MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
ラ トリプレッタ(ピザ/武蔵小山)-路地裏の名店の本格ピッツァ

ラ トリプレッタ(ピザ/武蔵小山)-路地裏の名店の本格ピッツァ

武蔵小山のピザ店「ラ トリプレッタ (LaTRIPLETTA)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ラ トリプレッタのオーナー太田さんはナポリの名店などで修業を積んだ実力派。現地から招いた窯職人が作った特注の薪窯を愛用している。[住所]東京都品川区小山3-13-12 ※ランチタイム有

ラ トリプレッタ(最寄駅:武蔵小山駅)

生地の旨さ際立つ本格ピッツァに出合える路地裏の名店。本場の味わいとライブ感を楽しんでください。

南イタリアの郷土料理や本格エスプレッソなど、本場の味わいは秀逸だ。驚かされるのは小麦の香り際立つ生地の圧倒的な旨さ。イタリアの小麦粉カプート社の「サッコロッソ」のみを使い、30~40時間ほど寝かせることで独特の風味と旨みを引き出している。トマトソースも数種類のホール缶を独自に組み合わせ、季節やトマトの出来によって配合を変えるこだわり。

チーロ
1400円

モッツァレラチーズベースで、イタリア産サラミの塩気にチェリートマトの甘さと酸味のバランスがいい。ナポリで修業時代に師匠がよく作ってくれたもの

マルゲリータ
950円

トマトソースは酸味と旨みがシンプルで飽きの来ない味わい。ホール缶の配合を月1回程度変えている。小麦の香りがする生地はふっくらした耳まで旨い

タコのトマト煮ルチアーナ風
1200円

山口直送の地ダコをトマトやニンニクなどと一緒に煮込んだ料理。驚くほどタコがやわらかく、味わい深い

季節野菜のマリネ
650円

ナスやカボチャなど季節の野菜4~5種類を、それぞれ下ごしらえをした後にマリネする

[その他のメニュー]
ピッツァランチ1000円〜 大山鶏のレバーパテ500円、イワシのマリネ700円、ルッコラとペコリーノチーズのサラダ800円など

ラ トリプレッタの関連記事

ラ トリプレッタ

[住所]東京都品川区小山3-13-12・1階 [TEL]03-6451-3537 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、 17時半~23時(22時半LO) [休日]火、ほか不定休 [席]カウンター6席、テーブル2席×15卓、4席×1卓、テラス2席×1卓、計42席/全席禁煙/予約可/カード可(計1万円以上)/サなし [交通アクセス]東急目黒線ほか武蔵小山駅東口から徒歩1分

電話番号 03-6451-3537
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
石神井公園『ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ』|「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。
浅草の人気ロメスパといえばここ。メニューは4種類のみだが、店名に掲げている通りイチオシはカルボ。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt