MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
タランテッラ・ダ・ルイジ(ピザ/白金高輪)

タランテッラ・ダ・ルイジ(ピザ/白金高輪)

白金高輪エリアのピザ店「タランテッラ・ダ・ルイジ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。オーナーシェフ寺床雄一さんは、マルゲリータを生み出した職人の子孫であるガエターノ・エスポージト氏をはじめ、多くのイタリア人の巨匠たちに師事。[アクセス]白金高輪駅4番出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》タランテッラ・ダ・ルイジ(ピザ/白金高輪)の画像をチェック! navigate_next

タランテッラ・ダ・ルイジ(最寄駅:白金高輪駅)

ナポリの巨匠直伝のピッツァと郷土色豊かな料理

イタリアの窯職人が手掛けた薪窯で焼き上げるピッツァは、味もスタイルも本場ナポリそのものだ。生地には、イタリア産と国産の小麦粉を独自配合。イーストを控え、天然酵母で長時間発酵させることで、ふっくらと軽やかな食感に仕上げるので、粉の旨みを存分に味わえる。自家栽培のイタリア野菜や魚介を使ったピッツァは、常時20種。南イタリア各地の郷土料理も豊富だ。

スタリタ風マリナーラとしらすピッツァのハーフ&ハーフ
1800円

ナポリ人が古くから食べてきたふたつの味を1枚に。マリナーラには羊のチーズを加えてコクを高めた。左はしらすとアンチョビの塩気の調和が見事

水牛モッツァレラチーズのマルゲリータ
2200円

軽い食感と程よい塩気の中に、イタリア産水牛モッツァレラチーズのミルキーな味が際立つ。ソースは自家栽培のトマトを潰し、酸味や風味を生かしている

カッソーラ コン フレーグラ ネーラ(2人前)
2400円

イカ墨を練りこんだ粒状パスタを魚介ダシでまとめた、サルディーニャ島の郷土料理

サルディーニャ島風肉の炭火焼き
3400円

絶妙な火入れにより旨みが凝縮。内容は日替りで、この日はウズラ、馬肉、鴨肉、あか牛、豚肉

タランテッラ・ダ・ルイジ

東京都港区白金3-22-2 ☎03-6408-5552 [営]12時~14時LO、18時~23時LO、日・祝~22時LO [休]年末年始 [席]カウンター8席、テーブル28席、個室1室(8~12名) 計48席/全席禁煙/夜のみカード可/予約可/サなし、夜のみコペルト代400円 [交]都営三田線白金高輪駅4番出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6408-5552
2015年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
郷愁そそるナポリタンを、古書の街・神保町の喫茶店で食べる……それは単なる古本探しの最中の腹ごなしなのか? 覆面で実食の結果、そこにはこの街とナポリタンの不思議な関連性が見えてくるのだった。
3種のチーズのフレッシュでミルキーな味わいに全身が幸福感に包まれた。併設のチーズ工房では、毎朝東京・清瀬市の牧場から届く搾りたての生乳を鮮度を保ったまま加工。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル