店を調査。安くて美味しい、コスパ抜群の間違いない名店を集めました!
「マッコリがすすむ韓国のおつまみ」をテーマに、「チェユッ(茹で豚)」や「チャルラ(牛ホルモンやスジ)」など現地の居酒屋の定番が揃う。韓国の食文化を受け継ぐ「ジャン 焼肉の生だれ」でおなじみの『モランボン』が展開する。
get_app
ダウンロードする
キャンセル