MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ラ・ピッコラ・ターヴォラ(ピザ/永福町)のグルメ記事

ラ・ピッコラ・ターヴォラ(ピザ/永福町)のグルメ記事

「ラ・ピッコラ・ターヴォラ (La Piccola Tavola)」は1998年に永福町に創業し、関東で初の「真のナポリピッツァ協会」認定店となった。現在ピッツァイオーロとして窯を守るのは、シモーネ・サルナッキアロさん。ナポリ出身で14歳の頃からこの道を歩んできた。[交]京王井の頭線永福町駅北口から徒歩2分

perm_media 《画像ギャラリー》ラ・ピッコラ・ターヴォラ(ピザ/永福町)のグルメ記事の画像をチェック! navigate_next

ラ・ピッコラ・ターヴォラ(最寄駅:永福町駅)

「真のナポリピッツァ協会」認定関東第1号店の実力

生地に使用するのは伝統的なカプート社のピッツァ専用小麦粉。それに水や生イースト、新潟から運ばれる海塩だけを加え、8時間〜10時間常温で発酵させる。ナポリから運ばれた石窯で焼き上げれば、香ばしくも小麦の豊かな甘みただよう生地となる。また、ピッツァ以外にもイタリア各地で腕を磨いたシェフの作る力強い郷土料理も自慢だ。

ピッツァ•ピッコラ•ターヴォラ
2600円

モッツァレラチーズやプチトマトをのせて焼き上げた後、セルバチカと呼ばれる野生のルッコラと、塩分のまろやかなウンブリア産の生ハムをトッピング。爽やかな香りが印象的な1枚だ

ブファリーナ
2100円

コクのある水牛のモッツァレラチーズを使ったマルゲリータ。甘みと酸味のバランスの良いトマトソースが相性抜群だ

ハンガリー産 ウサギ丸肉の白ワイン煮込み
2000円

ンドゥイヤという辛味調味料とガーリックオイルでソテーしてから、1羽丸ごと3時間以上かけて白ワインやトマトで煮込む。内臓も一緒に煮込むことでコクの深い味わいとなる

ラ・ピッコラ・ターヴォラ

東京都杉並区永福4-2-4 ☎03-5930-0008 [営]11時半〜14時LO、18時〜21時半LO、土・日・祝は11時半〜14時半LO、17時半〜21時半LO [休]月(祝日の場合は翌火休) [席]カウンター10席、テーブル70席 計80席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交]京王井の頭線永福町駅北口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5930-0008

ラ・ピッコラ・ターヴォラの関連記事

2015年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
郷愁そそるナポリタンを、古書の街・神保町の喫茶店で食べる……それは単なる古本探しの最中の腹ごなしなのか? 覆面で実食の結果、そこにはこの街とナポリタンの不思議な関連性が見えてくるのだった。
3種のチーズのフレッシュでミルキーな味わいに全身が幸福感に包まれた。併設のチーズ工房では、毎朝東京・清瀬市の牧場から届く搾りたての生乳を鮮度を保ったまま加工。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
最新記事
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル