MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ラ トリプレッタ(ピザ/武蔵小山)-路地裏の名店の本格ピッツァ

ラ トリプレッタ(ピザ/武蔵小山)-路地裏の名店の本格ピッツァ

武蔵小山のピザ店「ラ トリプレッタ (LaTRIPLETTA)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ラ トリプレッタのオーナー太田さんはナポリの名店などで修業を積んだ実力派。現地から招いた窯職人が作った特注の薪窯を愛用している。[住所]東京都品川区小山3-13-12 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》ラ トリプレッタ(ピザ/武蔵小山)-路地裏の名店の本格ピッツァの画像をチェック! navigate_next

ラ トリプレッタ(最寄駅:武蔵小山駅)

生地の旨さ際立つ本格ピッツァに出合える路地裏の名店。本場の味わいとライブ感を楽しんでください。

南イタリアの郷土料理や本格エスプレッソなど、本場の味わいは秀逸だ。驚かされるのは小麦の香り際立つ生地の圧倒的な旨さ。イタリアの小麦粉カプート社の「サッコロッソ」のみを使い、30~40時間ほど寝かせることで独特の風味と旨みを引き出している。トマトソースも数種類のホール缶を独自に組み合わせ、季節やトマトの出来によって配合を変えるこだわり。

チーロ
1400円

モッツァレラチーズベースで、イタリア産サラミの塩気にチェリートマトの甘さと酸味のバランスがいい。ナポリで修業時代に師匠がよく作ってくれたもの

マルゲリータ
950円

トマトソースは酸味と旨みがシンプルで飽きの来ない味わい。ホール缶の配合を月1回程度変えている。小麦の香りがする生地はふっくらした耳まで旨い

タコのトマト煮ルチアーナ風
1200円

山口直送の地ダコをトマトやニンニクなどと一緒に煮込んだ料理。驚くほどタコがやわらかく、味わい深い

季節野菜のマリネ
650円

ナスやカボチャなど季節の野菜4~5種類を、それぞれ下ごしらえをした後にマリネする

[その他のメニュー]
ピッツァランチ1000円〜 大山鶏のレバーパテ500円、イワシのマリネ700円、ルッコラとペコリーノチーズのサラダ800円など

ラ トリプレッタの関連記事

ラ トリプレッタ

[住所]東京都品川区小山3-13-12・1階 [TEL]03-6451-3537 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、 17時半~23時(22時半LO) [休日]火、ほか不定休 [席]カウンター6席、テーブル2席×15卓、4席×1卓、テラス2席×1卓、計42席/全席禁煙/予約可/カード可(計1万円以上)/サなし [交通アクセス]東急目黒線ほか武蔵小山駅東口から徒歩1分

電話番号 03-6451-3537
2015年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
郷愁そそるナポリタンを、古書の街・神保町の喫茶店で食べる……それは単なる古本探しの最中の腹ごなしなのか? 覆面で実食の結果、そこにはこの街とナポリタンの不思議な関連性が見えてくるのだった。
3種のチーズのフレッシュでミルキーな味わいに全身が幸福感に包まれた。併設のチーズ工房では、毎朝東京・清瀬市の牧場から届く搾りたての生乳を鮮度を保ったまま加工。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル