MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ラ・ピッコラ・ターヴォラ(ピザ/永福町)のグルメ記事

ラ・ピッコラ・ターヴォラ(ピザ/永福町)のグルメ記事

「ラ・ピッコラ・ターヴォラ (La Piccola Tavola)」は1998年に永福町に創業し、関東で初の「真のナポリピッツァ協会」認定店となった。現在ピッツァイオーロとして窯を守るのは、シモーネ・サルナッキアロさん。ナポリ出身で14歳の頃からこの道を歩んできた。[交]京王井の頭線永福町駅北口から徒歩2分

perm_media 《画像ギャラリー》ラ・ピッコラ・ターヴォラ(ピザ/永福町)のグルメ記事の画像をチェック! navigate_next

ラ・ピッコラ・ターヴォラ(最寄駅:永福町駅)

「真のナポリピッツァ協会」認定関東第1号店の実力

生地に使用するのは伝統的なカプート社のピッツァ専用小麦粉。それに水や生イースト、新潟から運ばれる海塩だけを加え、8時間〜10時間常温で発酵させる。ナポリから運ばれた石窯で焼き上げれば、香ばしくも小麦の豊かな甘みただよう生地となる。また、ピッツァ以外にもイタリア各地で腕を磨いたシェフの作る力強い郷土料理も自慢だ。

ピッツァ•ピッコラ•ターヴォラ
2600円

モッツァレラチーズやプチトマトをのせて焼き上げた後、セルバチカと呼ばれる野生のルッコラと、塩分のまろやかなウンブリア産の生ハムをトッピング。爽やかな香りが印象的な1枚だ

ブファリーナ
2100円

コクのある水牛のモッツァレラチーズを使ったマルゲリータ。甘みと酸味のバランスの良いトマトソースが相性抜群だ

ハンガリー産 ウサギ丸肉の白ワイン煮込み
2000円

ンドゥイヤという辛味調味料とガーリックオイルでソテーしてから、1羽丸ごと3時間以上かけて白ワインやトマトで煮込む。内臓も一緒に煮込むことでコクの深い味わいとなる

ラ・ピッコラ・ターヴォラ

東京都杉並区永福4-2-4 ☎03-5930-0008 [営]11時半〜14時LO、18時〜21時半LO、土・日・祝は11時半〜14時半LO、17時半〜21時半LO [休]月(祝日の場合は翌火休) [席]カウンター10席、テーブル70席 計80席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交]京王井の頭線永福町駅北口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5930-0008

ラ・ピッコラ・ターヴォラの関連記事

2015年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
もちもちの生パスタが売りで、おひとり様のチョイ飲みにも便利なカジュアルレストラン。自粛営業中に始めたテイクアウトは、遊び心あるブリトーや手の平ほどある大きな秘伝ダレのから揚げが目を引く。
軽やかな色合いのソースながら、口に含むとトマトの酸味と国産牛の旨みが驚くほど弾ける。聞けば、玉ネギやセロリなどを炒めて煮詰めたものをベースに、挽き肉と南イタリア産のトマト、シチリアの塩を加え、さらに煮込み、1日寝かせるのだという。
店名にピッツェリアの文字はない。それはピッツァはもちろん、前菜からパスタ、メインディッシュまで「すべて満喫してほしい」という自負があるからだと店長の野間裕介さん。
ランチタイムのピーク時には、行列ができる人気店。店主はフレンチ出身でイタリアンの自由さに惚れ込み転身、在イラク大使館などで腕を振るった経験も持つ。
スパゲッティといえば、やはりコレ! 卵とチーズのコクが決め手のカルボナーラと、挽き肉の旨みがあふれんばかりのミートソース。パスタ専門店を駆け巡り、見つけてきた「これぞ!」を集めました。今回は、カルボナーラ編!
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル