MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
La Fabbrica Della Pasta Quel|手打ちにこだわる郷土パスタと自然派ワイン(イタリアン/本郷三丁目)

La Fabbrica Della Pasta Quel|手打ちにこだわる郷土パスタと自然派ワイン(イタリアン/本郷三丁目)

自家製の手打ちパスタにこだわる注目の新鋭なら迷わずここをおすすめしたい。店名の〝ラ・ファブリカ デッラ パスタ〟は「パスタ工房」という意味。文字通り、工房さながらのガラス張りの麺打ち場で、黙々と作業する料理人の姿に見入ってしまうほど。[交]地下鉄丸ノ内線ほか本郷三丁目駅2番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》La Fabbrica Della Pasta Quel|手打ちにこだわる郷土パスタと自然派ワイン(イタリアン/本郷三丁目)の画像をチェック! navigate_next

La Fabbrica Della Pasta Quel(最寄駅:本郷三丁目駅)

ランチもいいが、いろいろな種類から選びたいならぜひ夜に行ってみてほしい。ロング系から詰め物、日本ではあまり目にしない形のものまで、イタリアの郷土パスタが8種類前後。説明を受けながら選ぶ楽しさにもワクワクする。 食材によって内容は定期的に変わるが、定着しているのはピエモンテ州の「アニョロッティ・デル・プリン」。豚肉とほうれん草、リコッタチーズを詰めた小さなラビオリで、ワインにもピッタリ。海外経験もあるソムリエの平原店長が、イタリアの自然派ワインとパスタの組み合わせをアドバイスしてくれる。

唐辛子を練り込んだタリオリーニ タコとタジャスカオリーブのラグー
1400円(税別)

パスタの味や種類は随時変わる。写真は唐辛子を練り込んだ鮮やかなオレンジ色が目を引くタリオリーニ。モチッとした口当たりだ。ソースは味が濃いイタリア産のタジャスカオリーブとタコを使ったトマトベースで、食感を楽しめるよう生のセロリを加えている。タコのダシと甘み、オリーブの風味、塩味のバランスが味の決め手

アニョロッティ・デル・プリン
1300円(税別)

ピエモンテ州の郷土パスタ。コシのある生地の中には豚肉とほうれん草、リコッタチーズが詰まっている。数あるパスタはコシとモチモチ感を出すためそれぞれ加水率を見極めて前日から仕込むのだとか

真ダコのソップレッサータ バジル風味のトマトソース
950円(税別)

真ダコを使った冷たい前菜は、タコのゼラチン質でテリーヌ風に固める

La Fabbrica Della Pasta Quel

[住所]東京都文京区本郷2-26-11 浜田ビル [TEL]03-6801-8853 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時半~24時(23時LO)、土・祝昼は〜14時半(14時LO)、夜は~23時(22時LO) [休日]日 [席]カウンター5席、テーブル18席、地下個室10名、計33席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、ワンドリンク制 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか本郷三丁目駅2番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6801-8853
2016年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
神泉の人気店『オルランド』の兄弟店として今年オープンしたばかり。本店より少しカジュアルに楽しめるカウンターだけの空間だ。
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
特に男性にとってちょっとモノ足りないイメージがあるというパスタランチだが、この店ではそんな心配ご無用! 全メニュー同料金でLLサイズの麺量400gまで増量可なのだから。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル